« 未解決の金銭問題の本質 | トップページ | 若者から煙たがられる中高年の特徴10選 »

2021/11/07

環境活動家 vs. ニュースキャスター

イギリスでCOP26(第26回気候変動枠組条約締約国会議)が開催されているからか、いわゆる環境活動家の人たちが注目されているようですが、そうした中、

 

ネットに「環境活動家のグレタ・トゥーンベリさん vs. オーストラリアのニュースキャスター」みたいな感じの動画がアップロードされていたので見てみました。

 

動画は少し前のもののようですが、対照的な意見の二人が議論しているかのような感じで少し面白かったので、二人の主張を文字にしてみました。

 

◇ グレタ・トゥーンベリさん

 

こんなことは間違っています。

 

わたしは海の向こうの学校に戻るべきで、

 

こんなところにいるべきではないのです。

 

しかし、あなたたちが私たち若者に希望を求めるからここにいます。

 

よくもまあ、そんなことが言えますね。

 

空虚な言葉で私たちの夢や時代を奪っておいて。

 

わたしはまだ恵まれているほうです。

 

人々は苦しみ、亡くなっています。

 

あらゆる生態系が崩れ出し、

 

大量絶滅が始まろうとしているのに、

 

あなたがたは、

 

お金と経済成長というお伽噺ばかり唱えている。

 

最低です。

 

◇ ニュースキャスター

 

気候変動デモをやっている学生たちに言っておきたいことがある。

 

すべての教室にエアコンの設置が義務付けられたのは、

 

きみたちの世代からだ。

 

すべての教室にテレビを欲しがり、

 

教室にはコンピューターが備わっている。

 

電子機器なしには朝も夜もなく、

 

徒歩や自転車での登下校なんて、

 

もう、きみたちの誰もしたがらない。

 

送り迎えの車が列をなし、

 

郊外の道をふさぎ、

 

ラッシュアワーを悪化させている。

 

きみたちの世代ほど大量生産品を消費する者もいない。

 

トレンディであるために、

 

いつも最新で完璧な高級品を求めている。

 

きみたちのエンタメも、

 

電子機器から発信されているよね?

 

さらに言わせてもらえば、

 

きみたちのデモを扇動しているお仲間こそ、

 

移民政策を通して、

 

人口の爆発的な増加を推進しているわけだが、

 

それには、より一層の資源、生産、運輸が不可欠だ。

 

人口が増えれば、そのぶんだけ土地を活用するために、

 

森林を伐採し、国土を切り開く。

 

つまりは、環境が破壊されるわけだ。

 

だからね?

 

そういうのはどうなの?

 

先生に、エアコンを切るように言ってくれないか?

 

登下校は、徒歩か自転車にしようよ。

 

電子機器なんて使わずに、本を読もうよ。

 

既製品のファーストフードもダメだよ。

 

自分でサンドイッチを作ろうよ。

 

でも、やらないんだろ?

 

誰もやらないよね?

 

なぜならきみたちは、間抜けな教育を受けた、

 

自分勝手で自己賛美と他罰に忙しいウンコ頭だから。

 

かつてないほどの恵まれた西欧文化と、

 

贅沢な生活に身を浸しながら、

 

崇高な使命に陶酔している、

 

そんな大人たちに影響されているからだ。

 

目を覚まそうよ。

 

成長しようよ。

 

そして、もう口を閉じてくれ。

 

 

グレタさんの「How dare you?」(よくもそんなことが…)という表現は一時期話題になりましたよね。でも、変に話題になってしまったからか、それ以降、彼女はこの言葉を封印してしまったようですが…。

 

ただ、どうなんでしょう。おそらくはごく普通の女学生であろう彼女が、感情をむき出しにして環境保護を語るのは、かえって逆効果のような気がするのですけどね。

 

それに、環境活動家というわりには、その関係の知識が少ないような印象がありますし、どちらかと言えば、素人が短絡的な要求を繰り返しているというだけのような気がします。

 

また、何となくですが、彼女は悪い大人たちに利用されているだけではないかな…という気もしますね。彼女の発言は、そうした大人たちが下書きしたものなのではないでしょうか。

 

そして、その意味では、キャスターの言う「目を覚まして成長しよう。そして、もう口を閉じよう」という言葉は、この問題の本質をついているような気がしました。

 

地球温暖化の原因と言われている二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を減らし、すでに排出されている温室効果ガスも森林などに吸収させることで、

 

温室効果ガスの実質的な排出量をゼロにすれば、地球環境が守られます…といった話しは、一応は理解できるものの、こうした、いわゆるネットゼロの推進は、本当に正しいことなのですかね?

 

と、この動画を見て何となくそんな気持ちになりました。国際社会と足並みを揃えることは大事ですが、国際社会が常に正しいというわけでもないと思いますので、空気に流されないようにしたいですね。

 

« 未解決の金銭問題の本質 | トップページ | 若者から煙たがられる中高年の特徴10選 »