« 自分のメンツが最優先の韓国、相手のメンツも考慮する日本 | トップページ | 令和2年(2020年)カレンダーと西暦・和暦・干支・年齢早見表(一覧表) »

2019/10/06

世間ではよくある話し?それとも関西特有の事情?

このところ、関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役(故人)から多額の金品を受領していた問題が話題になっているようですね。

 

朝日新聞の記事の中に、この問題の相関図があったので見てみたのですが、それによると、

 

元助役(故人)が顧問や相談役に就いていた会社に対して、関西電力が3年間で約113億円の工事を発注していた。

 

元助役(故人)は、関西電力から工事を受注していた会社の一つから、約3億円の裏金を受け取っていた。

 

関西電力の役員らは、元助役(故人)から約3.2億円相当の金品を受領していた。

 

といったことが行われていたようです。

 

(「約3億円を受け取って約3.2億円を渡した」という部分については、計算が合わないので少し気になりますけどね)

 

ただ、他の記事を見ると、この相関図には無いお金の流れもあるという話しなので、それが事実だとすれば、この相関図よりも多くの金品が動いていたのだろうと思います。

 

(例えば、関西電力の役員らは、元助役からだけではなく、元助役が顧問を務めていた企業からも直接金品を受け取っていた…といった話しもあるようです)

 

20191005
※ 相関図は朝日新聞の記事から引用

 

また、これらの話しからすれば、今回の話しは、関西電力の役員らが工事の発注先の企業からキックバックを得ていた…ということで良いのだろうと思います。

 

そして、キックバックをしていた企業は、関西電力からの仕事がどんどん増えていった…といった世間ではよくある話し?なのではないかな…。

 

ただ、一介の…と言ったら失礼ですが、町の助役が関西電力の子会社を含む複数の企業の顧問や相談役に就任していて、しかも数億円ものお金を動かしていた…というのは、あまりにも不自然ではないかな…

 

といったことが気になったので、さらに他の記事も見てみると、「(関電の役員らは)過去から続く元助役の影におびえてきた」 「家にダンプを突っ込ませる(と恫喝された)」といった物騒な話しもあったみたいですね。

 

例えば、産経新聞の記事によると、関西電力の役員らが記者会見で、

 

「受け取りたくはなかったが、大きな影響力を持つ人物の機嫌を損なってはいけないと思い、悩みながら受け取っていた」

 

「さまざまな叱責や罵倒に加え、詳細は差し控えるが、家族にまで危険を及ぼすことを示唆されることもあった」

 

「受領した金品を返そうと努力しても、再度金品が送られてくるといった特異な状況もあった」

 

といった話しをしていた…ということです。

 

 

この話しからすると、表向きはキックバックの話しではあるものの、それだけでは語れない特殊な事情もあった…ということなのでしょうね。

 

恐らく、この問題の背景には、マスメディアが絶対に触れない(触れられない?)ような話しがあるのでしょう…というよりも、この問題の核心が、そういった話しなのではないかな…と思います。

 

また、仮に想像通りの話しだとすれば、今後も関西電力の口から詳細が語られることは無いでしょうね。マスメディアが今回の件の核心に触れられないのと同様、関西電力も核心には触れられないと思う…

 

ということで、今は騒いでいるマスメディアも、この先はだんだんとトーンダウンしていくような気がしますね。そして、何事も無かったように終わると思います。

 

まあ、仮に騒ぎが続くようなことがあるとすれば、与党絡みの話しが出てきて、そこで盛り上がったときくらいではないかな…。そういった話しであれば、マスメディアとしても、この問題の核心に触れなくて済みますし…。

 

例えば、元助役が顧問や相談役をしていた企業が自民党の有力議員に献金していたとか、そういう話しでも出てくれば、マスメディアもモリカケのときのように騒ぎ出すのではないかと思いますね。

 

原発マネーが与党議員に還元されていた…とか言いそう…。

 

また、そうなれば野党も黙っていないでしょう。関電国会だとか言いながら、連日、国会でこの問題を追及するのではないでしょうか…。今の野党にできることと言えば、そんなことくらいではないかと思いますし…。

 

しかしまあ、今でもこういう話し…というか、ここまでの話しってあるのですね。(関西特有の事情でもあるのだろうか…)

 

自分は、子どものころに学校で「橋のない川」という映画を見せられたり、「〇〇地名総鑑」といった話しを聞いて育ってきた世代なので、こういった話しがあること自体を知らないわけではないですけど…。

 

でも、さすがに今回の話しには驚きましたよ。

 

確か、関西電力も「〇〇地名総鑑」の話しのときに企業名が出ていたと思いますが、もしかしたら、その頃から今に至るまで、ずっとズブズブの関係だったのかなあ…。

 

まあ、「〇〇地名総鑑」の話しに出てきた企業は関西電力だけではないので、残りの企業を調べてみれば、こういった話しの全容がわかるとは思いますけどね。

 

野党も与党ばかり攻めていないで、こういった問題について追及していけば良いと思う…。

 

 

« 自分のメンツが最優先の韓国、相手のメンツも考慮する日本 | トップページ | 令和2年(2020年)カレンダーと西暦・和暦・干支・年齢早見表(一覧表) »

日記」カテゴリの記事