« 心温まるメッセージだったと思う | トップページ | 令和5年のカレンダー »

2022/11/04

人混みは避けたほうが良い

韓国で大きな事故があり、たくさんの人が亡くなりましたが、人が亡くなったこともそうですが、自分よりも若い世代の人が亡くなったというのが悲しいですね。心よりお悔やみ申し上げます。

 

また、事故の後、警察の警備に問題があったのではないかとか、事故現場付近の建物に違法建築があり、道幅が狭くなっていたのではないかといった問題点が指摘されていますが、

 

それ以前に、人が集まるということ自体が危険を伴う行為だという認識を持ったほうが良いと思いますし、同時に、人混みには近づかないようにすることも必要ではないかと思いました。

 

群集の中にいる人というのは、多少弾力のある単なる粒子でしかないと思いますし、そこに何かしらの物理的な力が加わったら、個人ではどうすることもできないと思うのですよ。

 

実際、ネットにあったスマートフォンで撮影されたと思える事故現場付近の映像には、多くの人が波打っているというか、そんな感じの状況が映し出されていましたからね。

 

たぶん、道路の両側が壁ということで、その方向に力の逃げ場がなく、そこに道路の両方向から力が加わったことで、そのような状況になったのではないかという気がしますし、

 

報道によれば、そうした状況の中で誰かが転倒し、それをきっかけに周囲の人が折り重なるように倒れたということですが、これは、起こるべくして起こったことなのだろうと思います。

 

また、今回のような雑踏事故では、群集心理が大きく影響するのではないかといった話しもあるようですが、確かにそういった要因はあると思いますね。

 

ネットの掲示板が良い例ではないかと思うのですが、匿名の人たちが集まって好き勝手に発言するだけで、話しを整理するような役割の人もいない状況では、

 

無責任な発言が増えますし、そういった発言が続くと、それを批判する人もいなくなってしまい、結果として、罵声だけが飛び交うような荒れた状態になってしまいますので。

 

恐らく、匿名、無秩序、無責任、非理性といった要素が重なると、そこから同調や興奮が生まれ、それが混乱や暴力につながるといった感じではないかと思うのですが、

 

こういったことが、ネットの掲示板ではなく現実の世界で起こると、予想外の事態や、不測の事故が起こってしまうのではないかという気がします。

 

まあ、一番良いのは、一人ひとりがそうならないように気をつけるということだとは思うのですが、ふだんはそう思っていても、実際になるとできないということもあるでしょうし、

 

また、その場にいる全員が気をつけられる人とは限らないので、確実なのは、そういうところには近づかないようにするとか、そういう状況になりそうな雰囲気を感じたら、

 

早いうちにその場から離れるということかなあと思います。人が集まってしまうと移動しづらくなりますので、人の少ないうちに移動するほうが無難ですし、

 

特に、ハロウィンのように、主催者がいるわけでもなく、SNSなどで話題になったことで自然と人が集まってくるような場合は、要注意だと思いますね。

 

また、移動することができなくなってしまいそうな場所には、留まらないようにするということも大事かなあと思います。例えば、今回の事故現場のような、

 

両側が壁になっている道路や通路であるとか、あるいは、袋小路になっていて、何か起こっても逃げ場がないといった場所は、特に気をつけたほうが良さそうでし、

 

階段とかも危ないですよね。もし踏み外したら、自分だけでなく周囲の人にも影響しますし、逆に、自分が周囲の人から影響を受ける可能性もありますし。

 

あと、乗り慣れているということもあって、ふだんはあまり意識することがないですが、満員電車も危ないと言えば危ないですよね。扉が閉まってしまえば逃げ場がないので…

 

というか、扉から離れた場所に乗った時点で、すでに逃げ場はないのですけどね。最近の電車は、窓が開かないものも多く、扉が閉まった時点で、電車内は密室になるので。

 

まあ、通勤という同じ目的を持った人が乗っているという点で、一応の秩序は保たれているような気もするので、その点は多少安心なのですが、

 

それでも、人身事故などで電車が遅延すると、場の雰囲気は悪くなりますし、場合によっては、小競り合いが起こったりすることもありますからね。

 

それが小競り合いで済めば良いのですが、周囲の人を巻き込むような大騒ぎになると、思わぬ事故につながるようなこともあると思うのですよ。

 

たいていの駅は、ホームがあってすぐに階段という構造だと思いますが、通勤時間帯には、そういう場所を、電車が止まるたびに大勢の人が移動しているわけですからね。

 

人がゆっくりと一つの方向に理路整然と移動していれば問題は起こらないと思いますが、そんな場所で揉めて、人の流れが止まるようなことになったら、

 

それが原因で、ホームから落ちる人が出るとか、階段から落ちる人が出るとか、場合によっては、ホームに入ってきた電車と接触する人が出るいうこともあると思うので…

 

ということで、今回の事故から学ぶべき点があるとすれば、人が集まるところには潜在的な危険があり、そこで群集心理が働くと、その危険が顕在化することかもしれませんね。

 

 

« 心温まるメッセージだったと思う | トップページ | 令和5年のカレンダー »