« 役職定年はつらいもの? | トップページ | 学校の勉強って社会人になってから役立つの? »

2021/06/12

日本って本当にいい国だと思う

ここ最近、東京オリンピックを開催するのか中止にするのか…といった話しが続いていますが、こういう状況だからオリンピックは中止にしたほうがよい…という意見はあるものの、

 

ここまできたらもうやめられないよね?というタイミングでもあるので、いっそのこと開催しちゃえば?と思っている方も、そこそこいらっしゃるのではないかなあ…という気がするのですがどうでしょう?

 

また、分科会の尾身さんはオリンピックの開催に否定的…といった報道もありましたが、これも本当のところはわからないですよね?

 

報道の通りなのかもしれませんし、よくある切り取りかもしれませんし…。

 

でも、仮に尾身さんの見解が報道の通りだったとしても、恐らく政府には、オリンピックを中止にするという考えは微塵もないでしょうね。国会では、のらりくらりの答弁が続いていたようですが、

 

開催する方向で準備は進んでいるようですし、のらりくらりの答弁をしていたのも、開催すると明言したら、野党やマスコミが大騒ぎして面倒くさいから…だろうと思います。

 

また、東京オリンピックを開催する意義はあるのか…みたいな話しもありましたが、中止にしたらしたで、悪い意味で記録に残ってしまうような気もしますし、

 

中止にしたら感染が収束するという保証があるわけでもなく、十分な対策をした上で開催しても状況が悪化するという根拠があるわけでもないと思うので、

 

何をもって十分とするのか…といった話しはあると思いますが、十分な対策をした上でオリンピックを開催すればいいじゃないか…となるのも、それほどおかしなことではないと思います。

 

もちろん、開催は心配だよね?とか、開催してもオリンピックを楽しむことはできないよね?といった意見もあるとは思いますが、実際にオリンピックを開催したら、そうした意見も、

 

意外と楽しめたよね?とか、やっぱり開催して良かったよね?といった意見に変わるような気がするので、自分もオリンピックの開催には賛成ですけどね。

 

もちろん、オリンピックと人命とどちらが大事だと思っているんだ!といった考えの方もいらっしゃると思いますので、何が何でも開催を…とまで言うつもりはないですが…。

 

でも、こんな感じで、意見が二分するような話しになると曖昧になってしまうのは、日本人の悪いところかもしれませんね。日本人って、モラルが高い分だけ同調圧力に弱いのかも…。

 

ただ、うまくすれば年内に、希望する人全員にワクチン接種ができるかも…という状況になったことはありがたいですし、こういうことができる日本って、本当にいい国だなあ…と思います。

 

ワクチンよりも検査が先だ…と言っていた野党の皆さんが、なぜか今は、ワクチン接種が遅い…と大騒ぎしていて、マスコミもそれに便乗して騒いでいるので、

 

政府の対応が悪いから遅々として進まない…みたいな感じの話しになっていますし、ワクチンの接種予約の混乱ぶりなどを見ていると、とてもうまくやれているようには見えないですけどね。

 

でも、日本では欧米のように感染者が爆発的に増えたわけでもなく(その状況をさざ波と言って内閣官房参与を辞めた人がいましたけど)、イスラエルのように、

 

ワクチン接種後の副反応などについての医療データを開示するからワクチンの提供を優先してほしいと言ったわけでもないのに、製薬会社からワクチンを提供してもらえましたからね。

 

製薬会社としては、人道的な見地からすれば、より感染状況が深刻な国に対してワクチンを提供するでしょうし、接種後のデータが得られる国か否かでいえば、

 

当然、データを得られる国にワクチンを提供するほうが、今のワクチンを改良するにしても、新しいワクチンを作るにしても有利なはずですので、まず間違いなくそうすると思うのですよ。

 

でも、それでも日本はワクチンを入手できたわけですからね。マスコミの報道では、日本はワクチン調達に失敗したとか、政府に交渉力がなかった…みたいな話しになっていますが、

 

これまでの経緯や今の状況を冷静に見てみると、むしろ日本には交渉力があって、それゆえにワクチンの調達にも成功したのではないかという気がします。(お金の力もあったのかもしれませんけどね)

 

しかも、使用する予定のないワクチンまで確保できていて、それを台湾などの他国に提供するという余裕まであるわけですから、これで失敗だったというのは、ちょっとどうなのかなあ…という気がします。

 

それと、日本はアジアの国々(久しぶりに聞く言葉ですね)と比較してもワクチン接種が遅れている国…みたいな話しもありましたが、これもどうかなあ…と思いますよ。

 

アジアの国々の中で接種開始が一番早かったのは中国で、そこでは中国製のワクチンが使われたわけですが、中国製のワクチンを打ちたいと思う日本人って、どのくらいいるのかなあ…と思いますし、

 

インドネシアも比較的早い時期から接種を開始していますが、ここもワクチンは中国製ですからね。そういったことと日本の状況とを比較すること自体、どうかと思います。

 

で、日本は…というと、そこそこ早いタイミングで、評判の良い(有効率が高くて副反応も少ないと言われている)ファイザーのワクチンの接種を始めたわけですからね。

 

また、ファイザーのワクチンの他にモデルナのワクチンも使っていますが、このモデルナのワクチンも、ファイザーのワクチンと同様に評判の良いものだそうで、

 

かつ、どちらも十分な量を確保できているそうなので、これが成功でなければ、何をもって成功と言うの?と思います。(どうしても失敗ということにしたい人たちが騒いでいるだけでは?)

 

あと、少し前には、菅首相はアメリカまで出向いたのに、ファイザーのCEOと電話でしか話せなかった…といったネガティブな報道もありましたが、それがあったからこそ今があると思いますけどね。

 

また、電話会談ができるように、厚生労働省や外務省は頑張って下準備をしたと思いますし、それらがうまくいったからこそ、電話会談までたどり着けたのだろうと思いますよ。

 

まあ、一番良いのは、アメリカのように政府と軍産学が一体で物事を進められることだと思いますし、自国でワクチンを作れるようになることだと思いますけどね。

 

でも、それができないのが、今の日本なんですよね。特にワクチンについては、朝日新聞などのマスコミがやった反HPVワクチンキャンペーンなどが悪く働いているような気もします。

 

今に始まった話しではないですが、状況が悪くなる原因を作っているのは、政府ではなくマスコミだと思うのだけどなあ…。

 

 

« 役職定年はつらいもの? | トップページ | 学校の勉強って社会人になってから役立つの? »

日記」カテゴリの記事