« いつもの人たちがいつも通りに動いているようだけど… | トップページ | リクルート事件のときみたいだけど… »

2022/07/28

参院選挙の結果を見ると…

今回の参院選挙の結果を改めて見てみたのですが、各党の明暗がはっきりと分かれたような感じがしますね。また、注目すべきは、維新の+6議席と立憲の-6議席なのかなあという気がしました。

 

個人的に、維新はここまで伸びると思っていなかったので、この結果は意外だったのですが、維新の勢いは本物だったようで、今回の+6議席は、維新の大躍進と言えそうです。

 

また、自民も+8議席と伸びましたが、+10議席とか+11議席という(甘めの?)予想もあったので、それからすると、今回の結果は微妙だったのかなあという気もしますね。

 

人が亡くなっているのに、こういう言い方をするのもどうかとは思いますが、弔い選挙みたいな言われ方をされていたわりには、票が伸びなかったのかもしれません。

 

マスコミ各社が実施したアンケートの結果を見ても、事件の影響があったという回答が多いですし、自分もそうだろうと思っているのですが、影響があったわりには…といった感じがします。

 

自民の比例票を見ても、前回と比べて微増といった感じで、大きくは伸びていないですからね。無党派層の取り込みがうまくいかなかったのだろうか…。

 

また、ネットを見ると、岸田総理になってから「保守票が離れた」みたいな話しを見かけるので、もしかすると、自民から維新などに票が流れて、それで+8議席止まりだったのかもしれません。

 

あと、比例票で言うと、立憲が前回から120万票弱減っているのですが、立憲かられいわに票が流れたのか、れいわが議席増という結果になったのも気になります…

 

というか、維新が「明」とすれば、立憲は「暗」ですよね。前回の衆院選挙でも立憲の比例票は減っていましたが、このときは、共産と組んだからではないかと言われていたのですよね。

 

ただ、今回は共産と組んでいなかったにも関わらず、そこそこ票を減らしているので、この現象は、有権者の立憲離れと言って良いのかもしれません。

 

まあ、これまでの立憲を見ていると、票が減っても仕方がないかなあという気はしますけどね。例えば、立憲は安保法制に反対していましたけど、

 

今の世界情勢を見ると、集団的自衛権は必要と考える人が増えていると思いますし、マスコミの世論調査を見ても、憲法改正に賛成の人も以前に比べれば増えていて、

 

逆に、憲法改正に反対の人は以前と比べて減っているので、当時は立憲を支持していたという人も、今は立憲を支持していない可能性がありますからね。

 

それに、立憲は憲法違反を理由に安保法制に反対していましたから、当時と憲法が変わっていない以上、今になって集団的自衛権に賛成とも言いづらいと思いますし、

 

そうかといって、憲法改正に賛成すると、今度は今の支持者が離れてしまうような気がするので、そう考えると、今後も立憲は票を減らし続けるのではないかと思います。

 

また、モリカケやサクラで政権批判に終始したのも失敗だったと思いますし、特に、「ヒアリング」と称して役人に詰問している様子は、パワハラそのもので印象も悪かったですからね。

 

もちろん、テレビやネットでああいうシーンをみて、立憲はよくやっていると思っていた人もいたでしょうけど、それ以上に、立憲の異常さを感じた人も多かったのではないかと思います。

 

まあ、野党の役割は「政権の監視」という話しもあるので、それからすれば、立憲のモリカケやサクラでの政権批判は正しかったと言えなくもないですけどね。

 

ただ、立憲の支持者の中にも、「政権の監視」よりは「政策の提案」に期待していた人もいたと思うので、そういう人がモリカケやサクラで離れていった可能性もあるような気がしますし、

 

その両者の比率はわからないものの、比例で120万票弱も減ったということは、立憲に対して、「政権の監視」という役割を期待している人よりも、

 

「政策の提案」という役割を期待している人のほうが多かったのかもしれませんよね。そうでないと、さすがに120万票弱も減らないと思うのですよ。

 

また、立憲と言えば蓮舫さんという印象がありますが、その蓮舫さんの得票数も減っていますね。2010年の参院選挙のときは170万票以上を獲得していましたが、今回は67万票でした。

 

もちろん、蓮舫さんは党の幹部として各地に応援演説に行っていましたから、その結果、自分の選挙区をまわる時間が限られて、それで票を減らしたという事情もあるとは思いますけどね。

 

ただ、それにしても減り方が激しいと思います。前々回の170万票とまではいかなくても、前回の110万票くらい獲得できるくらいだったら、立憲も、もう少し違った結果になったような気がします。

 

あと、自分は今回の参院選挙で、社民が議席ゼロになると思っていたのですが、結果は現状維持で、これも意外でした。福島さんは、まだまだ人気があるのですね。

 

でも、国政政党の党首が参議院議員というのはどうなのでしょうね。まあ、国会議員が1人しかいなくて、その1人が参議院議員なので、どうしようもないですけど。

 

 

« いつもの人たちがいつも通りに動いているようだけど… | トップページ | リクルート事件のときみたいだけど… »