« NHKの受信料を合法的に払わない方法? | トップページ | また増え始めているようですが… »

2020/07/06

2020東京都知事選挙の結果について

東京都知事選挙は、予想通り現職の圧勝でしたね。

 

■ 2020東京都知事選挙の結果 (敬称略)

小池 百合子  3,661,371 票

宇都宮 健児   844,151

山本 太郎    657,277

小野 泰輔    612,530

桜井 誠     178,784

立花 孝志     43,912

七海 ひろこ    22,003

後藤 輝樹     21,997

澤 紫臣      20,738

西本 誠      11,887

込山 洋      10,935

平塚 正幸     8,997

服部 修      5,453

齊藤 健一郎    5,114

市川 浩司     4,760

内藤 久遠     4,145

関口 安弘     4,097

竹本 秀之     3,997

石井 均      3,356

長澤 育弘     2,955

押越 清悦     2,708

牛尾 和恵     1,510

※ 票数は2020東京都知事選挙の特設サイトから引用

 

選挙速報などは見ていませんでしたが、これだけ票数に差があるということは、投票時間が終わる20時になったと同時に当選確実が出たのではないでしょうか。

 

どの選挙でもそうらしいですが、期日前投票の状況や投票日当日の出口調査、各陣営への取材などから、かなり正確な当選予想が出されているようですからね。

 

ただ、個人的には、思っていたよりも小池さんの票が伸びなかったなあ…という気がしています…

 

というのも、前回の都知事選では、

 

小池 百合子  2,912,628 票

増田 寛也   1,793,453

鳥越 俊太郎  1,346,103

 

といった結果でしたので、今回は、小池票(約291万票)+増田票(約179万票)の合計約470万票を小池さんが取るのではないかと思っていたのですよね。

 

でも、結果はそれよりも100万票以上も少ない約366万票でしたので、そう感じたわけです。

 

まあ、小池さん自身も、最初から勝てると見込んでいたのか、街頭演説などはやらなかったようなので、そうした中で獲得した約366万票は、すごい数値だと思いますけどね。

 

また、対立候補の宇都宮さんと山本さんのお二人についても、それほど票が伸びなかったなあ…という気がしています。

 

宇都宮票+山本票は約150万票で、前回の鳥越票(134万票)とあまり変わっていませんからね。

 

個人的には、昨年の参議院議員選挙のときに「れいわ旋風」とまで言われた山本さんが、もう少し票を伸ばすのではないかと思っていたのですが、有権者が熱しやすく冷めやすいのか、あるいは旋風自体が偽物だったのか…。

 

まあ、いづれにしても、これらが東京都民の民意ということなのでしょう。

 

ただ、気になるのは、その民意とマスコミの報道との間に開きがあることですね。

 

有力候補扱いされていた候補者よりも多くの票を獲得した泡沫候補扱いの候補者が、まったく報道されていないので…。

 

具体的には、桜井誠さんという候補者のことですが、この方は、前回の都知事選にも出馬していて、そのときは約11万票を獲得していました。

 

そして、桜井誠さんは今回の都知事選にも出馬して、結果は約18万票だったのですよね。

 

この票数は、有力候補扱いだった立花孝志さんの票数(約4万票)の4倍以上の票数なのですが、それだけ票を獲得しても報道されないというのは、さすがにおかしい…。

 

こういったことも、マスコミの偏向報道の一つではないかな…と思うのですが、どうでしょう?

 

桜井誠さんという候補者が、今回初めて都知事選に出馬したというならわかりますけどね。知らなかったものは仕方がない…。

 

でも、前回の都知事選にも出馬していて、そのときすでに10万票を超える票を獲得していたわけですから、少なくとも、こんな候補者がいたなんて気づきませんでした…という話しではないです。

 

にも拘わらず、それを報道しないということは、かなり意図的だと思いますし、さすがに良くないと思うけどなあ…

 

 

ということで、東京都知事選挙に話しに戻りますが、選挙の結果という、もっとも尊重すべきであろう民意ではあるものの、本当に小池さんで良かったのかなあ…と思います。

 

何しろ、前回の都知事選でも、「7つのゼロ」を公約に掲げて当選したものの、結果は「実現ゼロ」でしたからね。

 

それに、わかったようでわからないカタカナ語も何とかしてほしいですよ。

 

前回も、「都民ファースト(都民第一)」から始まって、

 

アウフヘーベン(いいとこ取り)

アンシャン・レジーム(古い体制)

サスティナブル(続けている)

ステークホルダー(利害関係者)

ビジネス・アズ・ユージュアル(いつも通りの仕事)

ホイッスル・ブロワ―(内部告発者)

ワイズ・スベンディング(賢いやりくり)

 

といった感じで続いて、最後は「東京アラート」で終わりましたが、これらのうち、わかりやすかったのは、都民ファーストと東京アラートくらいではないかと思います。

 

(これ以外にも、ネクスト・ユニコーンという言葉を使ったという話しもあるらしいですが…)

 

ちなみに、今回の小池さんの選挙公約だった東京大改革2.0にも、「グレーター東京」(大東京圏)というカタカナ語があるのですよね。

 

これなどは、ふつうに「首都圏」で良いと思うのですが…。

 

また、このグレーター東京では、地方分権・広域連携・規制緩和といったことを推進するそうなのですが、前回のように、「実現ゼロ」にならなければ良いな…と思います。

 

あと、東京オリンピックに関連して出てきた「かぶる傘」のような突拍子もない話しも、どうかと思いますね。

 

20200706
※ 都知事の定例会見映像から引用「かぶる傘」

 

まあ、今は東京オリンピックが開催できるかどうかもわからないわけですが、開催となったら、本当に「かぶる傘」を使うのだろうか…

 

といったことを考えると、小池さんで大丈夫なのかな…と思ってしまうわけです。

 

■ 追記

 

今回、都知事選挙と同時に都議会議員の補欠選挙が行われましたが、補欠選挙のほうに出馬した女性が使用した選挙ポスターが話題になっていましたね。

 

候補者はアベノマスクブラだと言っていましたが、そのポスターには、マスクで作ったブラジャー姿の女性候補者の写真が使われていて、当然のことながら、怪しからんという話しになったわけです。

 

まあ、自分も半裸の女性が選挙ポスターでは…と思いますが、2015年の区議会議員選挙の時には、半裸の男性が選挙ポスターになっていたので、今後も似たようなことは起こるのかもしれませんね。

 

今はもう、自分のようなおじさんにはついていけない社会なんだな…と思う今日この頃ですよ。

 

 

« NHKの受信料を合法的に払わない方法? | トップページ | また増え始めているようですが… »

選挙」カテゴリの記事