« アメリカまで怒らせたことで自滅への道を歩み始めた韓国 | トップページ | 週刊誌の「韓国なんて要らない」特集に相次ぐ批判 »

2019/09/04

歳をとったと感じるのはどんなとき? (加齢や老化を実感するとき)

昼休みに同世代の同僚と世間話しをしたのですが、途中から「どんなときに歳をとったと感じたか」といった話しになったのですよね。違った言い方をすると、老いを実感したのはいつか…といった感じの話しです。

 

でも、この話しが出たとき、お互いに50歳を過ぎて十分に老いを実感しているところで改めて話すようなことなのかな…と思いましたよ。そういう話しをすることで、余計に老いを実感することになるんじゃないかとか…。

 

ただ、昼休みのような短い時間にする他愛無い世間話しに対して、そういう言い方で返すのもどうかと思ったので、結局、昼休みが終わるまでその話しをすることになったのですけどね…

 

ということで、どんな話しが出たかというと、だいたい以下のような感じの話しでした。

 

     *

 

・体力が落ちた

 

体力のピークは、男性が高校生くらいで女性で中学生くらいという話しもありますからね。体力の低下については、男女ともに20歳を過ぎたあたりから少しずつ実感することではないかな…と思います。

 

よく、翌日になっても疲れがとれなくなった…といった話しがありますが、これも体力の低下が原因ですよね?

 

・脂っぽいものを食べると胃がもたれるようになった

 

これは、老いによる生理機能の低下ということだろうと思います。まあ、個人差はあると思いますが、自分の場合は30代後半くらいからだったかな…。

 

脂っぽいものは食べたくない…ということではなくて、食べる量を加減しないといけないな…と感じ始めたのがそのくらいでした。

 

そして今は、肉よりは魚かな…といった感じですね。まあ、肉も食べますけど、どちらか選択できるようなときには魚を選択することが多くなりました。

 

・お腹周りが気になり始めた

 

いわゆる「中年太り」ですね。食べる量が変わらなくても、代謝の機能が低下している(太りやすくなっている)ので、結果的に太ってしまうわけです。

 

・健康診断の数値が悪くなった

 

特に中年太りの状態になると顕著ではないかと思います。自分の場合は、40代半ばから少しずつ悪くなった…といった感じですね。数値が悪くなっていく…というよりは、引っかかる項目数が増えていくといった感じかな…。

 

・老眼になった

 

加齢による目の調節機能の低下ですね。早い人は40代に入ってすぐ…といった感じではないかと思います。自分は40代半ばくらいのときに遠近両用眼鏡にしましたよ。

 

眼鏡屋さんに、「目の調節機能が低下しきらないうちに、遠近両用メガネに慣れておいたほうが良いです」みたいなことを言われて作りました。

 

・髪の毛が気になりだした(白髪になった・髪が薄くなった)

 

これも個人差があると思いますが、白髪になる人もいれば髪が薄くなる人もいる…といった感じだろうと思います。(当然、変わらない人もいる…)

 

子どものころ、「抜け始めてわかる、髪は長い友達」というテレビコマーシャルがあったのですが、まさか自分もそう感じるようになるとは…といった感じですよ。

 

・休日は家にいることが多くなった

 

平日の疲れが取れないから…というのが一番大きな理由かな…と思いますね。子どもがいる人であれば、子どもが大きくなって一緒に出かけることが少なくなった…といった理由もありそうですが…。

 

・記憶力が落ちた

 

加齢によって低下するのは認知機能で、記憶力の低下は加齢が原因ではない…という意見もあるようですが、実際のところはどうなのでしょうね。

 

その意見によれば、度忘れの回数は大人も子どもも変わりなく、単に大人が記憶力の低下を気にしているだけ…ということのようなのですが…。

 

でも、個人的には、年齢とともに人の名前が覚えられなくなったと思っているのですけどね。これも気のせいなのかな?

 

     *

 

といった感じですね。まあ、総じて「年齢とともに体力が落ちました」といった当たり前の話しではないかと思います。

 

また、体力以外の話しとしては、以下のような話しがありました。

 

・変化よりも安定を望むようになった

 

何となくですが、これが一番の大きな変化ではないかな…と思いますね。もちろん、変化についていけなくなった…というのもありますが、そもそも変化自体を望んでいない…。

 

でもなあ、これは良くないことだろうと思います。仕事をするようになって間もないころに、当時の上司から「変化を拒絶することは成長を拒絶すること」みたいな話しをされたことがあったのですよね。

 

当時の上司の話しが事実であれば、その時点で「成長できない」ということですからね。まあ、それ以前に、この年齢から成長できるのか…という話しもありますが…。

 

ただ、いくつになってもそういう気持ちは持ち続けているほうが良いと思うのですよ。そういう気持ちがないと、社会に対する興味も無くなってしまうような気がします。

 

そして、そうなったときが本当の意味での老いなのではないかと思うのですよね。

 

 

« アメリカまで怒らせたことで自滅への道を歩み始めた韓国 | トップページ | 週刊誌の「韓国なんて要らない」特集に相次ぐ批判 »

中高年」カテゴリの記事