« 教会はアウトで学会はセーフ? | トップページ | お立ち台にもいろいろあるんだなあ »

2022/09/10

そろそろネタ切れではないかなあ

そろそろネタ切れではないかなあという気がするのですが、数字が取れるからか、テレビのワイドショーなどでは、相変わらず某宗教団体絡みの話題を取り上げているようですね。

 

ただ、マスコミがここまで執拗にこの話題を扱っているところをみると、数字とか政権攻撃といった目的以外にも、何かしらの意図があるのかなあという気もしますけど…

 

といったことを考えながらネットに出ている話題を見ていたのですが、その中に、「某宗教団体は安倍元総理の藁人形だから」という意見があって、なるほどなあと思いました。

 

いくら安倍元総理のことが嫌いでも、亡くなった人のことを冒涜するのはさすがに気が引けるけど、その身代わりの藁人形を攻撃する分には問題がないということですね。

 

まあ、世の中には、批判を恐れず死者を冒涜している人たちもいるわけですが、そういった人たちは少数派で、多数派は、こんな考えで藁人形を攻撃しているとしてもおかしくはないと思いますし、

 

実際、某宗教団体を批判しつつ自民党に矛先を向けている人たちの多くは、モリカケで大騒ぎしていた人たちと被っているような気もしますので、

 

やはりその根底には、安倍嫌いとか安倍憎しといった気持ちがあるような気がします。そうでないと、これほどの大騒ぎにはならないと思うのですよ。

 

また、仮に政治と宗教の関係が問題だとか、政治と問題のある団体との関係が良くないということであれば、某宗教団体だけではなく、他の宗教団体や、

 

政治家に働きかけてくる団体との付き合い方のルールをどうするべきかといった議論になると思うのですが、そういったところまで議論を広げようという話しは聞こえてきませんし、

 

当事者である政治家にも、そういったところまで手をつけようという気持ちは今のところ無さそうですからね。たぶん、手をつけたら(つけられたら)困る政治家や政党が多いのでしょうけど、

 

そうであるなら、某宗教団体の話しも、消費者問題だけに絞って議論をすれば良いと思いますし、そうするほうが、信教の自由といった問題に入り込む必要もなくて済むと思うのですが…

 

とは言うものの、もうこの際なので、行くところまで行ってほしいなあという気持ちも無くはないですけどね。例えば、産経新聞の記事によれば、

 

自民党の茂木さんが、共産党と過激な団体との関係について触れたそうですが、こういうところが実際にどうなっているのかについては興味がありますので。

 

まあ、言われた側の共産党は否定していたらしいですが、疑惑については、かけられた方が無いことを証明しないといけないというのがモリカケ以降のルールだったはずなので、

 

ここはしっかりと共産党に説明責任を果たしてほしいと思いますし、それができないのであれば、他の政党に対しても、同様のことを求めるのはやめたほうが良いと思いますね。

 

また、共産党の歴史を遡ってみれば、少なくとも昭和30年頃には、過激な団体との関係はあったと思いますし、それ以前に、この時期の共産党自体にも過激なところがあったと思いますので、

 

それが今に至るまでにどう変わったのかなどについては、説明しておいたほうが共産党にとっても良いのではないかという気がしますし、実際、そういうことをしていないから、

 

未だに公安調査庁が調査対象団体に指定しているのだろうと思いますし、今のままでは、たぶん、この先もずっと調査対象団体に指定されたままになると思います。

 

また、共産党に近い団体に民青同盟(日本民主青年同盟)という団体があって、その団体は、反戦や反原発といった趣旨のデモに参加したりしているようですが、

 

そういう趣旨のデモには、中核派や革労協といった過激派も参加していることが多いですからね。「某宗教団体と自民党の関係はズブズブ」という理屈が成り立つのなら、

 

「共産党と過激派の関係もズブズブ」と言われても仕方のない状況であるのは間違いないと思うので、共産党は、このあたりについても説明責任を果たしたほうが良いと思います。

 

また、似たような事例として、逮捕者が何十人も出た関西生コンという労働組合と、社民党や立憲民主党の関係というのもありますが、このあたりのこともどうなっているのか知りたいので、

 

茂木さんがどのくらい真剣に発言したのかはわかりませんが、こうした問題に踏み込むのであれば、少し深いところまで踏み込んでほしいと思います。

 

あと、国葬儀の日程が近づいていますが、未だに法的根拠がないとか、費用がかかり過ぎだといった批判をしている人たちがいるみたいですね。

 

ただ、この問題についてもネタ切れになりつつあるのか、一般競争入札という仕組みを経由して国葬儀に関係することになった業者にまで文句をつけている人もいるようですが、

 

共産党などの野党が国葬儀に参加しないと表明していることからもわかるように、弔意が強制されているわけでもないので、国葬儀に反対なら無視すればよいのになあと思います。

 

国葬儀の費用が十数億円に膨らんだという話しもあるようですけど、国民一人当たりにしたら10円ちょっとの、痛くもかゆくもないわずかな金額ですし、

 

仮に10円でも出したくないということであるなら、費用がいくらであっても反対なのでしょうから、費用がどうのこうのと言う必要もないわけですし。

 

また、お勧めするわけではありませんが、どうしても気が収まらないということであれば、国葬儀の当日に行われるらしいデモにでも参加してみたらどうかと思いますね。

 

何でも、国葬儀の当日には、関西生コンとか千葉動労といった過激な団体や、中核派出身の区議会議員らが発起人のデモがあるらしく、国葬儀の会場の包囲を呼び掛けているらしいので。

 

もちろん、国葬儀の費用が高いと文句をつけておきながら、警備費用が増えるようなことをするのはやめてほしいですし、それ以前に、国葬儀の当日に会場周辺で騒がないでほしいですけどね。

 

また、国葬儀をやりたければ私費でやれという意見もあるようですが、その理屈で言えば、デモをするのであれば、それにかかる警備費は私費から出してやれということになりますが、

 

デモを計画している過激な団体の皆さんは、そのあたりのことはどう考えているのだろうと思います。他人に言うなら、最低限、自分たちがやってからでないとね。

 

 

« 教会はアウトで学会はセーフ? | トップページ | お立ち台にもいろいろあるんだなあ »