« 番号で注文するべきか、銘柄で注文するのもありか… | トップページ | 人工知能(AI)が犯罪を予測する時代が来る? »

2019/06/15

50代の手習い?休日にスマートフォンでフリック入力の練習

今日の東京は雨でしたね。

 

運動不足にならないように、休みの日にはできるだけ外を歩くようにしているのですが、さすがに雨の中を歩くのはなあ…ということで、今日は一日、家の中でのんびりしていました。

 

まあ、のんびり…とは言っても、ぼーっとしたまま一日が終わるのはさすがにもったいないよなあ…ということで、コーヒーを淹れて本を読んだり、少しだけですが、片付けや掃除をしたり…といったことはしましたけどね。

 

あと、それらの合間に、スマートフォンで文字を入力する練習もしました。

 

スマートフォンで文字を入力する方法には、以前からあった携帯電話(ガラケー)と同じように入力する「ケータイ入力」という方法や、それに似た「フリック入力」という方法などがあるのですが、今日練習したのは「フリック入力」です。

 

自分は今までずっと「ケータイ入力」だったのですよね…というか、つい最近までスマートフォンを使っていなかったので「ケータイ入力」以外の選択肢がありませんでした。

 

また、恥ずかしながら?「フリック入力」という方法があることも知らなかった…。

 

でも、使っていた携帯電話も古くなり、そろそろ機種変更しないと…となってスマートフォンを使うようになり、スマートフォンを使うようになって職場の同僚とスマートフォンの話しをし始め…といった感じで「フリック入力」を知りました。

 

で、同僚いわく、「慣れるとケータイ入力よりフリック入力のほうが楽だよ」ということだったので、それじゃあチャレンジしてみようか…となったわけですね。

 

ちなみに、ケータイ入力とフリック入力とでは何が違うのかというと、例えば「こんにちは」と入力する場合、ケータイ入力ですと、

 

こ … [か][か][か][か][か] ([か]のボタンを5回押す)

ん … [わ][わ][わ]     ([わ]のボタンを3回押す)

に … [な][な]       ([な]のボタンを2回押す)

ち … [た][た]       ([た]のボタンを2回押す)

は … [は]         ([は]のボタンを1回押す)

 

といった感じで、5文字入力するのに、合計で13回もボタンを押すことになりますが、

 

これがフリック入力ですと、

 

こ … [か]↓ (キーボードの[か]にタッチして下に擦る)

ん … [わ]↑ (キーボードの[わ]にタッチして上に擦る)

に … [な]← (キーボードの[な]にタッチして左に擦る)

ち … [た]← (キーボードの[た]にタッチして左に擦る)

は … [は]  (キーボードの[は]にタッチ)

 

といった感じで、スマートフォンの画面を「擦る」という動作が必要にはなるものの、5文字入力するのに、合計で5回だけキーに触れれば済むのですよね。

 

 

昔ながらの携帯電話では、物理的なボタンを使って文字を入力するので、そもそも「画面を擦る」といった操作自体が無いわけですが、スマートフォンですと、画面に表示されたボタンを使って文字を入力するので、「画面を擦る」という方法が使われるようになったのでしょう。

 

また、その結果、文字を入力する際のボタン操作の回数を減らすことができたわけです。職場の同僚が言うように、「慣れたら楽だよ」となったのですね。

 

ただ、50歳を過ぎてから新しいことをするのは難しい…。

 

恐らく、年齢とともに新しいことに慣れるまでにかかる時間が長くなるからでしょうね。新しいことに慣れるのが大変だから、慣れた方法を変える気持ちにならない。その結果、新しいことに挑戦してみようという気持ちも失せる。

 

そして、新しいことに挑戦しなくなることで、新しいことに慣れるまでの時間がさらに長くなってしまう…といった感じですかね?

 

もしかしたら、こういったことが「歳を取る」ということなのかもしれません…

 

ということで、そうならないようにする意味もあって、フリック入力にチャレンジしてみようと思ったわけです。

 

で、実際にフリック入力に挑戦してみてわかったのは、以下のような操作を覚えれば、まあ何とかなるかな…ということですね。

 

■ フリック入力の基本操作 (自分が使っている機種の場合)

 

母音が「あ」の文字 … ボタンにタッチ

母音が「い」の文字 … ボタンにタッチして左に擦る

母音が「う」の文字 … ボタンにタッチして上に擦る

母音が「え」の文字 … ボタンにタッチして右に擦る

母音が「お」の文字 … ボタンにタッチして下に擦る

 

文字の「を」を入力 … [わ]← ([わ]にタッチして左に擦る)

文字の「ん」を入力 … [わ]↑ ([わ]にタッチして上に擦る)

長音符「-」を入力 … [わ]→ ([わ]にタッチして右に擦る)

文字の「~」を入力 … [わ]↓ ([わ]にタッチして下に擦る)

 

読点 「、」を入力 … [#]  ([#]にタッチ)

句点 「。」を入力 … [#]← ([#]にタッチして左に擦る)

疑問符「?」を入力 … [#]↑ ([#]にタッチして上に擦る)

 

文字を小文字にする … 文字を入力した後に[*]にタッチ

半濁音「゜」を入力 … 文字を入力して[*]→ ([*]にタッチして右に擦る)

濁音 「゛」を入力 … 文字を入力して[*]← ([*]にタッチして左に擦る)

 

※ [#]は一番右下のキー。[*]は一番左下のキー。

 

とりあえず、これだけ覚えておけば何とかなりそうです。あとは、慣れるまでの時間がどのくらいかかるのか…ですね。まあ、急ぐ必要もないので、のんびりやろうと思います。手先を使うことなので、ボケ防止にもなりそうだし…。

 

 

« 番号で注文するべきか、銘柄で注文するのもありか… | トップページ | 人工知能(AI)が犯罪を予測する時代が来る? »

中高年」カテゴリの記事