« 菅さんのままで良かったような気がする | トップページ | ザ・ノンフィクション放送1000回SP »

2021/10/03

一番無難な人が選ばれたような気がする

自民党の総裁選挙ですが、マスコミの報道では「河野さんかも」といった話しもありましたし、ネット上では「高市さんかも」といった話しもありましたが、結局は岸田さんでしたね。

 

自民党では(自民党に限らずかもしれませんが)、派閥の親分になれるような人(現に派閥の親分としてやっている人)でないと、総裁にはなれないということなのかもしれません。

 

ただ、その岸田さんにも、(河野さんの人気に危機感を感じて)最大派閥の細田派に影響力を持つ安倍さんや、第二派閥を率いる麻生さんに頼って国会議員票を固めていったといった話しがあって、

 

今回の結果は、そういったやり方が功を奏したということなのかもしれませんし、そういうことができるということも含めて、政治家としての実力があったということなのだろうと思います。

 

でも、総選挙の顔としては、河野さんか高市さんのほうが良かったのではないかなあという気がしますよね。岸田さんでも大丈夫だとは思いますが、二人にはかなわないような気がします。

 

ちなみに、総裁選挙の一回目の投票における各候補の得票数は以下の通りだったそうですが、注目されていた河野さんは、国会議員たち(同僚たち)には人気がなかったみたいですね。

 

報道でも、とあるベテラン議員が、「河野さんと飯を食ったのは一回しかない」とこぼしたみたいな話しがありましたが、それからすると河野さんは、仲間作りが不得手なのかもしれません。

 

一方、初めての総裁選挙で国会議員票を114票も集めた高市さんはすごいなあと思いましたし、もしかしたら、岸田さんの次は高市さんなのかなあという気もしました。

 

もちろん、この結果は、高市さんの実力だけではなく、高市さんを支持していた安倍さんなどの有力者の実力もあってのことだろうとは思いますが、

 

それにしても、注目されていた河野さんの86票を上回る114票を集め、国会議員票の得票数が一位だった岸田さんに次ぐ得票数になったことはすごいことだと思います。

 

◆ 各候補の一回目の得票数(国会議員票+地方票=合計)

河野さん  86票 169票 255票

岸田さん 146票 110票 256票

高市さん 114票  74票 188票

野田さん  34票  29票  63票

 

また、何となくですが、あまり目立たなかった野田さんは、今回が最後かなあという気がしますね。今のタイミングで国会議員票も地方票も2桁台前半では、ちょっと厳しいと思います。

 

それに、今回立候補できたのも、本人の実力というよりは、何かしらの意図をもった第三者の動きがあったからではないかといった話しもあったくらいですからね。

 

あと、河野さんも、誰に応援してもらうかはもう少し考えたほうが良かったのではないかと思います。石破さんと小泉さんとで小石河連合というのは、語呂としては良かったのかもしれませんが、

 

そのせいか、「変わり者が三人集まって何をしでかすかわからない」といった報道もありましたし、総裁選挙の直前に行われた決起集会に出席した議員も数十人しかいなかったらしいですからね…

 

といったことを考えると、今回の自民党の総裁選挙の勝者は、岸田さん、麻生さん、安倍さん、甘利さんで、敗者は、河野さん、石破さん、小泉さんだったのかもしれません。

 

さて、そんな自民党の総裁選挙でしたが、あまりに注目が集まってしまったせいか、野党の皆さんのことは、話題にすらならなくなってしまいましたね。

 

一応、立憲の枝野さんなどは頑張ってアピールしているようですけど、相変わらず政府・与党を批判しているだけですので、話題性という点では今一つかなあと思います。

 

何しろ、いまだに「森友学園問題を巡る財務省の決裁文書改ざん問題などを論点にする方針」なんて言っているくらいですからね。(いつまでやれば気が済むの?)

 

また、「残念ながら、自民党は変われないと示した新総裁の選出だったと思う」なんて言っている暇があったら、自分たちが変わったほうが良いのではないでしょうか。

 

あと、立憲さんは、破防法に基づく調査対象団体に指定されている某政党と選挙協力をするみたいですが、そんなことをやって本当に大丈夫なのですかね?

 

もちろん、そうすることで、選挙区によったら与党の候補に勝てる可能性も出てくるのだろうと思いますし、少しでも議席を増やすためには、そうせざるを得ないというのもわからなくもないですけどね。

 

ただ、立憲さんよりも某政党のほうが一枚も二枚も上手だと思いますし、そんなところとがっぷり四つに組んだら、立憲さんのほうが飲み込まれて終わってしまうような気がするのだけどなあ…。

 

まあ、立憲さんは、ワクチンの話しのときにも某政党と協調して国内での治験に拘り、欧米各国で行われていたワクチンの緊急使用に猛反対していましたので(それで日本のワクチン接種が遅れた)、

 

今回の選挙協力の話しも、そういった話しの延長線上にあるのかもしれませんが、立憲さんにとっては、長い目で見るとメリットがないような気がしますけどね。

 

あっ、そうそう、某政党で思い出しましたけど、TBS系列?の情報番組で、某政党のことが話題になっていたみたいですね。何でも、その番組のコメンテーターの一人が、

 

某政党について、「暴力的な革命というのを、党の要綱として廃止していない」といったことを発言したそうで、某政党からの苦情で謝罪したということです。

 

まあ、コメンテーターの発言の中の、「党の綱領として廃止していない」という部分は間違いですので、それについての謝罪だったのではないかと思いますけどね。

 

ただ、某政党は、党の基本的な革命戦略であった「敵の出方論」(革命が平和的か暴力的かは敵の出方によるという論理)については、少なくとも否定はしていないので、

 

コメンテーターが指摘した「某政党の暴力性」については、当たらずとも遠からじの話しだったと思いますし、そういったことから、某政党は破防法に基づく調査対象団体に指定されているのですよね…

 

ということで立憲さん、そんなところと組んで本当に大丈夫ですか?

 

同じ組むなら、国政政党を設立する都民ファーストの会と組んだほうが良いのではないかと思いますよ。世論の反応がポジティブなら、小池都知事も今月中には都知事を辞職して出馬するでしょうし、

 

そうなれば結構な票が集まるでしょうからね。もちろん、小池さんがOKすればの話しではありますが、小池さんにメリットのある話しになれば、乗ってくると思いますよ。

 

何しろ小池さんは、計算高い自分ファーストな人ですからね。

 

 

« 菅さんのままで良かったような気がする | トップページ | ザ・ノンフィクション放送1000回SP »