« 説明責任とは何なのかを考えさせられるような話し | トップページ | SNSで炎上すると解雇される? »

2021/07/26

開催できて本当に良かったと思う

東京オリンピックが始まりましたね。これまでのマスコミの報道を見ると、賛否がある…というよりは否一色のような感じでしたが、無事に開催できて良かったと思います。

 

ただ、開会式はちょっと地味だったかなあ…という気がしますね。まあ、派手にやったらやったでマスコミから批判されるのでしょうから、あのくらいでちょうど良かったのかもしれませんが…。

 

また、今回の開会式に限った話しではないのですが、クリエイターと呼ばれている人たちが制作するものは、解説を聞かないと作品の意味するところがわからないものがありますね。

 

やはり、自分のように芸術のわからない素人には、動くピクトグラムとかドローンを使った演出のように、ストレートな表現のほうがわかりやすいですし、印象にも残りやすいようです。

 

でも、辞任ドミノと言われるくらい開会式直前までゴタゴタが続いた中で頑張ってくれた関係者の皆さんや、開会式で一所懸命に演じてくれた皆さんには感謝したいですね。

 

自分だったら、「国民が望まないオリンピック」だとか「誰のためのオリンピックなのか」といった感じの否定的なことばかりが報道されている中で頑張ろうという気持ちにはなれなかったと思いますし、

 

それだけに、プロってすごいなあ…と思いました。以前、ワンチームという言葉が流行ったことがありましたが、開会式に関係した皆さんは、まさにワンチームだったのでしょう。

 

さて、そんな東京オリンピックですが、マスコミの報道によれば、東京オリンピックに反対の人も多いという話しですが、実際にはどのくらいの人が反対しているのですかね?

 

東京オリンピックによって感染が拡大するから反対と言われていたわりには、各地で渋滞が起こるくらいの人流はあるようですので、マスコミが言うほど心配している人はいないような気がしますし、

 

東京オリンピック自体も無観客開催になったので、これで東京オリンピックが感染拡大の要因になると主張するのは、少しばかり無理があると思うのですよ。

 

なので、個人的には、東京オリンピックに反対の人たちがノイジーマイノリティーで、東京オリンピックに賛成の人たちがサイレントマジョリティーなのではないかなあと思っています。

 

ちなみに、開会式の当日、国立競技場の周辺で東京オリンピックの開催に反対するデモというノイジーなことをやっていた人たちは、中核派の活動家だったらしいですよ。

 

多くのメディアは「市民によるデモ」みたいな感じで報道していましたが、日経新聞などは、「約70人の中核派の活動家が大会の開催に対して抗議活動をしていた」と報じていましたからね。

 

それに、ネットに出回っていた動画や写真の中にも、「全学連」の旗を振っている人が映っていましたので、これまでも、そういった人たちが騒いでいただけだったのではないかなあという気がしています。

 

また、開会式2日前には、東京オリンピックの自転車ロードレースのコースになっている東京・府中市の小金井街道にアスファルトが撒かれるという嫌がらせがありましたけど、

 

こういったことも、実力行使を厭わない活動家による犯行と考えれば、しっくりくると思うのですよね。いくら東京オリンピックに反対とは言っても、そこまでする人はいないでしょうし…。

 

まあ、証拠もなく活動家の犯行と決めつけるのは良くないですけど、少なくとも東京オリンピックに反対と主張してきた人たちの中心には、こういった人たちがいたのではないかなあという気がします。

 

しかしまあ、これまでを振り返ってみると、東京オリンピックが開催されるまでには、いろいろなことがありましたよね。呪われたオリンピックという人もいますが、そう言いたくなる気持ちもわかります。

 

一番最初は、6年前の公式エンブレムをめぐる盗作疑惑問題ですね。デザイナーの方は盗作を否定していましたけど、最終的には違うデザインを使うことになりましたし…。

 

で、その次は森さんの女性蔑視発言でしたね。これは単なる発言の切り取りだったと思いますが、関係者が海外メディアにリークしたことで国内のマスコミが大騒ぎして、結局、森さんは辞任しました。

 

そして、その後は辞任ラッシュとか辞任ドミノとか言われているドタバタです。ネットでは、クリエーター同士の内輪揉めが内部告発的な動きにつながったのではないか…という話しもあるようですが、

 

まあ、当たらずとも遠からじではないかという気がします。演出の規模を縮小するということで契約解除になったクリエーターたちから不満が出ていたという話しもあるようですし、

 

関係者の人しか参加していないはずのLINEでのやり取りが外に出ていましたので、関係者から漏れた…というか、関係者が意図して漏らしたのだろうと思います。

 

でも、開会式の前からこんな感じですと、この先もいろいろな問題が出てくるかもしれないですね。恨みとか怒りとか不満といったネガティブな感情って、そう簡単に消えるものではないですし…。

 

それと、ユダヤに関するコントが原因で解任された人の件は、経緯が微妙でしたよね。防衛副大臣がSWC(反ユダヤ主義を監視している団体)にコンタクトをとって問題が大きくなったらしいですが、

 

防衛副大臣という立場にいる人が、特定の国や民族のために活動している民間団体と通じていること自体、国の安全保障を考えるとかなり危険なことではないかと思いますし、

 

しかも、東京オリンピックという防衛省の所管外のことについて、五輪担当大臣とも調整せずに動くなんてあり得ない話しですよ。(本人は問題を大きくしないためにやったと主張しているようですが…)

 

あと、共同通信などがロシアのメディアの話しとして伝えた「日本は中世のようだ」という選手村に関する話しですが、これは誤報というよりは捏造と言ってよいくらいのいい加減な記事だったようですね。

 

この記事は、日本を悪く言わないと気がすまない海外のマスコミと、そういう話しを積極的に活用しようとする国内のマスコミのコラボレーションだったのではないでしょうか。

 

まあ、いつものこととはいえ、ひどい話しだと思います。東京オリンピックに反対していながら、自分たちの金儲けのために東京オリンピックの中継をしているマスコミは害悪でしかないな…と思います。

 

 

« 説明責任とは何なのかを考えさせられるような話し | トップページ | SNSで炎上すると解雇される? »