辰巳天井は本当なのか?

相場の格言に次のようなものがあります。

「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ。戌は笑い、亥固まる、子は繁栄、丑はつまずき、寅千里を走り、卯は跳ねる。」

この格言は本当でしょうか。株式相場で見てみようと思います。

 

Nikkei_2

このグラフは、1984年(子)から2011年(卯)までの各年の日経平均の終値をグラフにしたものです。

 

最初の辰巳(赤い矢印)は1989年と1990年で、バブル景気の頃ですね。日経平均が最高値になったときですので「辰巳天井」と言えると思います。その後の「午尻下がり」と「未辛抱」も、その通りではないでしょうか。

「申酉騒ぐ」は、申が最高値の後の最初の底(一番底)で、酉も申と同じくらいの株価という感じですので、まあその通りかなと思えます。

「戌は笑い」も、申酉の下値から少し上がっているという点では、多少笑顔が戻ったかもしれませんね。「亥固まる」も、戌は笑いで多少上げた株価が維持されていますので、値が固まると意味で受け取って良いかもしれません。

「子は繁栄」については、格言とは違う状況ですね。「丑はつまずき」は、最高値から二番目の底(二番底)に向かっているところですので、格言通り。「寅千里を走り」は、丑で下げた値が「卯は跳ねる」に向かって値を上げ始めるところと考えると、さほどずれていないかなという印象です。

こうしてみると、1988年から1999年までは、「子は繁栄」を除いて格言通りかなという感じがしますね。

 

次の辰巳(緑の矢印)は2000年と2001年で、天井とまでは言えませんが、「午尻下がり」の手前の高値ではありますね。「未辛抱」は、その通りかなという気がします。「申酉騒ぐ」はどうでしょう…。酉で持ち直した株価に騒いだ人もいるかもしれませんね。

その後の「戌は笑い」「亥固まる」はその通りかなと思えますが、ここでも「子は繁栄」していませんね。「丑はつまずき」は、ここで躓いたというよりも、子から躓いたままという感じがします。2011年の卯も災害があったこともあって跳ねていませんね。

 

これらをどう捉えるかは人それぞれだと思いますが、干支という循環論的な考え方と、相場のサイクル論との間に、何か通じるものがあるかもしれないと思うのは、人情なのかもしれませんね。

 

ということで、干支と日経平均株価の関係をまとめてみました。

 

  子   丑   寅   卯   辰   巳   午   未   申   酉   戌   亥
 ------:------:------:------:------:------:------:------:------:------:------:------
         -7.3  62.9 118.4  4.2  -5.8  19.5  29.0 -13.6  40.5  31.3
  55.1  5.6  -0.8 -13.8  -0.7  16.5  2.4 -11.6  33.6  37.6 -15.8  36.6
  91.9 -17.3 -11.4  14.2  14.5  -2.5  23.4  9.5  8.3  7.9  4.4  23.4
  16.7  13.6  42.6  15.3  39.9  29.0 -38.7  -3.6 -26.4  2.9  13.2  0.7
  -2.6 -21.2  -9.3  36.8 -27.2 -23.5 -18.6  24.5  7.6  40.2  6.9 -11.1
  -42.1  19.0  -3.0 -17.3

※ 数値の単位はパーセントで、「今年の終値÷前年の終値-1」で求めています。
※ 1950年(寅)から2011年(卯)までのデータです。

 

以下は、同じデータを西暦年の下一桁を基準にして表にしたものです。

 

  ???0  ???1  ???2  ???3  ???4  ???5  ???6  ???7  ???8  ???9
 ------:------:------:------:------:------:------:------:------:------
  -7.3  62.9 118.4  4.2  -5.8  19.5  29.0 -13.6  40.5  31.3
  55.1  5.6  -0.8 -13.8  -0.7  16.5  2.4 -11.6  33.6  37.6
  -15.8  36.6  91.9 -17.3 -11.4  14.2  14.5  -2.5  23.4  9.5
   8.3  7.9  4.4  23.4  16.7  13.6  42.6  15.3  39.9  29.0
  -38.7  -3.6 -26.4  2.9  13.2  0.7  -2.6 -21.2  -9.3  36.8
  -27.2 -23.5 -18.6  24.5  7.6  40.2  6.9 -11.1 -42.1  19.0
  -3.0 -17.3

 

 

 

無料ブログはココログ