北の丸公園 田安門前 - 高燈篭(たかどうろう)

北の丸公園 田安門前 高燈篭

東京北の丸公園の田安門前に立つ高燈篭(たかどうろう)。1871年(明治4年)に東京招魂社(現在の靖国神社)正面の常夜灯として建設されました。招魂社に祭られた霊のために建てられたと言われています。

正式名は高燈篭ですが、常燈明台や常燈灯台と呼ばれることもあるようです。建設当時、高燈篭のある九段坂上からは、筑波山や房州の山々まで見渡すことができたそうです。

そのため、この高燈篭は、品川沖を行き交う船の灯台としての役目も果たしていたとのこと。1930年(昭和5年)に行われた道路の改修工事に伴い、靖国神社前から現在の場所に移転したそうです。

 

 

 

無料ブログはココログ