« 相手との距離感が大事 | トップページ | 病床が空いているのに救急搬送が困難なの? »

2021/08/14

こういう人たちが感染を広げているのでは?

東京オリンピックが閉幕し、オリンピック関連の話題も一段落といった感じですが、そのせいか、マスコミが取り上げる話題も、コロナのことに偏りつつあるようですね。

 

でも、マスコミも随分といい加減だなあと思います。

 

東京オリンピックが開幕する直前まで、この状況でオリンピックを開催したら感染が広がるから中止にするべきだとか、延期にするべきだとか大騒ぎしていたのに、

 

いざオリンピックが始まると、何事もなかったかのように選手の活躍を報道し、オリンピックが閉幕した途端に、またコロナの話題で大騒ぎしているわけですからね。

 

しかも、朝日新聞や毎日新聞に至っては、自分たちが主催している夏の全国高校野球を有観客で開催するというダブルスタンダードぶりですし…。

 

まあ、有観客で開催とはいっても、一般客は入れずに生徒や保護者などの学校関係者が入るだけだそうですが、それが許されるのであれば、

 

東京オリンピックでも、選手の家族や友人くらいは入れても良かったのではないかと思いますし、そのほうが、選手も競技をしやすかったのではないかと思いますよ。

 

また、有観客で開催した宮城スタジアムでの野球競技では、最大で5,500人くらいの観客数だったそうですが、それで感染が広がることはなかったそうですからね。

 

終わってしまったことを今になってから言っても仕方がないのですが、個人的には、東京オリンピックを無観客開催にする必要はなかったと思っています。

 

大事なのは、観客を入れるか入れないかではなくて、感染対策をしっかりできるかどうかだと思いますし、このことは、宮城スタジアムでの有観客開催が証明していると思いますよ。

 

あと、これもマスコミのいい加減なところだと思いますが、国民には自粛を求めておきながら、テレビ朝日の社員が、飲酒を伴う長時間の宴会をしていたらしいですね。

 

開いた口がふさがらないというのは、こういうことを言うのではないかと思います。

 

読売新聞の記事によれば、テレビ朝日の東京オリンピックの番組担当スタッフ10人(社員6人と外部スタッフ4人)が、閉会式が行われた8日夜から飲酒を伴う長時間にわたる宴会を開き、

 

翌9日の午前4時頃、20代の女性社員1人が、宴会の会場となっていた渋谷区のカラオケ店のビルの2階から転落して左足を骨折する重傷を負い、救急搬送されたそうです。

 

また、たまたま付近を歩いていた人が、「ビルから人が落ちてきた」と110番通報したことで警察も駆けつける騒ぎとなり、宴会を続けていた残りの9人に対して事情聴取をしたようです。

 

ちなみにテレビ朝日では、今年4月にも飲酒を伴う宴会(送別会)を開いていて、それに参加していた報道番組の担当スタッフ4人(社員1人と外部スタッフ3人)がコロナに感染しているのですよね。

 

テレビ朝日は、口では社内ルールで宴席を禁止していますとか、厳しく指導していますといったことを言っているみたいですが、実態は、かなり緩かったのかもしれませんし、

 

今回の件も、救急車が駆けつけるような騒ぎになったから表沙汰になっただけで、それがなければ、闇に葬られたのではないかなあという気がしますね。

 

仮にこれが自民党関係者による宴会だったら、連日連夜のバッシングになっていたと思いますが…。

 

でも、いくら長時間にわたって飲酒していたからといって、ビルから転落するような状況になるものですかね。まあ、今回の場合は実際に転落しているわけですが、どういう状況だったのかと思いますよ…

 

ということで、ネットに出ている話しをいくつか見ていたのですが、それらの話しが当たらずとも遠からじだとすると、当時の状況は、おおむね以下のような感じだったようです。

 

     *

 

東京オリンピックの閉会式がスタートした8日20時、テレビ朝日の社員ら7人が港区の鉄板焼き店に集合し、番組の「打ち上げ」と称して宴会を開いた。

 

その後、21時頃に1人が合流して23時頃まで飲酒し、23時半頃に渋谷区にあるカラオケ店に移動。そこでさらに2人が合流して10人で二次会を開いた。

 

翌9日3時半頃、女性1人が帰宅するために二次会の会場だったカラオケ店の6階の部屋から非常階段で1階まで下りたものの、出入口が施錠されていたため店外に出られなかったらしい。

 

その後、女性は1階と2階の踊り場から看板やパイプなどをつたって店外に出ようとしたらしいが、途中で足を滑らせたのか、踊り場から転落してしまった。(飲酒の影響からか、女性の記憶が曖昧らしい)

 

その様子を目撃した通行人が110番通報し、転落した女性は左足を骨折していたため、その場から救急搬送された。(かかとを骨折したようで、手術が必要なほどの重傷のため全治半年とのこと)

 

転落から1時間後、店内で飲酒を続けていた9人に対して警察が任意同行を求め、9人とも渋谷警察署で3時間程度の聴取を受けたが、事件性はないという話しになって解放された。

 

一方、事故が起こったカラオケ店では、1階の通常の出入口も非常階段の1階出入り口も施錠はされておらず、自由に出入りできる状態だったと説明している。

 

     *

 

ちなみに、宴会に参加していたテレビ朝日の社員6人は、入社2~4年目の若手社員だったらしいのですが、今回の一件は、若気の至りということで済まされますかね?

 

まあ、テレビ朝日くらいの会社であれば、職域接種の対象になっていたでしょうし、この6人の若手社員も、もしかしたら2回のワクチン接種を終えていて安心していたのかもしれませんが、

 

だからといって、緊急事態宣言下で何時間も飲み歩いて良いという話しにはならないでしょうし、ましてや、医療がひっ迫している中で救急車を出動させるような状況になったわけですからね。

 

さすがにこの状況を、若気の至りの一言で済ませるのは許されないのではないかという気がしますし、当然ながら、組織として上層部の責任も問われると思うのですけどね。

 

テレビ朝日は、知らん顔して終わりにするつもりなのかなあ?

 

 

« 相手との距離感が大事 | トップページ | 病床が空いているのに救急搬送が困難なの? »