« 米朝首脳会談決裂の原因は分江地区の地下高濃縮ウラン施設 | トップページ | よく「馬鹿も休み休み言え」と言うけれど… »

2019/03/12

東日本大震災から8年、今もなお5万2千人が避難生活

東日本大震災から8年が経ちましたね。朝日新聞の記事によると、今もなお51,778人もの方が避難生活を続けていらっしゃる(うち約3,100人はプレハブ住宅で生活)とのことで、こうした数字を見ると、改めて被害の大きさを感じます。


現在もなお、復興庁や被災地の自治体を中心にいろいろな対策が実施されてはいますが、その復興庁も、あと2年で廃止される予定(復興期間は10年と定められている)ですので、それまでの間に少しでも復興が進むと良いですよね。


■ 避難者の内訳


・岩手県 … 1,028人
・宮城県 … 4,196人
・福島県 … 32,631人


ただ、避難者の内訳をみると、津波の被害が大きかった宮城県と、原発事故が起こった福島県の避難者が多いことがわかります。


これは、津波被害が甚大だった地域の復興が遅れていることや、原発事故による避難指示が解除されていない地域が残っているためと思われますが、そうした点について、残り2年でどのくらいの対策が可能なのかは不透明ですよね。


特に福島第一原発の廃炉作業は、100万トンを超えると言われている汚染水の処理や、原子炉内部のデブリ(溶融した核燃料が冷えて固まったもの)の処理といった課題を抱えていますので…。


これらの課題は、作業自体が困難ということもありますが、対応費用が高額であるという問題もありますので、そう簡単には解決しないと思います。


同じく朝日新聞の記事ですが、民間シンクタンクの試算によれば、経済産業省が試算した22兆円の約4倍にあたる81兆円もの対応費用が必要になるということなので、そうした費用の問題で作業が遅れることもありそうです。


■ 福島第一原発事故の対応費用


・廃炉と汚染水の処理 … 51兆円 (8兆円)
・被災者への賠償 … 10兆円 (8兆円)
・除染作業 … 20兆円 (6兆円)


※ 民間シンクタンクの試算。括弧内は2016年の経済産業省の試算)


まあ、経済産業省の試算と民間シンクタンクの試算とでは、試算した時期も、計算の前提になる作業内容も異なりますので、単純には比較できないとは思いますけどね。



また、民間シンクタンクの試算は、やや過大に見積もりしているような気がしなくもないです。


ただ、こうした試算を見ると、トリチウム水(汚染水)は他国と同様に海洋放出し、デブリは石棺方式(取り出すのではなくコンクリートで固めてしまう)で処理するほうが良いのではないかと思いますね。


もちろん、こうした話しには地元の皆さんも反対するでしょうし、地元でなくても、原発反対が正義になっている皆さんも反対すると思いますので、そう簡単には結論を出せないとは思いますが…。


でも、確実に解決することができるのであれば時間をかけても良いとは思うのですが、そうでないということなら、どこかで見切りをつけるほうが良いと思うのですよね。


こうした話しを当事者でない自分が言うのはおかしいのですが、反対し続けるだけでは解決しないのも事実なので、違う選択肢も含めて、広く考えたほうが良いような気がします。


それと、もう一つ。最近、当事者ではない人が被害者の側に立って加害者を断罪する…といったことを見かけることが多くなったような気がするのですが、こうした行為は、物事の解決を遅らせるだけではないかと思うのですよね。


東日本大震災の話しとは大きさも性質も異なる話しですが、沖縄の基地移転問題も、東京の市場移転問題も、そうしたことが原因で揉めている(揉めていた)ような気がします。


■ 追記


昨日は仕事の関係で山手線に乗車したのですが、社内にあるモニターに、「大きな災害のときには帰宅しないでください」といった感じの広告が表示されていました。


この時期だからなのか、あるいは災害対策として定期的に表示しているのかはわかりませんが、日頃からこうしたことに関心を持っておくという意味では、良い試みではないかと思いますね。


東京は非常に人の多いところですので、そういったところで一斉に人が移動し始めると、それ自体が災害を生み出す危険もあると思います。災害時には、安全に移動できることがわかるまで動かないというのも大事なことですね。


■ 追記2


復興庁が福島の風評払拭を目的として制作したCMが、一部の民放局から放送を拒否されたようですね。


「まだ苦しんでいる人の感情に配慮した」というのが拒否の理由だそうですが、「福島の今」を伝えることや、震災から8年経った今でも残る風評や偏見の払拭に努めることが、なぜ不都合とされたのでしょう…。



« 米朝首脳会談決裂の原因は分江地区の地下高濃縮ウラン施設 | トップページ | よく「馬鹿も休み休み言え」と言うけれど… »

日記」カテゴリの記事

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30