« また増え始めているようですが… | トップページ | 迷惑系ユーチューバーが逮捕されたらしい… »

2020/07/14

根源とか由来と言うのであれば…

このところ蒸し暑い日が多いですよね。新しい生活様式ということでマスクを着用するようになったので、余計に蒸し暑さを感じているということもあるとは思いますが、それにしても蒸し暑いです。

 

でも、いくら新しい生活様式とは言っても、こんな蒸し暑い中でマスクを着用していたら、気をつけていないと熱中症になってしまいますよね。

 

電車やバスに乗っているときや、お店の中にいるときなどは冷房があるので良いと思いますが、外を歩いているときのマスク着用は、さすがに危ないと思います。

 

厚生労働省も、マスク着用時の熱中症のリスクについては案内をしているようですが、周囲の人との距離が保てるようであれば、マスクは外したほうが良いのだろうと思います。

 

自分も、例えば電車を使うときであれば、駅に入るときにマスクを着用して、駅を出たところでマスクを外すなど、外にいるときには、なるべくマスクを外すようにしています。

 

感染予防も大事ですが、それ以外のことで具合が悪くなっても仕方がないですし、特に熱中症の場合は、命の危険もありますからね。

 

もちろん、いつマスク警察に検挙されても良いように、すぐにマスクを着用できるように準備していますし、できるだけ人の少ないところを歩くようにもしていますけどね。

 

また、他人とすれ違うときにも、なるべく相手に近づかないようにしています。例えば、車が通っていなければ反対側の歩道に渡るとか、それができない場合には、歩道ではなく車道の端を歩くようにしたりとか…。

 

東京にもいろいろな人がいるので、つまらないトラブルに巻き込まれないようにするための工夫でもありますけどね。(ごく稀ではありますが、因縁をつけてくるような人もいるので…)

 

また、マスクを着用していない人に対して警戒感を持つ方もいらっしゃると思うので、そういった方への配慮ということもあります。(他人の気分を害するようなことは、できるだけ避けたいですし…)

 

でも、本当に面倒くさい世の中になりましたよね。

 

マスクの着用もそうですけど、例えばソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保ということで、お店の中にいる人が多いと、お店の外で待たされるとか…。(待たされている場所が密だったりするのですが…)

 

あるいは、床屋さんに行っても、店員さんと世間話しができないとか…。

 

もちろん、床屋さんは髪の毛を切るために行くところなので、それが済めばよいと言えばその通りなのですが、床屋談義のない床屋さんというのもなあ…と思うのですよ。

 

あと、これは一部の方たちに限った話しであってほしいのですが、東京に対する警戒感というか、不信感みたいなものを持っている方もいらっしゃるようで、東京で暮らしている自分としては、それも気になっています。

 

例えば、兵庫県知事が対策会議で「諸悪の根源は東京」と発言したとか、Twitterで「# 東京差別」というハッシュタグがトレンド入りしたとか、いろいろな話しがあるみたいですからね。

 

まあ、確かに東京の数字は悪いので、そういった空気になってしまうのは仕方がないのかもしれませんが…。

 

でも、「諸悪の根源」という言葉は、ちょっと言い過ぎではないかな…と思いますよ。(後で発言を取り消したみたいですが…)

 

もちろん、東京から帰省した人が…とか、東京に出張した人が…といった話しがあるのは事実ですし、そういったことがあるからこそ、東京由来といった言葉も使われているわけですけどね。

 

でも、根源とか由来と言うのであれば、まず最初に、お隣の国に対して言うべきではないのかな…と思います。

 

東京都が公表している患者のデータを見ればわかりますが、東京で最初に感染が確認された人は、湖北省武漢の方ですし、都内在住の感染者が確認されたのは、それから2週間くらい経ってからなので…。

 

まあ、政府の責任は追及しても、お隣の国の責任には触れないというのが日本のマスコミなので、こういった話しはすぐに忘れられてしまうのだと思いますが、本来であれば、忘れてはいけない話しだと思いますけどね…

 

と、東京暮らしの自分が言っても、説得力はないかもしれませんが…。

 

ただ、東京で暮らしている人たちが、何の対策もしていないということではないので、何でもかんでも「東京」と一括りにして言うのは良くないと思いますよ。

 

これから Go To Travel キャンペーンも始まるので、あまり東京、東京と騒ぐと、東京の人が遠慮したり、東京の人が敬遠されたりして、キャンペーンの効果が出ないと思うのですけどね。

 

もちろん、キャンペーン自体を始めても良いのか…という話しもあるので、多くの人が利用するようにはならないのかもしれませんが、少なくとも、使いたい人が遠慮なく使えるような空気は必要だと思います。

 

 

« また増え始めているようですが… | トップページ | 迷惑系ユーチューバーが逮捕されたらしい… »

日記」カテゴリの記事