« 学校の勉強って社会人になってから役立つの? | トップページ | いつの世にも悪いことをする人はいるけれど »

2021/06/22

電気がなければただの箱

日曜日の東京は、電車が止まって大変だったみたいですね。

 

自分は月曜日の朝になってからそのことを知ったのですが、全線復旧まで4時間もかかったそうで、当事者になった皆さんは大変だっただろうなあ…と思いました。

 

電車は便利な乗り物ですが、少しの時間でも止まると、多くの方に影響しますからね。それが4時間ともなれば、相当な方が影響を受けたのではないかと思います。

 

また、今回は、変電所内での漏電で電気が供給できなくなったのが原因だったそうですが、電車というのは、電気がなければ、ただの鉄(最近はアルミかな?)の箱でしかないですからね。

 

駅に停車中に停電が起こったのであれば、そのまま電車から降りることもできたでしょうが、駅間を走行中に停電になってしまった場合は、どうしようもなかったでしょうし、

 

特に最近の電車は、一部の窓しか開けられないようになっているものもありますので、停電で空調が止まった車内の居心地は、最悪だったのではないかと思います。

 

しかも、止まってしまった路線は、山手線や中央・総武線(各駅)などの都心を走る6路線ですからね。

 

日曜日とはいえ、停電が起こった時間帯からすると、そこそこの混雑具合だったと思いますので、中には、具合が悪くなってしまった方もいらっしゃったのではないでしょうか。

 

また、それだけの時間止まっていたとすると、水分補給したくなるとか、逆にトイレに行きたくなる…ということもあったと思うので、そういったことも大変だったでしょうね。

 

今日は昼休みに同僚たちとこの話題になったのですが、同僚たちも同じようなことを言っていましたし、当事者にならなくて本当に良かったとも言っていましたよ。

 

都心で働くサラリーマンにとって、電車が止まるというのは、精神的にも肉体的にも負担が大きい出来事ですからね。当事者になった皆さんには申し訳ないですが、それが本音だろうと思います。

 

自分も、当事者の方には申し訳ないとは思いましたが、止まったのが日曜日で良かったと思いましたし、そういうことには巻き込まれたくないなあとも思いましたし…

 

といった今回の出来事ですが、過去を思い返してみると、何回か似たような話しがあったよなあ…と思い、ネットで検索してみたところ、JR東日本だけでも、以下のような出来事が見つかりました。

 

■ 1994年12月10日

10日22時50分頃、新宿区歌舞伎町のJR新宿変電所で火災が発生し、豊島区池袋の変電所でもブレーカーが作動した影響で、JR山手線などで運転見合わせになった。

 

■ 2008年4月10日

10日午前6時30分から40分頃、東京都国分寺市のJR中央線国分寺変電所で火災が発生し、JR中央線の一部区間が運転見合わせになった。

 

■ 2016年5月12日

12日朝、川崎市にあるJR東日本の変電所で火災が発生し、JR東海道線やJR京浜東北線などが1時間以上にわたって運転見合わせになった。

 

■ 2017年9月5日

5日午前10時頃、JR東日本の蕨交流変電所のトラブルで停電が発生し、その影響で、JR山手線などの首都圏の主要7路線で一時運転見合わせになった。

 

■ 2019年1月22日

22日午前2時頃、新潟市東区江南にあるJR東日本新潟支社の新潟変電所で火災が発生し、その影響で、JR信越線の一部区間が上下線で始発から運転見合わせになった。

 

■ 2020年11月26日

26日午前7時40分頃、久喜市久喜中央の久喜駅構内の変電所設備で火災が発生し、その影響でJR宇都宮線などが午後まで運転見合わせになった。

 

     *

 

また、2016年3月15日の午前4時頃のことだったそうですが、JR高崎線の籠原駅構内で火災が発生し、JR高崎線が一部区間で運転見合わせになった…という出来事もあったようです。

 

この火災は、変電所で発生したものではありませんが、電線の絶縁体(碍子)の破損による漏電が原因だったということで、その点は、今回の出来事と似ていますね。

 

そして、2015年4月12日には、JR山手線の秋葉原駅と神田駅の間で電柱が倒壊するという事故があり、このときもJR山手線が一時運転見合わせになっていますし、

 

2015年8月4日の晩には、JR根岸線の横浜駅と桜木町駅の間で架線焼損事故が起こり、JR根岸線が運転見合わせになっています。(止まってはいけない場所に電車が止まったのが原因とのこと)

 

確か、このときは、近くで花火大会があって、暑い中、帰宅できなくなってしまった方が多くいらっしゃったのではなかったかな…。ニュース映像に、浴衣姿の女性が映っていたような記憶があります…

 

といった感じですが、改めて振り返ってみると、頻繁に…というほどではないものの、JR東日本の中だけでも、電気系統のトラブルによる運転見合わせは、まあまあ発生しているのですよね。

 

また、少し気になるのは、今回の変電所の漏電も含めて考えた場合、JR東日本では、変電所のトラブルが3年連続で発生していることになる…というあたりですね。

 

それぞれのトラブルの原因がわからないので、あくまでも素人の憶測ではありますが、もしかしたら、設備が老朽化しているのかなあ…という気がしました。

 

新型車両の導入や、駅舎のバリアフリー化などが優先されていて、変電所などの設備にまで手がまわっていないのだとすると、ちょっと心配ですよね。

 

 

« 学校の勉強って社会人になってから役立つの? | トップページ | いつの世にも悪いことをする人はいるけれど »