2020/08/04

一進一退というか迷走中というか…

東京も梅雨明けしましたが、聞こえてくる話しは相変わらずですよね。

 

国と都道府県で足並みが揃っていないところで医師会が危機感を表明し、マスコミが不安を煽るようなことばかりするので、どんどんと悪い状況に向かっているような気がします。

 

国も、これからは Go To キャンペーンで経済を動かすと言ったわけですから、十分に対策をした上で進めていったほうが良いと思うのですけどね。

 

・リスクの高い方は自粛する

・リスクの高い方への接触も自粛する

・医療機関の負担軽減のために無症状者と軽症者は自宅療養する

・飛沫感染が起こりやすいこと(接待やカラオケなど)はしない

・三密を避けるために時差出勤や在宅勤務をする

 

といったことではダメなのだろうかと思いますよ。

 

もちろん、リスクの高い方の中には、いわゆる弱者と呼ばれる方たちもいて、そういった方たちに負担を強いて良いのかという話しもあるとは思います。

 

また、無症状者は自宅待機と言っても、病院から抜け出して入浴施設に行くような人もいますからね。それで感染が防げるのかという話しもあるとは思います。

 

でも、そういったことがあるから全員で自粛というのは、あまり良くないと思うのですよね。こんな状態が続いたら、個人のお店の半分くらいは無くなってしまうかもしれませんので…。

 

そして、実際にそうなってしまったら、失業者が増えて余計に経済が悪化してしまうと思いますし、一度悪化してしまったものは、なかなか元には戻らないと思うのですよ。

 

なので、そうなる前に何とかしたほうが良いのではないかな…と思うのですけどね。

 

命は大事というのは間違いないですが、命を守る医療にもお金が必要ですし、失業しても生活保護があるから大丈夫と言っても、それだってそう簡単には受給できないと思いますよ。

 

一時期、生活保護の不正受給が問題になったことがありましたが、そういったことが影響して、今は昔にくらべて審査が厳しくなっているはずですので、窓口に行けばすぐに何とかなるということは無いと思います。

 

また、感染した人への過度な批判も良くないですよね。

 

例えば、最近でいえば岩手県の例がそうだと思いますが、感染者への誹謗・中傷もそうですが、感染者の勤務先へのクレームなどは、さすがにやり過ぎではないかと思います。

 

また、少し前ですと、クラスターを出した病院に対する過度な批判なども、良くなかったと思いますね。(この時は、テレビのワイドショーでの女性作家の発言が問題になっていましたが…)

 

最近、医療関係者が危機感を強めている…といった話しも出始めているようですが、何かあったら批判されるかも…という心理状態も、危機感が高まる原因の一つではないかと思います。

 

自分の勤め先でも、最初の頃は「感染しないように注意してください」だったのが、今は「絶対に感染してくれるな」ですからね。正直に言って、プレッシャーですよ。

 

まあ、万が一があっても、村八分みたいなことにはならないとは思いますけどね。でも、退職するまでずっと言われそうな気はします。小さい会社って、そういうところがありますからね。

 

あと、毎年お盆に帰省している同僚がいるのですが、今年は帰省しないと言っていました。

 

同僚にしてみれば、万が一自分が感染していたら、高齢の両親に感染してしまうかもしれない…ということのようですが、両親は両親で、帰省してほしくないと思っているらしいです。

 

同僚の話しでは、近所の目を気にしている…とのことでしたが…。

 

東京から帰ってきた人間がいる…という話しも嫌らしいですし、万が一のことが起こると、近所付き合いにも影響が出る…といったことも嫌だという話しです。

 

まあ、そういった気持ちはわからなくもないですよね。同じ顔ぶれで長く暮らしていると、自然とそうなってしまうのだろうと思いますし、実際にそうなんでしょう…

 

といった流行り病関連の話しですが、この先はどうなるのでしょうね。やはり、ワクチンが完成するまでは、ずっとこんな感じなのかなあ…。

 

でも、仮にそうだとすると先は長そうですよね。ワクチンを待っている間に経済がダメになってしまいそうな気がする…。

 

自分も失業するかもしれないなあ…。

 

あと、最近の報道で驚いたことがあるのですが、日経新聞が『首相「アベノマスク」せず』という見出しの記事を出していたのですよね。

 

記事の内容は、「国が配布したマスクをずっと使っていた安倍首相が、違うマスクをしていた」というだけの話しなのですが、これ、いちいち記事にするような話しなのでしょうか。

 

この記事を見たときは、経済専門でやっている日経新聞ですらこんな感じなのかあ…と思いましたよ。こういう記事は、東スポのテリトリーだとばかり思っていましたし…。(東スポに失礼かな?)

 

また、これ以外では、中国から頼んでもいない植物の種子が国内の住所宛に届いているという話しと、韓国の土下座像?の話しが気になりました。

 

ネットの話しでは、Amazonなどの通販サイトで中国製品を買ったことがある方に植物の種子が届いているのではないか…ということでしたが、詳細はわからないようです。

 

ただ、防疫ということを考えると、好ましい状況ではないと思いますね。

 

農林水産省も、開封せずに植物防疫所に連絡してほしいと案内しているそうですが、中には、地面に種子をまいてしまった方もいらっしゃるような気がします。

 

また、韓国の土下座像もねえ…。ネットに出ていた話しによると、土下座像のモデルは安倍首相とのことですが、よくこういうことが思いつくものだなあ…と思いましたよ。

 

韓国の方は、銅像が好きなのですかね?

 

 

«布マスクは大切に保管しておいたほうが良いと思う