« 二年連続で自粛のゴールデンウイーク | トップページ | 本当は休業要請なんて必要ないのでは? »

2021/05/11

小池都知事も東京五輪中止を言い出しそう

緊急事態宣言が5月末まで延長されることになり、これまでと同様に総理が記者会見で謝罪し、野党やマスコミが総理の責任を追及するといった感じになっていますが、

 

こういうことを繰り返しているだけでは、何も解決しないと思いますし、それどころか、生活していけなくなる人が増えていく一方ではないかという気がしますけどね。

 

例えば、雇用調整助成金の特例措置にしても、何もしなければ来月末で終わってしまうわけですが、仮にそうなれば、その時点でかなりの失業者が出る可能性があると思うのですよ。

 

もちろん、失業者を救済する制度もあるわけですが、失業者が増えれば社会不安にもつながりますからね。ただでさえ不安のあるところに、さらに不安が加わるのは良くないと思う…。

 

なので、人流を抑制するでも、医療体制を充実させるでも、水際対策を厳しくするでも、それ以外のことでも何でもよいのですが、やるべきことは、しっかりとやったほうが良いと思いますし、

 

もっと厳しくしろとか、政府がしっかりやれと言うのであれば、日本は法治国家なのですから、それができるように法律を改正して、法的根拠に基づいた対応をしていかないとダメだろうと思います。

 

実際、これまでも政府・与党は、特措法の改正案などを国会に提出していますし、厳しくしろという声に応えて…ということだと思いますが、懲役刑や罰金を科せるような改正案にしていますからね。

 

ただ、与野党の修正協議の段階で野党が反対したので、結局、懲役刑が無くなって、罰金も(科料ではなく)過料に変わって、その金額も引き下げられた法案が成立しましたので、

 

今までと同様、「要請しますが、要請に応じなくても罰則はありません」になってしまいましたからね。

 

もちろん、行政罰がある分だけ厳しくなってはいるのですが、過料というのは、交通違反でいうところの反則金みたいなものだと思いますので、どこまで効果があるかわかりませんし、

 

空港検疫と言うのでしょうか。いわゆる水際対策と呼ばれている部分については、相変わらず緩い状態が続いているようなので、これで本当に大丈夫なのかなあ…と思います。

 

朝日新聞の記事によれば、今、水際対策でやっていることは、「14日間自宅などに待機して、スマートフォンのアプリやメールで居場所や健康状態を毎日連絡します」

 

といった内容の誓約書にサインしてもらうことだけだそうで、その結果、「入国後待機、1日最大300人が違反」といった状況になっているそうですからね。

 

 

いくら法的根拠がないからといっても、これほど緩い対応では、従わない人が出るのも当然だろうと思いますし、国内で変異株が蔓延しつつあるのも、これが原因ではないかと思いますよ。

 

罰則は無理でも、「14日間は所定の宿泊施設で待機してもらいます。宿泊費用はあたなの負担です」とか、「無料で宿泊できますが、宿泊施設に空きがない場合は入国できません」

 

くらいのハードルは用意したほうが良かったのではないかと思いますけどね。どのくらい効果があるかはわかりませんが、何もしないよりはマシだろうと思いますし…。

 

もちろん、実際にそれをやるとなったら、いろいろと大変なのだろうとは思いますけどね。どこかの宿泊施設を借り上げるにしても、それを役所でやるとなれば、

 

予算の話しからすることになるのでしょうし、それに対して融通が利かないと怒ってみたところで、役所には役所のルールがありますから、急には変えることもできないでしょうし…

 

といったことが容易に想像できるので、ふだんから不測の事態を想定して準備(法改正など)をしておかないといけないのでしょうし、実際に不測の事態が起こったときには、

 

準備した通りに(法的根拠に基づいて)淡々と事を進めないといけないのだろうと思いますが、今の日本では、そういうことをすること自体が難しくなっているのでしょう。

 

まあ、何かあると野党やマスコミが大騒ぎして、それによって政権支持率が下がったりするので、何かしようにも思いきったことができないということかもしれませんが…。

 

ただ、そうだとすると、野党やマスコミって日本のためにはならない存在ということになりますよね…というか、実際にそんな感じがしなくもないですけどね。

 

例えば、昨日の国会でも、野党が東京五輪の中止を求めて大騒ぎしていたようですし、それに対してマスコミも、野党寄りの報道をしていたようですが、

 

国会議員であれば、中止を求めるのではなくて、何とか開催できる方法はないのか…くらいのことは言ってほしいと思いますし、そうするのが国会議員の仕事ではないかと思いますけどね。

 

また、最悪なのは、「東京五輪を開催しようとする政府は怪しからん」と言っておきながら、中止になったらなったで、「政府の対応が悪いから中止になったじゃないか」とか言いだすことですよね。

 

こんな感じで、やっても文句を言い、やらなくても文句を言うといったやり方はやめてほしいなあ…と思います。それって、ただのクレーマーですので…。

 

あと、空気を読んで自分の都合の良いほうにつくというのもやめてほしいですよね。例えば小池都知事とか、あるいは小池都知事とか、もしくは小池都知事とか…。

 

何となくですが、今のままいくと、小池都知事も東京五輪の中止を言い出すのではないかな…という気がします。

 

« 二年連続で自粛のゴールデンウイーク | トップページ | 本当は休業要請なんて必要ないのでは? »

日記」カテゴリの記事