« 見え始めた明かりを見えないことにしたい人たち | トップページ | 文句ばかり言われて心が折れちゃったのかなあ »

2021/09/03

ホームレス問題は解決しない

少し前に、人気ユーチューバーがホームレスや生活保護受給者に対する差別的な発言をして炎上するという出来事があって、先日、その件を朝日新聞が記事にしていたので読んでみたのですが、

 

まあ、少なくとも朝日新聞が期待するような方向には進まないでしょうし、そもそもの話し、ホームレスや生活保護受給者への差別が無くなるということもないと思いますけどね。

 

まず、ホームレスや生活保護受給者に対する批判というのは、今に始まった話しではないと思いますし、実際、批判されても仕方のないようなこともあると思うのですよね。

 

で、そういった批判が長く続いているからこそ、一部の人たちから差別的な発言が出てくるのだろうと思いますし、仮にそれを規制したところで、すぐになくなるようなことにはならないだろうと思います。

 

ちなみに、今回炎上した人気ユーチューバーの発言はどのようなものだったのかと言うと、おおむね、

 

「僕は生活保護の人たちにお金を払うために税金を納めてるんじゃない」

 

「自分にとって必要もない命は軽いんで、ホームレスの命はどうでもいい」

 

「正直、邪魔だしさ、プラスになんないしさ、臭いしさ、治安悪くなるしさ、いない方がいいじゃん」

 

といった感じだったようですが、「ホームレスの命はどうでもいい」という部分は論外として、それを除けば、こうした批判的な意見を持っている人は少なからずいると思いますよ。

 

で、そういった批判的な意見の人の中にいる、この人気ユーチューバーのような、ある意味で無知な人たちが、「ホームレスの命はどうでもいい」といった差別的な発言をするのだろうと思います。

 

でも、どうでしょう?

 

それ以外の部分は、多少誤解を生むような言葉遣いだとは思うものの、決しておかしなことを言っているわけでもなく、ましてや、差別的な発言ということでもないと思うのですよね。

 

例えば、「僕は生活保護の人たち~」という部分を、「僕は生活保護費を不正受給している人たちのために税金を納めているんじゃない」といった言葉で語っていたとしたら、

 

「確かにそうだよね」となると思いますし、それはすなわち、「本当に困っている人が生活保護を受けられるように税金を納めることには納得していますよ」ということでもあると思うのですよ。

 

また、「正直、邪魔だし~」の部分も、1990年代の東京西新宿の地下道の様子を頭に思い浮かべたら、「まあ、そういう意見も確かにあるだろう」というくらいの感覚にはなると思うのですよね。

 

自分も当時、何回か西新宿の地下道を通ったことがありましたが、その時の正直な感想は、「臭いし、汚いし、ここを一人で歩くのは怖いなあ」でしたので、

 

少なくとも自分は、こうした意見を否定することはできませんし、そうした場面に直面して不快に感じている人たちを目の前にしたら、共感とまでは言いませんが、同意はすると思います。

 

ただ、ではそういった、ある意味で迷惑な人たちを地域や社会から強制的に排除すべきか…となったら考えてしまうと思いますね。皆さん、事情があってそういう状況になったのでしょうから…。

 

で、こういった話しは、西新宿の地下道にいたホームレスの人たちが、1996年の初め頃に強制排除されることになったときにもあったのですよね、

 

当時のマスコミでも、街の人たちの意見として、「強制排除は正しい派」と「強制排除は間違っている派」の双方の意見が扱われていましたので…。

 

また、この強制排除に合わせて、ホームレスの人たちに一時的に施設に入ってもらって、就職先を探してもらって社会復帰してもらおうといった試みもあったのですが、

 

ホームレスの人たちに入所してもらう施設自体が周辺の住民の反対にあって、結局、入所していられるのは2か月間だけという期限つきになったのですよ。

 

で、その後どうなったかというと、当時はあまり景気が良くなかったことと、ホームレスに対する偏見もあって、仕事が見つからないまま期限を迎え、西新宿に戻った人も相当数いたのですよね…

 

ということで、多様性と言うのでしょうか。世の中にはいろいろな考え方や意見がありますが、それでも、こういった問題に対する答えは、いまだに見つかっていないのですよね。

 

そして、答えが見つからない以上、こういった問題が解決することもないのでしょうし、今回の人気ユーチューバーの炎上騒ぎのようなことも、答えが見つかるまでずっと続くのだろうと思います。

 

それに、そもそもの話し、ホームレスの問題や生活保護の問題に限らず、社会問題というのは、そんな簡単に答えが見つかるものでもないですからね。

 

それからすれば、今回の炎上騒ぎも、起こるべくして起こったことなのかもしれませんし、それがたまたまユーチューブ上で起こったというだけなのかもしれません。

 

でも、人気者になって人から持てはやされるって良し悪しですよね。昔、勝ち組、負け組みたいな言葉が流行ったことがありましたけど、炎上したユーチューバーも、周囲から持てはやされたことで、

 

自分が勝ち組にいるような気になってしまい、そこに無知が加わったことで、他人の生き方や人格を一方的に否定するような稚拙なことを言ってしまったのではないかという気がしますね。

 

まあ、それもその人の生き方や人格なので、周囲が否定してはいけないのでしょうけど、そういう生き方って、反感を持たれるだけだと思うのだけどなあ…。

 

 

« 見え始めた明かりを見えないことにしたい人たち | トップページ | 文句ばかり言われて心が折れちゃったのかなあ »