« 誰であろうが合理的な配慮は必要 | トップページ | 三度目の正直…とはならないだろうなあ »

2021/04/19

教育を受けるチャンスは活かしたほうが良いと思う

ネットのニュースサイトに、不登校YouTuberが話題になっているという記事が出ていたので読んでみたのですが、どうなのかなあ…というか、不登校YouTuberという括り自体が微妙だよなあ…という気がしました。

 

不登校YouTuberというくらいですから、何かしらの事情で学校には行っていないのでしょうけど、不登校YouTuberという括りを作ってしまうと、不登校はウリになると勘違いしてしまう人が出てきそうですからね。

 

それに、今回話題になっていた人はまだ中学一年生で、義務教育の時点で不登校ということですからね。当然、それを批判する人も出てくるでしょうし、実際にそうなったからこそ話題になったと思うのですが、

 

これって、「義務教育なのに学校に行かない」というブランディング?で騒ぎにするという、ある種の炎上マーケティングのような気がしますし、そうであれば、この少年にとってあまり良いことではないような気がします…

 

と、批判ばかりするのも申し訳ないので、YouTubeでこの少年の動画をいくつか見てみたのですが、何となくではありますが、不登校YouTuberというブランディングでやっているような印象は感じましたね。

 

まあ、動画の中の少年は活発で、「人生は冒険」と言うくらい前向きなので、見ていて不快感を感じるようなことはなかったですし、動画の中で語っていることも、ちょっと屁理屈かなあ…と思うところはあったものの、

 

このくらいの年齢であれば、こういうことは言うだろうな…ということを語っているだけで、おかしなことを言っていたわけでもなく、話しによっては、確かにそうだよなあ…と思えることもありましたけどね。

 

例えば、少年は動画の中で、

 

「学校に行ってみんなと同じことをするのはロボットみたいで嫌だ」

 

といった発言をしていたのですが、こういったことは、誰でも一回くらいは口にすると思いますし、口に出さないまでも、そう感じることくらいはあるでしょうし…。

 

また、

 

「学校に行く良さ=友だちができるみたいな感じの話しは、昭和のおっちゃんの考え方」

 

「今は時代が違う。ネットで知り合って、実際に会ってみて友だちになることもある」

 

「学校に行ったら友だちができるという話しは、学校に行って友だちができた人の話し。学校に行っても友だちができなかった人もいる」

 

「学校の良いところばかり話す人がいるけど、学校に行っても良いことがなかったという人もいるし、そういう子の気持ちが考えてあげる必要がある」

 

といったことも語っていましたけど、このあたりの話しについては、確かにそうだよなあ…と感じる方もいらっしゃるでしょうし、そう感じないまでも、否定するような話しとまでは思わないと思うのですよね。

 

で、この少年が行きついた先は、「不登校の自由」ということだったのでしょう。それをベースにして、

 

「自分が良かったと思うことが、どの子にとっても良いこととは限らないのだから、みんな自由にしたらいい」

 

「そのときにやりたいってことを全力でやっていけばいい」

 

「みんなに学校に行くなとは言うつもりはない。行きたい子は行けばいいし、行きたくない子は行かなくてもいいと思っている」

 

といったことを主張していました。(主張するだけでなく、実際に行動していますが…)

 

 

でも、どうなんでしょうか。

 

この少年が、大人びた考え方をする少年なのか、大人が語ったことを素直に受け取って語る少年なのか、どちらなのかなあという気はしますが、どちらにしても、周囲の大人に利用されているような気がするのですけどね。

 

それに、勉強はどうしているの?という素朴な疑問も感じます…。

 

ネットに出ていた話しからすると、塾などに通っているわけではなく、自宅でお父さんが教えているらしいのですが、フリースクールとか通信制の学校に通って勉強したほうが良いのではないかなあ…と思うのですよ。

 

義務教育だからといって、公立の学校に通う必要はないと思うのですが、親が教えるだけでは、子どもに教育を受けさせる義務を果たしているとは言えないような気がするのですけどね。

 

もちろん、他人事と言えば他人事ですので、本人たちが望まないということなら仕方がないですし、本人たちにしてみても、「外野は黙っていろ」という話しだとは思うので、無理強いはできないですが…。

 

でも、義務教育=教育を受ける機会(チャンス)でもあるわけですからね。

 

義務教育も受けていない。学校にも行っていないというのは、そういったチャンスを自ら放棄してしまっているようにも感じますし、自分たちがその道を選択したという意味では自己責任なのですが、

 

世の中をみても、あのときに学校に行っておけば良かった…といった話しはわりと耳にしますが、あのときに学校に行っておかなくて良かった…といった話しは聞いたことがないですからね。

 

今のまま少年時代を過ごして、将来、それで困るようなことにならないのかなあ…とか、実際に困ったらどうするのかなあ…と思いますよ。

 

もちろん、自分も昭和生まれなので、こういう考え方自体が昭和の古い考え方だと言われてしまう可能性もあるわけですが、この先、学歴偏重が是正されることはあっても、学歴不要にはならないと思います。

 

学歴はないけど成功した…みたいな人はいますけど、それって例外中の例外だと思いますし、誰もが同じようにできるわけではない以上、この先も、学歴は問われ続けると思うのだけどなあ…。

 

世の中にある学歴不問という求人だって、うちは間口を広げて採用していますというだけで、よほどのことがない限り、学歴の高い人から採用しているでしょうからね。

 

実際、多少でも条件の良いところに就職しようと思ったら、最低でも高卒以上は要求されますので、自由にしたらいい…とは言っても、学校には行っておいたほうが良いと思いますよ。

 

学校に行きながら自由にやりたいことをすればいいと思いますし、なぜそれではダメなのかなあと思います。

 

一人でお金を稼ぐのは結構大変ですから、多くの人が会社…というか、組織に所属してお金を稼いでいると思いますが、その組織に入るためにも、学歴があったほうが有利だと思いますけどね。

 

なので、教育を受けるチャンスは、最大限活かしたほうが良いと思うのだけどなあ…。特に義務教育については…。

 

« 誰であろうが合理的な配慮は必要 | トップページ | 三度目の正直…とはならないだろうなあ »

日記」カテゴリの記事