« 平成の終わりに平成という時代を振り返ってみる… | トップページ | 住宅ローンは80歳まで組めるらしいのだけど… »

2019/05/02

平成の時代から令和の時代へ…寂しいような嬉しいような…

平成の時代が終わり、令和の時代が始まりましたね。

 

30日、1日と、政府インターネットテレビのサイトなどで一連の儀式(退位礼正殿の儀、剣璽等承継の儀、即位後朝見の儀)が配信されていましたので視聴しましたが、静寂と緊張の中で行われた厳粛な儀式の素晴らしさに感動しました。

 

また、それと同時に、平成という一つの時代が終わることの寂しさや、令和という新しい時代が始まることへの嬉しさも感じました。

 

寂しさを感じたのは、一つの時代が終わったから…というわけではなく、天皇陛下が自らの意志で譲位されるというお姿を拝見したことや、国民との最後の対話とも言うべきお言葉を拝聴したからですね。

 

また、儀式が終わった際、ご退場される天皇陛下が立ち止まり、振り返られて一礼されたお姿を拝見したことも、そう感じた理由の一つです。

 

常に国民の象徴とはどうあるべきかをお考えになり、国民との対話を意識されてきた陛下にとっては、ごく自然な振る舞いであったのかもしれませんが、陛下のお人柄がよく表れていた場面だったと思います。

 

そして、これ以外にも寂しさを感じた理由があります。

 

自分は昭和の時代に生まれ、平成の時代が始まるとともに就職し、人生の中心ともいうべき時間を平成という時代の中で過ごしてきましたので、そういう時代が過ぎ去っていくのは、やはり寂しいものなのですよね。

 

ただ、その一方で、令和という新しい時代を迎えられたことや、新たな天皇陛下のお姿を拝見し、お言葉を拝聴できたことには、嬉しさを感じました。

 

また、それと同時に、人生の後半を新しい時代の中で過ごせることについても、嬉しさを感じています。特に根拠があるわけではないのですが、新しい時代の始まりとともに、何か良いことが起こりそうな気がするので…

 

といった平成の時代から令和の時代への移り変わりですが、一部に、皇室に対する否定的な意見や、元号廃止論のようなものがあるのは、少しばかり残念ですね。

 

 

以前から、急進的なマスメディアや進歩的文化人と言われている人たちが、何かにつけて天皇に関わることを否定していますが、皇室や元号に対する否定的な意見は、そういった人たちの言葉に誘導されたものなのかなあ…。

 

でも、皇室や元号というものは、日本の歴史の中に長く根付いてきたものですからね。関心がないとか、わかりづらい…といった感覚や、天皇制などという造語を使いたがる人たちの価値観で無くしてしまうのは良くないと思います。

 

今後、今回の出来事をきっかけとして、いろいろな議論がなされるのだろうと思いますが、一部のマスメディアや文化人たちが、議論を変な方向に持って行かなければ良いな…と思っています。

 

特に、情報操作や心理操作で世論を誘導しようとする朝日新聞の主張には要注意だと思いますね。30日の社説でも、もっともらしいことは書いていますが、少し読むと、朝日新聞の魂胆が見え隠れしているのがよくわかりますし…。

 

また、毎日新聞も似たり寄ったりかな…。例えば、29日の社説の中で皇位継承に係る一連の儀式について触れていますが、これなども、毎日新聞の偏狭な政治的価値観でしかないと思います。

 

そもそも、皇位継承の儀式というのは、日本の長い歴史の中で繰り返されてきたもので、日本人の文化の一つになっているものですからね。一言で言えば、文化遺産ですよ。

 

また、古来から続いてきた儀式ですから、当然その中には原始宗教の価値観も含まれているわけですが、こうしたことについて、「憲法の政教分離原則」だとか「今日の常識」などと言って否定しようとするのが毎日新聞なので…。

 

いくら日本には言論の自由があるとはいえ、新聞のようなメディアが、こうした論調で一方的に報じるのはどうかと思いますね…

 

といったことを考えると、皇統の存続に影響を与えるようなことについては、もう少し詳細に皇室典範に規定しておいたほうが良いのかもしれないな…と思います。

 

もう随分前の話しになりますが、国旗・国歌で揉めていたときのように、つまらない話しが延々と続いてしまうくらいなら、法律に規定しておいたほうが間違いないと思いますし…。

 

また、今回のような皇位継承についても、特例法ではなく、皇室典範に規定しておいたほうが良いのではないかな…。

 

一定の条件のもとで譲位が可能となっているほうが、国民にとっても、時代の転換をより前向きに迎えることができて良いと思うのですよね。

 

« 平成の終わりに平成という時代を振り返ってみる… | トップページ | 住宅ローンは80歳まで組めるらしいのだけど… »

日記」カテゴリの記事