« こういう人たちが感染を広げているのでは? | トップページ | 見え始めた明かりを見えないことにしたい人たち »

2021/08/22

病床が空いているのに救急搬送が困難なの?

相変わらずコロナの話題が続いていますが、医療逼迫、医療崩壊といった抽象的な言葉を使った報道が多いからか、実際にどういった状況になっているのかがわかりづらいですよね。

 

例えば、東京都には新型コロナウイルス感染症対策サイトというものがあって、東京都内の感染状況や医療体制に関する数値を見ることができるのですが、

 

医療逼迫とか医療崩壊といった抽象的な言葉よりも、具体的な数値で伝えてもらったほうが、聞く側も物事を冷静に捉えることができると思いますし、実態もわかりやすいのではないかと思います。

 

もちろん、マスコミの報道でも数値は使われていますが、マスコミが出してくる数値は、実態を伝えるための数値というよりは、不安を煽るための数値なのではないかと思うのですよね。

 

新規陽性者数が過去最高だとか、重症者数が増えているとか、あるいは死亡者数は何人だったなどといった数値ばかりを出されてもなあ…と思います。

 

また、少し前の日経新聞には、「救急搬送困難2897件、1カ月で2.5倍 コロナで医療逼迫」という見出しの記事が出ていたのですが、これなども、そんな感じの記事ではないかという気がしています。

 

この記事によれば、救急搬送困難という言葉の定義は、「医療機関への受け入れ照会が4回以上あり、搬送先が決まるまでに現場で30分以上待機したケース」とのことですが、

 

こうした事案は以前からあったことだと思いますし、実際、そういった事案があったからこそ、無駄な救急搬送を防ぐために救急搬送を有料にしてはどうかといった話しも出ていたわけですからね。

 

最近になってコロナ疑いの患者の事案が加わったことで、全体的には事案が増加したのかもしれませんが、それをもって「コロナで医療逼迫」という見出しをつけるのはどうかと思います。

 

自分の印象では、「コロナで医療逼迫」という見出しよりも、「救急搬送困難の事案、コロナで増加」といった見出しのほうが、実態に近いようなするのだけどなあ…。

 

ちなみに、東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイトを見ると、都内の受入体制は、おおむね以下の通りのようです。(2021年8月21日 20:45 の数値)

 

確保病床 … 5,967床 (うち重症病床は392床)

 

入院患者 … 3,964人 (うち重症患者は270人)

 

また、これらの数値から病床使用率を計算すると、以下のような値になるのですよね。

 

病床使用率(全体) … 3,964人÷5,967床=66.4%

 

病床使用率(重症) … 270人÷392床=68.9%

 

まあ、決して低い数値ではないですし、これらの数値が増加傾向にあるとすれば、警戒するに越したことはないと思うのですが、この数値からすると、少なくとも東京都に関しては、

 

現時点では医療崩壊という状況には至っていないのだろうと思いますし、小池都知事の言葉にあった災害級という表現も、少し大げさではないかという気がしています。

 

また、さきほどの日経新聞の記事によれば、救急搬送困難とされた2,897件のうち、東京都の事案は1,532件とのことですが、病床に30%もの空きがあるのに、

 

なぜ搬送困難になってしまうのだろう…といった疑問も感じますよね。病床が空いているのなら、そこに救急搬送すればよいのではないかと思いますよ。

 

もちろん、病床があるだけではダメで、病床に対して患者を診る医師や看護師が必要というのはわかりますが、そういったことも含めた結果が確保病床ではないのかという気もしますし、

 

結局のところ、このあたりの話しがどうなっているのかを追及しないと、この先もずっとコロナの話題で大騒ぎすることになってしまうのではないかと思います。

 

それに、時事メディカルの記事によれば、最近流行しているデルタ株と呼ばれているウイルスの感染力は、インフルエンザの4倍の感染力ということなので、

 

万が一に備えて医療体制を整えておくことは必要だと思いますし、医療体制を整えるにあたっては、現状の医療体制の問題点をまとめておくことも必要でしょうからね。

 

ネットでは、補助金をもらうためにベッド数を増やして、実際には患者を受け入れていない病院があるのではないかといった話しも出ていますが、

 

そういったことも含めて、今の医療体制の問題点を明らかにしたほうが良いと思いますし、マスコミも政府ばかりを批判していないで、そういったところを追及してほしいですよ。

 

菅首相の会見が、ペーパーを読んでいるだけで伝わらないとか、そんなくだらないところはどうでもよいです。会見というのは、情報を正確に伝えるためのものですから、

 

ペーパーを読むのは当然だと思いますし、ちょっとでも間違ったことを言ったり言葉遣いが悪かったりすると、一斉に大騒ぎするマスコミが相手だからということもあるのだろうと思います。

 

あと、ワクチンを打っても感染してしまう怖いウイルスなどといった言い方もやめてほしいですよね。そんなことは、ワクチンの話しが出たときからわかっていたことですし…。

 

インフルエンザでも何でもそうですけど、ワクチンを打ったら感染しないなんていうことはないわけで、それは新型コロナでも同じなのですから、そんなことで大騒ぎする必要はないと思います。

 

■ 追記

 

軽症者が病院に居座るから入院できない人が出ているといった意見もあるようですが、このあたりの話しも含め、どのような状況になっているのか知りたいですね。

 

まあ、高熱が続いていても、酸素が不要(血中の酸素飽和度が96%以上)であれば軽症という扱いらしいので、軽症であっても入院したいという人はいると思いますが…。

 

ちなみに、中等症は、人工呼吸器までは必要ないが酸素は必要(血中の酸素飽和度が96%未満)な患者で、重症は、人工呼吸器が必要な患者ということらしいです。(中等症はかなり辛いらしい)

 

 

« こういう人たちが感染を広げているのでは? | トップページ | 見え始めた明かりを見えないことにしたい人たち »