« 次の都知事選は現職の圧勝かな… | トップページ | 持続化給付金の入札は出来レースだったと思う »

2020/06/13

日本も気をつけたほうが良いのではないかな…

アメリカのフォックス・ニュースに、「シアトルの抗議者が市役所を襲撃」という記事が出ていたので読んでみました。(英語の記事なので翻訳ソフトを使いましたけど…)

 

この記事によると、「数百人の抗議者がシアトルの市庁舎を襲撃し、周辺のエリアを占領して『キャピトルヒル自治区』を宣言した」といったことが起こっているようですね。

 

日本では、

 

「アメリカのデモの大部分は平和的に行われていて、破壊や放火、略奪を行うような暴徒はごく一部」

 

「トランプ大統領は、そんな状況なのに軍隊を派遣すると言い、人々を分断しようとしている」

(正確には「警察や州兵で対応できなければ軍隊を派遣する」ですが…)

 

といった感じで、あたかもトランプ大統領が悪いかのように伝える報道が多いように感じますが、フォックス・ニュースの記事からすると、実際は違うのではないだろうか…と感じます。

 

たとえ「ごく一部」であっても、社会秩序を乱すようなことは良くないですし、ましてや、公共機関を襲撃するなんて、あってはならないことですからね。

 

それに、公共機関が襲撃されて周辺のエリアが占領されたということは、少なくともそのエリアでは警察が機能していないということだと思いますので、

 

それからすれば、「そんな状況になったら軍隊を派遣する」と早い時期から発言していたトランプ大統領のほうが正しかったのではないかと思います。

 

また、それと前後して、トランプ大統領が「ANTIFAはテロ組織」と発言したのも、今回のデモにANTIFAが組織的に関わっているといった情報があったからではないでしょうか?

 

何となくですが、トランプ大統領は、フォックス・ニュースに出ていたシアトルでの出来事のようなことが起こることを想定していたような気がしなくもないですね…

 

ということで、日本も気をつけたほうが良いのではないかな…と思っています。

 

例えば、つい最近には、(ANTIFA絡みという噂のある)デモの参加者が東京の渋谷警察署の敷地内に不正に侵入して逮捕されるという事件があったそうですからね。

 

また、渋谷警察署と東京入国管理局に対して、ANTIFAの関係者を名乗る人物から脅迫状が届いた…といった報道もあるようですし…。(これにより東京入管は窓口業務を中止したようです)

 

まあ、この手の脅迫状は、脅すだけで実際は何もしない…というものがほとんどだとは思うのですが、実際にその通りのことをしてくるような事例もないわけではありませんからね。

 

用心するに越したことはないと思います。

 

ちなみに、参加者が逮捕されたというこのデモは、渋谷警察署の警察官から職務質問を受けたクルド人男性が、警察官から不当な暴力を受けて怪我をした…といった話しが発端のデモです…

 

が、これもおかしな話しなのですよね。

 

 

ネットに出ている話しでは、「何もしていないクルド人男性が警察官から職務質問を受け、その際に暴力を受けて怪我をした」「これは外国人差別だから警察官を辞めさせろ」ということらしいのですが、

 

日本人とか外国人とかに関係なく、何もしていなくても職務質問を受けることはありますからね。(そもそも、職務質問とはそういうものだろうと思います)

 

もちろん、何もしていないのに職務質問をされるのは不快だとか、職務質問は任意なのだから断わっても構わないだろう…といった話しはあると思いますよ。

 

でも、職務質問によって治安が守られているという現実もあるわけですし、任意だから協力しないというのも、それはそれでどうかと思います。

 

ましてや、クルド人にとって日本は他国ですからね。他国で警察官に呼び止められたら、ふつうは従うだろうに…と思うのが日本人の感覚ではないかと思いますけどね。

 

それに、偶然にもその様子が撮影されてネットに公開されているというのも、あまりにも都合が良すぎる話しではないかと…。

 

まあ、最近は、スマートフォンで簡単に動画が撮影できる時代ですから、たまたま通りかかった人が撮影した…というだけかもしれませんが…。

 

また、自分がその動画を見た限りでは、クルド人男性が主張しているような「首をつかまれて力づくで押さえつけられて全治一か月の怪我をした」というほどの暴力的な行為は映っていないのですよ。

 

確かに、警察官がクルド人男性を制止している状態を映した動画ではありましたけどね。

 

でも、警察官は「逃げたからだろ」と言い、クルド人男性は「何もしていない」と繰り返しているだけの映像だったので、これだけを見て不当とか違法とかは言えないと思いました。

 

警察官だって暇ではないでしょうし、ましてや今は、ちょっと何かあっただけで差別だとか言われるわけですからね。

 

警察官にしてみれば、「自分たちも好きで職務質問をしているわけじゃない」だと思いますし、どちらかと言えば、「仕事だから仕方なくやっている」ではないのかな…。

 

まあ、あくまでも映像を見た印象ではありますが、「何か感じるところがあって職務質問をしたら逃げ出したので制止した」が事の真相のような気がしますけどね。

 

ちなみに、このデモには立憲民主党の国会議員が参加していたそうです。また、デモに参加した方とは違う方ですが、同じく立憲民主党の国会議員が、この件で警察に問合せをしているようですね。

 

そして、このデモにはANTIFAが関係しているという噂話しがあると…。

 

Antifa-1

 

そしてネットには、こんな「つぶやき」もありますので、たまたまデモに参加していた…とか、たまたま関心があって警察に問い合わせた…ということではないような気がするのだけどなあ…。

 

まあ、あくまでも個人の感想ですので、実際のところはわかりませんけどね。

 

でも、「喜んでANTIFAと呼ばれたい」などと宣言するこの方も立憲民主党の国会議員なので、本当に何も関係がないのだろうか…と思うのですよ。

 

Antifa-2

 

それにANTIFAは、この方が言うような差別反対運動なのですかね。個人的には、暴力行為によって社会を混乱させるテロ集団としか思えないのだけどなあ…。

 

 

« 次の都知事選は現職の圧勝かな… | トップページ | 持続化給付金の入札は出来レースだったと思う »

日記」カテゴリの記事