« 令和4年になりました | トップページ | ひとりぼっちは不幸? »

2022/01/11

積雪10cmでも大雪警報が出る東京

相変わらず東京は雪に弱いですね。先週の東京の雪は、10cmくらいの積雪だったそうですが、このくらいの雪でも、「東京は4年ぶりの大雪」と言われてしまうくらい雪に弱いです。

 

また、報道によれば、屋外で転倒するなどして500人以上が負傷したほか、車の事故、立ち往生や通行止め、交通機関の遅延や運航停止など、降雪による影響が広範囲に及んだということですが、

 

雪に慣れていないという以前に、雪が降るという前提になっていないところもあると思うので、こうなってしまうのも仕方がないと言えば仕方がないですね。

 

例えば、新交通システム(正式には、自動案内軌条式旅客輸送システム?)と呼ばれている、専用の軌道をゴムタイヤで走行する方式の交通機関などは、

 

数台のバスを連結して専用の道路を走行しているようなものなので、今回のような10cmくらいの積雪でも、路面が凍結したりして運行できなくなってしまうのですよね。

 

今回も、東京で言えば日暮里・舎人ライナーが。また、首都圏で言えば、千葉県を走る山万ユーカリが丘線が運転見合わせになったようですけど、

 

数年に一度の大雪のために、融雪用の設備を用意するというのもコスト的に合わないと思うので、この先も、降雪の都度、同じようなことが起こるのだろうと思います。

 

また、ホームドアを設置するようになった鉄道も、以前に比べると雪に弱くなったと思いますね。雪になると、降った雪が邪魔をしてホームドアが閉まらなくなったりして、それが原因で遅延しますので。

 

あと、スタッドレスタイヤやチェーンを使っていない車の事故や、それによる渋滞、立ち往生というのも、東京らしいところかなあという気がしますが、

 

これも、雪が降るという前提になっていないところですよね。まあ、冬用タイヤにしているから事故にならないとか、立ち往生することはないということでもないとは思いますが、

 

雪道を走るのであれば、スタッドレスタイヤの装着は最低限だと思いますし、そのスタッドレスタイヤも、なるだけ新しいものを使うというのが大事なのだろうと思います。

 

通常のタイヤでもスタッドレスタイヤでも、走行によって過度に摩耗したり、タイヤのゴムが経年劣化してしまえば、タイヤそのものの性能が低下してしまいますからね。

 

摩耗の状態によっては新しいタイヤと交換したほうが良いと思いますし、摩耗が少なくても、3~4年に1回くらいは新しいタイヤに交換しておくほうが安全なのではないかという気がします。

 

それと、雪のときに車関係で話題になることに、「雪道ではTRC/VSC/ABSをオフにするべきかオンのままにしておくべきか」という話しがありますけど、これはどうなんでしょうね?

 

TRC(トラクションコントロール)は、タイヤの空転を防いで車の動きを安定させる機能で(自動車メーカーによってはTCSやTCLと呼ばれているらしい)、

 

VSCは、滑りやすい路面で旋回する際の横滑りを防止する機能。ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)は、ブレーキを強く踏んでもタイヤがロックしないという機能なので、

 

個人的には、どれもオフにするべきものではないような気がしているのですが、その一方、TRCをオフにしないと雪道は走りづらいとか、ABSをオフにしないと制動距離が長くなるといった意見もあって、

 

それはそれでわからなくもない話しなので、結局、どちらが正しいのかなあと思っています。まあ、違った言い方をすれば、機械に頼るべきかどうかという話しなのでしょうけどね。

 

また、唯一、これはそうかなあと思えるのが、スタックしたときにTRCをオフにしないと、車が動けなくなるときがあるということですね。(多少滑っても雪から抜け出したいときに空転を防がれるのは困る)

 

でも、そういうシーンでない場合は、逆に空転を防いでもらったほうが良いと思うのですよ。(スタッドレスタイヤやチェーンを着けているときはTRCをオフにしたほうが良いという話しもあるらしいのですが…)

 

また、雪道のABSは制動距離が長くなるという話しも、確かにその通りかなあとは思うのですが、それ以前に、雪や雨で制動距離が長くなるのは当然のことなので、

 

そうなっても安全に止まれる速度や車間距離で走ることを優先して、ABSはオンのままにしたほうが安全なような気がするのですけどね。(雪道でタイヤがロックするほうが危ないような気がする)

 

もちろん、機械を過信するのはよくないとは思いますが、基本的には、機械に頼れるところは機械に頼ったほうが、すべて自分でするよりも安全だと思うのだけどなあ。

 

最近の車には、衝突軽減ブレーキといったものがついているものもありますが、この機能のおかげで事故が減って、以前よりも自動車保険料が安くなっているという話しもあるくらいですからね。

 

まあ、オフにするにしてもTRCのみオフが良いのかなあと思いますし、それも、実際に走ってみて、これではまずいと思ったときにオフにするくらいが良いのかなあという気がしています。

 

でも、一番良いのは、雪の日は車に乗らないことですね。慣れないことはしないのが一番です。あるいは、逆に、慣れるまでよく練習するということかな。

 

 

« 令和4年になりました | トップページ | ひとりぼっちは不幸? »