« アベノミクスのせいで手取りが減っている? | トップページ | 日本人には理解できない韓国人にとっての真正性 »

2019/07/10

もしかして特別扱いしてもらうのが当然だと思っている?

このところ話題になっている「韓国に対する半導体材料の輸出規制」についてですが、マスメディアの報道ばかりではなく、たまには役所の発表も見ないとダメですね。(この話しに限ったことではないですが…)

 

経済産業省のサイトに、「大韓民国向け輸出管理の運用の見直しについて」というタイトルのお知らせが出ていたのを見つけて見てみたのですが、マスメディアの報道よりも、こちらのほうがわかりやすかったです。

 

また、そのお知らせによると、今回の日本政府の措置は、

 

・大韓民国に関する輸出管理上のカテゴリーの見直し

・特定品目の包括輸出許可から個別輸出許可への切り替え

 

の二つで、具体的には、

 

・韓国をホワイト国から除外する手続きに入った

・(韓国がホワイト国のままでも)輸出管理を行える新たな制度を作った

 

ということのようですね。

 

この経済産業省のお知らせを見る前までは、「日本は韓国をホワイト国から除くことで、韓国に対して輸出規制を行えるようにした」とばかり思っていたのですが、これは間違いだったようです。

 

また、経済産業省のお知らせで注目すべき点は、「大韓民国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案が発生した」という記述があることですね。

 

この「不適切な事案」が、具体的に何を指しているのかまでは書かれていませんが、国の役所がここまで書くということは、決定的な何かがあったのだろうと思います。

 

(いったい韓国は何をしたのだろう…)

 

ちなみに、ネット上には、韓国がイランから原油を輸入する見返りとして日本から輸入したフッ化水素をイランに渡し、イランはそれを使ってウランを濃縮していたらしい…という噂話しが出ていますね。

 

まあ、いつもの通り、これが本当の話しなのかどうかすらわからないわけですが、この噂話しと前後して、安倍首相がイランを訪問していることなどを考えると、あながち嘘とも言い切れないような気はしますが…

 

といった感じの「半導体材料の輸出規制」の話しですが、読売新聞の記事によると、今回規制された半導体材料というのは、

 

・半導体の洗浄に使う「フッ化水素」

・スマートフォンのディスプレイに使われる「フッ化ポリイミド」

・半導体の基板に塗る感光剤の「レジスト」

 

の3品目だそうで、日本が世界で70~90%のシェアを持っているものだそうですね。

 

また、サムスングループなどの韓国企業は、これらの材料のほぼ全量を日本から調達しているらしく、それが止まってしまうと経営的に厳しい状態になってしまうこともあり、韓国では今回の措置に対する批判の声が広がっているそうです。

 

 

でも、今回の日本政府の措置は、あくまでも

 

・韓国に関する輸出管理上のカテゴリーの見直し

・特定品目を包括輸出許可制度の対象から外して個別に輸出許可申請を求める

 

ということで、「規制した」というよりは、「優遇措置を解除した」(特別扱いをやめた)という話しなのですけどね。

 

まあ、経済産業省が「不適切な事案」があったと公言しているので、最終的には「禁輸」ということになるのかもしれませんし、韓国は韓国で、思い当たるところがあるのかもしれませんが、これを批判するのはどうかと思います。

 

ただ、日本人には理解できないところと言いますか、韓国人の不思議なところと言いますか、日本人と韓国人とは、根本的な部分で相容れないところがあるのも事実ではないかと思います。

 

これまでの韓国に対する優遇措置、あるいは韓国への特別扱い…と、表現はいろいろだと思いますが、これらを一言で言えば、今まで日本は韓国に対して「親切にしてきた」ということだと思うのですよね。

 

そして、日本人の感覚からすれば、その親切が無くなったからといって文句を言うのはおかしい…という話しだと思います。もちろん、今までの親切に感謝しろと言う話しでもないですが…。

 

でも、韓国人にとっては、この日本人の感覚こそがおかしいということなのではないかな…と思うのですよ。だから、特別扱いをやめると言っただけで批判の声が出てくるのだと思います。

 

何となくですが、韓国の人たちは、「日本は韓国に親切にするのが当たり前」と考えているような気がしますね。(もう少しストレートな表現をすると、「日本の親切につけこんでいる」(他人の親切につけこんでいる)と思う)

 

まあ、今までそれを許してきた日本の側にも問題はあると思いますが…。

 

ただ、少なくとも日本にとっては、今回のような話しになって良かったのではないかと思います。日本人には理解しがたい考え方をしている人たちとの関係を見直す良い機会になったと思いますので…。

 

何かあるたびに…というか、二言目には歴史問題の話しになるあたりは、正直に言って鬱陶しいだけですからね。(最近の若い人の言葉ですと、「鬱陶しい」ではなくて「うざい」かな?)

 

 

« アベノミクスのせいで手取りが減っている? | トップページ | 日本人には理解できない韓国人にとっての真正性 »

日記」カテゴリの記事