« 再エネ賦課金と中国企業の関係 | トップページ | 発言の内容というよりはタイミングの問題? »

2024/04/05

健康食品で健康被害

このところ紅麹サプリが問題になっていますが、まあ、よくわからない話しですよね。紅麹を使った商品は以前からあったのに、なぜ今になって急に健康被害が出たのでしょう?

 

問題になったサプリは「機能性表示食品」ということなので、「特定保健用食品」(トクホ)のような国による安全性の審査は無かったようですが、製造元では何かしらのチェックはしていたでしょうからね。

 

チェックに引っ掛からない、しかも、人体に対して毒性の強い未知の成分が突然現れて健康被害が出た…とは、ちょっと考えにくいです。

 

 

もちろん、チェックといっても、特定の物質が含まれていることは確認できても、想定外の物質が含まれていることを確認するのは難しいでしょうからね…

 

というか、そういったチェックはしていないような気もしますし、その意味でのチェック漏れがあった可能性は否定できないので、手間も時間もかかりそうですが、地道に調べていくしかないのかもしれません。

 

また、原因物質ではないかということで名前のあがった「プベルル酸」ですが、「毒性が強いとまでは言い切れない」と言う専門家もいるようですし、「腎障害を発症させる報告はない」といった話しもあるようですからね。

 

今のところは、「紅麹サプリと健康被害との因果関係が疑われる」ものの、「原因となる成分は特定されていない」し、「腎疾患等との関連性も確定していない」というのが正解のような気がしました…

 

といった今回の事件ですが、医薬品に飲み合わせや過剰摂取、アレルギー体質といったことが原因の副作用があるように、健康食品にも同様のことがあると思いますし、その意味で、健康食品だから絶対に安全ということはないと思うのですよね。

 

疑うわけではないですが、ここまで大きな話しになった以上は、用法・用量が守られていたのかどうかも確認したほうが良いような気がしました。

 

また、完璧な人間もいないので、思い込みなどによるチェック漏れの可能性もゼロではないと思いますし、気づいていながら無視したという可能性もゼロではないと思いますので、このあたりも確認したほうが良いかもしれません。

 

すでに閉鎖されている工場で…といった話しもありましたが、「もうじき閉鎖だから…で済ましていた」という可能性もゼロではないですからね。(厚労省などが立ち入り検査をしたようですが、そういうことも含めて確認したと思います)

 

また、確認という意味では、紅麹そのものについても確認したほうが良いような気がしますね。いわゆる悪玉コレステロールに効くということはわかっているようですが、紅麹そのものに、腎機能に影響する負の効果は無いのかとか…

 

と、こんな感じで素人が思い浮かぶことくらいは、言われるまでもなく、すでに調べているとは思いますけどね。

 

また、今回の件について気になったのは、製造元からの発表が遅かったことですね。いろいろな事情があったとは思いますが、もう少し早くに公表したほうが良かったのではないかと思いました。

 

それと、製造元から情報が漏れたということではないと思うのですが、それまで6,500円前後だった製造元の株価が、2月初旬に6,000円前後まで下がったのも気になりました。(インサイダーを疑われても仕方がないような値動きに感じました)

 

あと、今回の事件を、安倍政権時代の規制緩和(健康食品の機能性表示の解禁)に結びつけて批判している人もいるようですが、それはさすがに違うと思いました。(安倍さんのことが忘れられないのかな?)

 

機能性表示食品などの健康食品の安全性の確保については、食品としての安全性の確認や、製造工程の衛生性の確保などが重要であって、かつ、それは事業者の責任で行うことなので、規制緩和そのものを批判するのは筋違いだと思うのですよ。

 

まあ、正確に言えば、規制緩和をした(機能性表示を解禁した)安倍さんが悪いという、安倍さんに対する批判なのでしょうけどね。

 

 

« 再エネ賦課金と中国企業の関係 | トップページ | 発言の内容というよりはタイミングの問題? »