« 電気がなければただの箱 | トップページ | 偉い人が仕事を休むときには裏がある? »

2021/06/27

いつの世にも悪いことをする人はいるけれど

先週の時事通信に、「経産省キャリアが虚偽申請-コロナ家賃支援金詐取」という記事が出ていましたが、国家試験に合格して官僚になったのに、なぜそんなことをしてしまったのですかね?

 

まあ、逮捕された2人(ともに20代後半)の認否も明らかになっていませんし、今はまだ容疑者(逮捕されたから被疑者かな?)の段階なので、悪いことをしたと決めつけるのは良くないですが…。

 

ただ、捜査をしている警視庁は、逮捕された官僚たちの職場でもある経済産業省の家宅捜索も行ったということなので、少なくとも疑われるような状況はあったのだろうと思いますし、

 

別な記事によれば、逮捕された一人は、収入に見合わない生活をしていた…ということなので、恐らくは、ある程度の金の流れもつかんでいるのだろうと思うので、冤罪の確率は低そうですけどね。

 

ちなみに、収入に見合わない生活というのは、

・高級住宅地に住んでいる

・複数の外車に乗っている

・高級時計などを購入している

といったことらしく、

 

ネットに出ている噂話しによれば、住んでいるところは、千代田区一番町のタワーマンションということなので、それが事実であれば、確かに収入には見合わない生活だと思います。

 

千代田区のタワーマンションの販売価格は、8,000万円から1億2,000万円くらいという話しですので、賃貸で住むにしても、かなりの高額の家賃であることは間違いなですからね。

 

実際にそういった物件で暮らしていたのなら、とても官僚の給料だけでは足りなかったと思いますし、もしかしたら、家賃支援金を受け取っていたとしても、賄いきれなかった可能性もありそうです。

 

また、そう考えると、家賃支援金の詐取以外にも、何かしていたのかもしれないなあ…という気もしますね。(借金で賄っていた可能性もありますが、借りるにしても限度があるでしょうし…)

 

でも、このところの経済産業省は、不祥事続きですよね。先日も、経産省の職員が国会内の女子トレイで盗撮していた…という話しがあったばかりなので、少し気になっています。

 

今が国会の会期中であれば、スキャンダルが大好きな…というか、スキャンダルにしか関心がなさそうにも見える野党も、大喜びで政府の責任を追及したのではないかな…。

 

また、先週には、こうした不祥事を報道する(追及する)側のマスコミにも、不祥事がありましたよね。

 

朝日新聞が記事にしていましたが、北海道新聞社の記者(22)が、旭川医科大学への建造物侵入容疑で同大学の関係者に現行犯逮捕されていたそうです。

 

旭川医大といえば、学長のパワハラや高額報酬の問題が思い浮かびますが、今回逮捕された北海道新聞の記者は、旭川医大の敷地内で、この問題についての取材活動をしていたみたいですね。

 

ただ、その取材活動というのが微妙というか、それはさすがにまずいのでは?といった感じの内容だったので、今回のような話しになってしまったのだろうと思います。

 

記事によれば、逮捕された記者は、関係者以外立ち入り禁止になっている大学敷地内の建物内に入り、学長の解任を議論する学長選考会議の内容を

 

会議室の扉の隙間から録音してそうで、それを見つけた大学の職員が、記者の身分や目的を尋ねたにもかかわらず、明確な返答もせずに逃げ去ろうとしたそうなので、

 

記者に問い質した大学の職員も、さすがにまずいと感じて、私人逮捕(司法警察職員以外による逮捕)をしたのち、警察に通報して記者の身柄を引き渡したのでしょう。

 

他人が管理している建物に無断で入るか、あるいは、建物の管理者に嘘の目的をつげて入れば建造物侵入罪(三年以下の懲役又は十万円以下の罰金)にあたると思いますし、

 

それが現行犯で、かつ、犯人の住所や氏名が明らかではなく逃亡の恐れがあるということなら、私人逮捕の条件も満たしているでしょうからね。

 

大学側としては、当然の対応だったと思いますし、そうであるからこそ、記事にある通り、北海道新聞社に抗議文を送って、立ち入った理由などを確認しているのだろうと思います。

 

でも、こういう話しが通じないのがマスコミなのでしょうね。この件についてのマスコミ関係者のSNSでの発言を見ていると、

・こんな取材は何度もやってきた

・何も言われたこともないし逮捕されたこともない

・マスコミ各社は抗議すべきだ

といった感じの意見が多いように感じました。

 

ただ、今回のような取材活動が本当に正しいと思うのであれば、逮捕された記者も、逃げるようなそぶりを見せることなく身分を明らかにして、堂々としていればよかったと思うのですけどね。

 

身分も明らかにせず逃げようとしたなんて、自分がやましいことをしているという認識があるからだと思うのですが、マスコミ関係者は、そのあたりのことをどう考えているのだろうと思いますよ。

 

また、今回逮捕された記者は22歳ということなので、恐らくは北海道新聞社に入社して間もない記者だと思うのですが、今回の逮捕の原因になった取材活動が、

 

本人の意思でしたものなのか、会社から言われてしたものなのか、どちらなのだろうと思いますね。(何となくですが、会社から言われて渋々やったような気がしますが…)

 

また、仮に会社に言われてやったことだったのなら、ずいぶんと気の毒な話しだと思います。この件で起訴されて有罪になれば、この記者は前科持ちになってしまうわけですからね…

 

といった二つの不祥事ですが、官僚や記者という、どちらかと言えば社会の中では優秀とされる人たちが、こうしたことをしてしまったのは残念ですよね。

 

別に、他人の模範になるような生き方をしてほしいとまでは思いませんが、他人から指をさされるようなことをするのは、さすがにどうかと思いました。

 

 

« 電気がなければただの箱 | トップページ | 偉い人が仕事を休むときには裏がある? »