« 4,630万円事件の行方 | トップページ | 請求棄却でも実質的には勝訴なのかな? »

2022/05/26

4,630万円事件の行方(2)

山口県の阿武町で起きた4,630万円事件ですが、逮捕された男性の銀行口座に誤送金された4,630万円のうち、約9割にあたる4,300万円が確保できたみたいですね。

 

個人的には、「恐らくほとんど戻ってこないだろう」と思っていたので、このニュースを見たときには少し驚きましたが、阿武町の皆さんにとっては、一安心といったところではないかと思います。

 

また、これも個人的にですが、阿武町の法的な対応が遅れたことが事態を混乱させた原因ではないかと思っていたのですが、実際は違っていたようですね。

 

今回の事件で阿武町側の弁護を担当した弁護士さんの話しによれば、誤送金があった当日(4月8日)、誤送金先である男性の銀行口座がある銀行に対して、

 

「誤送金したので組戻しの手続きをお願いします」といった趣旨の警告書を出していたそうです。(「お願い」と言いながら「警告書」というあたりが、いかにも法律の世界といった感じですが)

 

また、この警告書を出した4月8日は、逮捕された男性に対して阿武町が返金を求め、直前になって男性が手続きを取りやめた日なので、素早い対応だったということになりますね。

 

ただ、銀行側は、警告書を受け取っていたにも関わらず何ら手続きをとらなかったようで、男性は、その後も自身の銀行口座から預金を引き出し続けることができたわけですが、

 

この点についての銀行側のコメントがないため、どういった事情で手続きをとらなかったのかまではわからないものの、阿武町の弁護を担当した弁護士さんは、

 

この銀行の姿勢に対して不信感を持ったのでしょう。「警告したのに男性が預金を動かしているので、銀行に対して損害賠償請求をします」といった趣旨の話しを銀行に伝えたみたいですね。

 

まあ、弁護士さんとしては当然の対応ですが、何となくですが、「何なら金融庁に話しに行きますよ」くらいのことは言ったような気がしなくもないですね。

 

相手の弱みにつけ込むような話しでもありますが、このくらい素早く動ける弁護士さんであれば、最低でもそのくらいのことは言っていそうな気がしますし、

 

場合によったら、「おたくの銀行がどうなっても知らないよ」くらいのことを言った可能性もなくはないかなという気もします。(いわゆる「脅し文句」というやつですね)

 

また、この弁護士さんのすごいところだと思いますが、男性の銀行口座がある銀行だけではなく、男性が預金を送金した決済代行業者の銀行口座がある2つの銀行に対しても、

 

「違法な金が口座に入っているが、口座にあるお金は実質的に送金した男性のものだから、(逮捕された男性の税金滞納を理由に)国税徴収法上の差し押さえをした」ことを通知したようで、

 

それに加えて、男性が送金した決済代行業者3社に対しても、民事訴訟を起こしたようなので、ともかく、できることは何でもしたということなのだろうと思います。

 

そして、その甲斐あってか、5月23日に銀行から、「しかるべき手続きをした」との連絡があり、阿武町が誤送金した4,630万円のうちの約9割が確保できたということです。

 

ただ、口座の残高は600万円くらいしかなかったそうで、決済業者が、3,600万円くらいを立て替えて(というよりは肩代わりしてかな?)返金したようです。

 

まあ、このあたりについては、決済代行業者が面倒に巻き込まれるのを嫌って返金したのではないかといった話しもありますが、たぶん、そんな感じなのかもしれないですね。

 

もしかしたら、差し押さえを食らった銀行が決済代行業者に対して、「このまま放置するとまずいことになるかもしれません」くらいの話しをしたのかもしれませんし、

 

その話しを聞いた決済業者側も、商売に差しさわりがでたら困るとか、探られたくない事情とかがあって、渋々応じたのかもしれません。あくまでも憶測ですけど…

 

といった感じですが、残りの1割のお金はまだ戻ってきていませんし、その意味でも4,630万円事件が解決したわけではないので、もうしばらくこの話題は続きそうですね。

 

あと、こういった話しがあると、必ずと言ってよいくらい出てくる話しとして、当事者に対して批判の電話が殺到して困る…といった話しがありますが、

 

今回の事件でも、誤送金をした阿武町役場に対して批判の電話が殺到しているそうで、電話に対応している職員が疲弊しているということでした。

 

阿武町長の話しによれば、誤送金した金が回収できない状況にあると公表して以降、町役場に1日数百本の電話が殺到しているということで、

 

また、1本の電話が1~2時間に及んだり、同じ相手から何度も電話がかかってきたり、電話で職員がののしられることも多いということでした。

 

まあ、今回の事件のきっかけは阿武町が行った誤送金なので、批判されること自体は仕方がないと思いますし、その点については町長も認めているようですが、

 

批判の電話だけでなく、職員の写真がインターネット上に晒されるといった状況もあるようで、さすがにそれは違うだろうということなのでしょう…

 

というか、話しの通りであれば、さすがに行き過ぎだと思うので、それはそれで厳正に対応して良いのではないかと思いますね。1日数百本の電話という時点で、業務妨害だと思いますし。

 

 

« 4,630万円事件の行方 | トップページ | 請求棄却でも実質的には勝訴なのかな? »