古き良き昭和という時代の象徴 - 東京タワー

古き良き昭和という時代の象徴-東京タワー

1958年(昭和33年)に日本で最初の電波塔として開業した東京タワー。全長333メートルというこのタワーは、スカイツリーが登場するまで、自立式鉄塔としては日本最高峰でした。

オレンジ色と白色を組み合わせた外観と美しいシルエットは、日本経済の発展のシンボルとして。また、古き良き昭和という時代の象徴として人々に愛され続けてきました。

 

 

 

無料ブログはココログ