« 令和2年(2020年)カレンダーと西暦・和暦・干支・年齢早見表(一覧表) | トップページ | 過去最強クラスの令和元年台風19号で災害救助法適用 »

2019/10/11

過去最強クラスの台風19号(ハギビス)が日本列島に上陸?

今週末はまた台風ですね。今回の台風19号(ハギビス)は、非常に強い勢力を維持したまま、12日(土)の午後に東海地方か関東地方に上陸するようです。

 

マスメディアも「過去最強クラスの台風」といった表現をしていますが、気象庁も9日(水)の時点で注意を呼び掛けていますので、前回の台風15号のときと同様に警戒したほうが良さそうですね。

 

自分も、昨日のうちに家の外にあるものを片付けましたよ。まあ、家の外にあるものといっても、物干し竿と鉢植えくらいですけど…。

 

でも、そんなものでも風で飛ばされて人に当たったりしたら大変ですので、用心するに越したことはないですよね。

 

ちなみに、今回の台風は「大型で猛烈な台風」と呼ばれたり、あるいは「大型で非常に強い台風」と呼ばれたりしていますが、このあたりの表現は、どのように決められているのだろう…

 

と思って調べてみたところ、その時々の台風の「強風域の半径」と「最大風速」をもとに決められているようですね。

 

気象庁によると、以下のような階級分けになっているそうです。

 

◆ 台風の大きさの階級分け

 

強風域(風速15m/s以上の風が吹ているか、または、吹く可能性がある範囲)の半径が基準になっているそうです。

 

大 型 … 500km以上 ~ 800km未満

超大型 … 800km以上

 

(半径800kmは北海道から九州までが入るくらいの大きさですね)

 

◆ 台風の強さの階級分け

 

最大風速(10分間の平均値)が基準になっているそうです。

 

強   い … 33m/s以上 ~ 44m/s未満

非常に強い … 44m/s以上 ~ 54m/s未満

猛 烈 な … 54m/s以上

 

(風速が20m/s以上になると転倒する危険があるらしいですね)

 

◆ その他

 

・強風域の半径が500km未満の場合には大きさを表現しない

・最大風速が33m/s未満の場合には強さを表現しない

・大型は「大きい」と表現する場合もある

・超大型は「非常に大きい」と表現する場合もある

 

ちなみに、以上のような階級分けが使われるようになったのは、平成12年(2000年)6月1日からだそうで、それ以前は、以下のような階級分けだったそうですよ。

 

◆ (旧)台風の大きさの階級分け

 

ごく小さい … 200km未満

小   型 … 200km以上 ~ 300km未満

中   型 … 300km以上 ~ 500km未満

大   型 … 500km以上 ~ 800km未満

超 大 型 … 800km以上

 

◆ (旧)台風の強さの階級分け

 

弱   い … 17.2m/s ~ 24.5m/s

並 の 強 さ… 24.6m/s ~ 32.6m/s

強   い … 32.7m/s ~ 43.7m/s

非常に強い … 43.7m/s ~ 54.0m/s

猛 烈 な … 54.0m/s ~

 

そういえば、昔は「小型で弱い台風〇〇号」とか、「中型で並の強さの台風〇〇号」みたいな表現もありましたよね。

 

ただ、「小型」や「弱い」といった表現ですと、それを聞いて危険性を過小評価する人がいるかもしれない…ということで、現在のような階級分けに変更したようです。

 

でも、現在の「台風の強さの階級分け」と比べると、以前のものには小数点以下の数字があって、ちょっと中途半端な感じがしますよね?

 

(台風の定義も「熱帯低気圧で最大風速が17.2m/s以上のもの」となっていて、ここでも17.2m/sという中途半端な数字が使われています)

 

こういう中途半端なものをみると、ちょっと気になる…

 

ということで少し調べてみたのですが、もともとは「m/s」という速さの単位ではなく、「knot」(ノット)という速さの単位を使っていたようで、knotをm/sに変換したことで、中途半端な数字になったみたいです。

 

例えば、以前使われていた「(旧)台風の強さの階級分け」で「弱い」となる「17.2m/s~24.5m/s」をknotで表現すると、「34~47knot」となるみたいですね。

 

まあ、「34~47」という数字も小数点以下がないというだけで中途半端な数字ではありますけど…。

 

ただ、この数字には、「ビューフォート風力階級表」(風の強さを分類するための風速の尺度)という根拠があるようで、風力階級の「8」が「34~40knot」。同じく風力階級の「9」が「41~47knot」ということです。

 

・風力階級8 … 疾強風。小枝が折れる。風に向かって歩けない。

・風力階級9 … 大強風。屋根瓦が飛ぶ。人家に被害が出始める。

 

で、これをknotからm/sにすると、「17.2〜20.7m/s」「20.8〜24.4m/s」になるというわけですね。

 

 

◆ 追記 (knot → m/s の計算)

 

・1ノットは時速1海里

・1海里は1,852m(地球の緯度1度の長さ)

・1時間は3,600秒

 

なので、

 

1,852m × 34knot ÷ 3,600s ≒ 17.5m/s

 

ということかあ…。う~ん、計算が合わない…。

 

17.2m/s × 3,600s ÷ 1,852m ≒ 33.4knot

 

だから、34knotは「33.5~34.4knot」(四捨五入すると34knot)ということなのかなあ…。

 

1,852m × 33.5knot ÷ 3,600s ≒ 17.2m/s

 

で、これだと計算が合いますからね。

 

« 令和2年(2020年)カレンダーと西暦・和暦・干支・年齢早見表(一覧表) | トップページ | 過去最強クラスの令和元年台風19号で災害救助法適用 »

日記」カテゴリの記事