« 今回の総選挙は自民単独過半数割れ? | トップページ | 環境活動家 vs. ニュースキャスター »

2021/11/03

未解決の金銭問題の本質

当事者の方のイニシャルがそうだからということなのでしょう。巷ではKK問題とも言われているようですが、結局、金銭問題などを残したままでのゴールということになりましたね。

 

ただ、金銭問題などは残ったものの、当事者同士が思いを貫徹してゴールしたわけですし、報道を見ても、女性の敬称が「様」から「さん」に変わっていますので、

 

もうこの話しは、「民間人の話しに対して第三者がとやかく言う必要はない」という状況に変わったということなのだろうと思いますが、それにしてもモヤモヤ感の残る話しではあります。

 

もちろん、金銭問題と言っても、「当事者の金銭問題ではなく、当事者の母親の金銭問題なのだから、当事者には関係ない」という話しもありますし、それはそれで、その通りなのかもしれませんが、

 

その金銭問題があった当時、当事者の男性とその母親は、生計を一にしていたわけですから、それで「当事者とは全く関係のないこと」とは言い難いと思うのですよね。

 

また、今後の母親の生活が成り立たなければ、当然、当事者の男性は母親の面倒を見るということになり、その時点で、母親が抱えている問題に少なからず関わることにもなるわけで、

 

その関わることになるという問題が、金銭問題という生活に直結する問題だということですよ。「愛があればお金なんて」とは言いますが、そんな言葉を信じている人なんてごくわずかでしょうし、

 

多くの人にとって、結婚相手の男性の収入は、結婚の条件の一つになっているというのが現実でしょう。結婚は生活であり、金銭は生活に直結する問題なのですからね。

 

で、今回の金銭問題は、報道されていることが事実だとすれば、10万円とか20万円の話しではなく、400万円という、多くの人にとっては大金なわけですから、

 

「そんな多額の金銭問題を抱えている人の身内になって大丈夫なのですか?」「いまだに未解決なのでしょ?」といった話しになって当然だと思います。

 

しかも、当事者の男性は、就職先が決まっているというだけで、まだ職に就いていないわけですから、「それでどうやって生活していくのですか?」という話しでもあるわけですからね。

 

こんな話しを聞けば、いくら他人事であっても、当事者の女性のことを心配するのがふつうではないかと思いますし、誹謗中傷がひどい…といった話しもあるようですが、

 

そんな話しは、一部の週刊誌や一部の人たちがしていることで、実際は、当事者の女性のことを心配する声が大半ではないかと思いますけどね…

 

といった今回のKK問題ですが、個人的に感じるのは、問題になっている金銭が、借金なのか贈与なのかではないと思うのですよ。むしろ、そんなことはどうでも良い話しなのではないかと思います。

 

KK問題の何が本質かと言えば、「借金だったら早く返さないといけないし、贈与であっても返してしまったほうがよい」といったことをアドバイスしてくれる人や、

 

金銭的に余裕がないのであれば、一時的にでも金銭を立て替えてあげようとする人が、当事者の男性や母親の周辺にいないのではないか…ということだと思います。

 

まあ、実際は相談相手くらいはいるのかもしれませんが、それでも、いよいよというときにサポートしてくれる友人や親戚などがいないということですと、いろいろと大変なのではないかと思いますね。

 

もちろん、当事者の双方が民間人であれば、こんな話しにはなっていなかったと思いますよ。よくある話しとまでは言いませんが、世間には、こういう話しもあるでしょうからね。

 

ただ、今回の場合、当事者の片方は、民間人ではなく皇室の方だったので、大騒ぎになってしまったわけです。まあ、公人なのですから当然ですよね?

 

でも、大騒ぎになってしまったのであれば、その騒ぎを鎮める方向に動くのが当然だと思いますし、当事者の周囲にいる人たちも、そんな当事者を見て協力するのがふううでしょう。

 

400万円が借金ということなら、「一刻も早く返済しないとまずい」とか、「返済が難しければ、一時的に肩代わりしますよ」ではないかと思いますし、

 

400万円が贈与だったとしても、「おめでたい話しの前に金銭問題はまずい」とか、「贈与かどうかはともかく、返してしまいなさいよ」ではないかと思うのですけどね。

 

(そもそも、そんな大金を譲り受けること自体が、ふつうではないような気がします。あくまでも自分の常識では…ということですが…)

 

もちろん、当事者の男性や母親にしてみれば、「贈与だったのに、なぜ返さないといけないの?」ということでしょうし、実際、そう考えているから未解決のままなのでしょうけど、

 

こうした話しが原因になって騒がれているのは事実ですし、報道によれば、そうしたことから当事者の女性の精神的な負担が大きくなっているということですから、

 

自分たちの気持ちや考えはともかくとして、未解決のままになっている問題を早く解決したほうが良いと思うのですよね…というか、解決しないといけないのではないかと思いますよ。

 

また、今後は海外に生活の拠点を移されるということですが、そのような精神状態のままで海外生活をされて大丈夫なのかという気もします。

 

まあ、自分のように医学の知識のない人間がそう考えているだけで、生活拠点を海外に移すという環境の変化によって、症状が良くなるということかもしれませんけどね。

 

 

« 今回の総選挙は自民単独過半数割れ? | トップページ | 環境活動家 vs. ニュースキャスター »