« 特に仕事もないので早めの冬休みにしよう? | トップページ | 次の衆議院議員総選挙は令和2年1月26日? »

2019/12/05

皇居東御苑で一般公開中の大嘗宮を見学しました

12月8日(日)までの間、皇居で大嘗宮の一般参観が行われているということでしたので、3日(火)に見学してきました。この日はたまたま代休だったのですよね。

 

ただ、平日にもかかわらず多くの人で混雑していたため、12時少し前に皇居に着いたものの、大嘗宮を見学して皇居を出たのは14時過ぎになってしまいました。

 

たぶん、曜日や時間帯にもよると思うのですが、2時間くらいはかかると思っておいたほうが間違いないと思います。

 

でも、見学できてよかったかな…と思います。こういったものを直接目にする機会なんて滅多にないわけですし、お天気にも恵まれましたし…

 

ということで、当日撮影した写真を何枚か紹介します。

 

Daijokyu01
皇居に入るための行列に並ぶことに…

 

大嘗宮の一般参観の入場口は、 安全確保のため…ということで、坂下門の一か所だけなのですよね。

 

自分はJR東京駅から皇居に向かったのですが、東京駅から一番近い桔梗門(内桜田門)からは入ることができませんでした。

 

また、この写真の少し先(坂下門に入る手前)で、警察官による手荷物検査とセキュリティチェック(ハンディタイプの金属探知機による検査)を受けました。

 

Daijokyu02
ようやく坂下門に到着

 

手荷物検査とセキュリティチェックが終わり、坂下門の手前まで進んだところです。奥に見えるのが坂下門ですが、そこから皇居に入ると、目の前に宮内庁の庁舎が見えます。

 

この庁舎の前で、大嘗宮を見学する列と、乾通りの紅葉を見学する列(その後に大嘗宮を見学できる列)の二手に分かれるのですが、自分は後者を選択しました。

 

Daijokyu03
紅葉を見るには少し早い?

 

例年ですと、今くらいの時期が紅葉を見るにはちょうど良いらしいのですが、今年は紅葉が遅いのでしょうか。もう一週間くらいあとのほうが良いのかなあ…という気がしました。

 

Daijokyu04
大嘗宮の裏手に進む

 

紅葉を見て帰る人は出口にあたる乾門に向かうのですが、大嘗宮も見学するという人は、乾門の手前で右手に曲がり、皇居東御苑に進みます。

 

 

また、皇居東御苑に入って少し進むと大嘗宮の裏手に出るのですが、ここからが大変なのですよね。大嘗宮の正面まで進むのに1時間以上かかりました。

 

Daijokyu05
遠くから大嘗宮を撮影

 

大嘗宮の裏手から大嘗宮の正面まで進むには、かなり遠回りをすることになります。

 

また、途中から、乾通りの紅葉を見ずに大嘗宮だけを見学する人の列と合流するので、なかなか前に進むことができません。

 

途中で大嘗宮の見学を断念した人のために、出口に向かう通路が2か所用意されていましたよ。

 

Daijokyu06
いよいよ大嘗宮の正面へ

 

この時点で、皇居に入ってから90分くらい経っていますね。周囲にいた皆さんも、少し疲れた表情でした。

 

Daijokyu07
大嘗宮の正面です

 

写真の中央に見えるのが、ヤチダモの丸太を鳥居形に組んだ「神門」です。

 

皆さん写真撮影に忙しいのか、なかなか前に進めません。警備の警察官の方も「止まらずに進んでください」と繰り返していましたね。

 

ただ、言葉は「止まらずに進んでください」だったのですが、口調は「いいから早く進んでよ」といった感じで、ちょっとだけ笑ってしまいましたが…。

 

周囲にいた人たちからも、「おまわりさんも大変だねえ」といった声が聞こえました。(本当に大変だと思います)

 

Daijokyu08
神門に近づく

 

ようやく神門の手前まで進めました。この写真は、東西南北にある4つの神門のうちの南神門です。

 

Daijokyu09
南神門

 

できれば、あと少し左側に寄って撮りたかったのですけど、そこまでする余裕がありませんでした。

 

Daijokyu10
2時間かかって見学終了

 

大嘗宮の裏手に出て見学終了です。一番近い出口は北桔橋門(きたはねばしもん)ということでしたので、そこから皇居の外に出ました。

 

北桔橋門を出て右手に進み、毎日新聞社の前を通って道沿いに進むと、その先が大手門方面で、そのあたりで左に曲がると東京駅付近に出られるのですよね。

 

 

 

さて、大嘗宮の一般参観はこんな感じでしたが、11月14日と15日の両日に大嘗宮で行われた大嘗祭は、皇室の長い伝統を受け継いだ皇位継承に伴う一世に一度の重要な儀式なのですよね。

 

今回、そういった儀式の舞台となった大嘗宮を見学することができて、本当に良かったと思います。

 

世の中には、皇室に対して否定的な方もいらっしゃるようですが、自分は、こういった伝統が受け継がれていく日本であってほしいと思います。

 

■ 追記

 

日経新聞の記事によると、一般公開中の大嘗宮の来場者数が、12月3日で累計約49万8千人になり、平成期の約44万人を上回ったそうです。最終的には、何人くらいになるのでしょうね。

 

« 特に仕事もないので早めの冬休みにしよう? | トップページ | 次の衆議院議員総選挙は令和2年1月26日? »

散歩」カテゴリの記事