« リクルート事件のときみたいだけど… | トップページ | 敵の敵は味方ということなのだろうけど »

2022/08/07

VISAのタッチ決済で電車やバスに乗れるようになる?

VISAやMastercardのクレジットカードやデビットカードをセンサーにかざすだけで決済ができる、いわゆるタッチ決済(VISA)やコンタクトレス決済(Mastercard)が普及しつつあるようですが、

 

そうした中、一部の鉄道会社やバス会社でも、自動改札機や運賃箱(という言い方で良いのかな?)でタッチ決済が使えるようになっているみたいですね。

 

まあ、タッチ決済が使えるとは言っても、今は実証実験中ということらしいので、ごく一部の駅や路線でしか使えないらしく、この先もどうなるかはわからないみたいですが。

 

ただ、今後もそんな感じでキャッシュレス化が進んでいくのは間違いないでしょうし、今はもう、券売機に小銭を入れて切符を買うという行為そのものが時代遅れなのだろうと思います。

 

ちなみに、交通機関でのタッチ決済の利用は、2012年のロンドンオリンピックのときに、ロンドンの地下鉄やバスで実用化されたのが最初らしいのですが、

 

そこから少しずつ他国に広がり、世界的に見ると、まあまあ使われている仕組みになっているらしいので、日本でも実証実験をすることになったのかもしれません。

 

また、この仕組みの面白いところというか、画期的なところというべきかもしれませんが、どの国で発行されたクレジットカードなのかに関係なく(=通貨に関係なく)使えるのですよね。

 

自分もタッチ決済に対応したVISAのクレジットカードを持っているのですが、このクレジットカードがあれば、ロンドンの地下鉄に切符を買うことなく乗れるようですし、

 

実際に乗車すれば、ポンド建ての運賃が円建ての請求額に自動換算され、銀行口座から他のクレジット決済の請求と合わせて引き落とされるようです。

 

まあ、ロンドンなんて行ったこともないですし、これから先も行くことはないと思いますが、ロンドンでは、クレジットカードさえあれば移動に困ることはなさそうですし、

 

たぶん、日本でSuicaやPASMOを使って電車やバスに乗るといったのと同じようなことが、ロンドンではクレジットカードでできるということなのだろうと思います。

 

ちなみに、日本の鉄道やバスでタッチ決済が使えるようになったのは2020年だそうですが、当時は、京都にある鉄道の一部の駅に設置された専用改札機のみが対応していたみたいですね。

 

また、その専用改札機で使うことができたのは、VISAのタッチ決済のみで、Mastercardのコンタクトレス決済は使えなかったそうで、それは今も変わっていないようです。

 

まあ、実証実験ですからね。使う側からすれば不便だと思いますが、使わせる側からすれば、制約を設けて確実なデータを集めたいということなのかもしれませんし、

 

SuicaやPASMOとVISAとでは読み取りの仕様が違っていて、そもそも同じ改札機では対応できないということかもしれませんし、それ以外にもいろいろとあるのかなあという気がしました。

 

あと、実際にタッチ決済で電車に乗ってみた人の話しがネットに出ていたので読んでみたのですが、その方の話しでは、クレジットカードをセンサーにかざした瞬間に反応し、

 

ストレスなく改札を通ることができたということでしたので、その話しからすると、実証実験は問題なく進んでいるのかなあという気がしました…

 

ということで、東京で暮らしている自分の場合、交通機関を使うならSuicaかPASMOといった感じなのですが、近い将来は、そこにVISAやMastercardが加わることになるのかもしれませんね。

 

まあ、サービスを利用する側からすれば、そんな感じで選択肢が増えることは良いことだろうと思います。あとは、使い勝手が良いかどうか…というよりは、

 

タッチ決済やコンタクトレス決済で、今あるSuicaやPASMOと同じようなことができるかどうかでしょう。例えば、SuicaやPASMOにあるような、乗車回数に応じたサービスが使えるかとか。

 

あと、サービスを提供する側の事情というのもありますよね。特に東京の場合、すでにSuicaやPASMOがかなり普及していますし、新しいものを導入すれば、

 

当然、設備投資などのコストもかかりますので、それが回収できる見込みがなければ、これからもSuicaやPASMOでやっていこうという判断になるでしょうし…

 

といったことを考えると、Suicaが使えるJRや、PASMOが使える鉄道会社やバス会社が、積極的にタッチ決済を導入するとは思えないのですよね。

 

まあ、外国からの観光客が増えて、その人たちがタッチ決済やコンタクトレス決済を使って電車やバスに乗るということであれば、検討くらいはすると思いますし、

 

それによって、現金(主に小銭)を扱うことが少なくなるという見込みがあれば、導入してみても良いと考えるかもしれないですが、どうかなあ。

 

現金(特に小銭)を扱うのは結構面倒くさいと思いますし、現金の扱いが少なくなれば、結果として、券売機の数を減らせることになると思うので、

 

そこまでのことが見込めれば、導入しても良いと考えるのではないかと思うのですよね。もちろん、外国からの観光客がどのくらいの数になるかということもあるとは思いますが。

 

ただ、いづれにしても、キャッシュレス化が進んでいるのは間違いないと思いますし、もしかすると近い将来、現金払いだと料金が高くなるみたいな時代になるかもしれませんね。

 

何しろ、銀行が小銭の扱いに手数料を取る時代ですからね。そのコストを顧客に転嫁してくる事業者が出てきても不思議ではないと思います。

 

 

« リクルート事件のときみたいだけど… | トップページ | 敵の敵は味方ということなのだろうけど »