« オリンピック2020東京大会での鉄道混雑や道路渋滞への対策は万全? | トップページ | 1919年建国派と1948年建国派の戦い?韓国はいつ建国したのか? »

2019/02/26

米軍基地移転問題…沖縄の県民投票の実態は単なる世論調査?

 

24日に沖縄県で実施された県民投票ですが、報道によると、

 

■ 「辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票」の結果

投票率 … 52.48%

賛成 … 114,933票

反対 … 434,273票

どちらでもない … 52,682票

 

といった結果だったようですね。(反対票÷全有権者×100≒38%くらいですかね?)

 

昨年に行われた沖縄県知事選挙の投票率が63.24%だったので、今回の県民投票の投票率も、それに近い数値になるのかな…と思っていましたが、そこまでは伸びなかったようです。

 

また、基地反対派の皆さんにとっては良い結果だったと思うのですが、この結果に法的拘束力はありませんし、そもそも「米軍基地に賛成・反対」といったことを聞いたわけではないですからね。少し中途半端な印象があります。

 

どうせ聞くなら、「米軍基地に賛成・反対」とか、「普天間飛行場の辺野古への移設に賛成・反対」とか、あるいは、「普天間飛行場が今の状態のままになることに賛成・反対」といったことを聞いたほうが良かったような…。

 

沖縄県の皆さんには申し訳ないですが、辺野古基地にヘリポートを増設するための「埋め立て工事に賛成・反対」と聞くのは、「沖縄県の自然保護に関心がありますか?」と聞くのと、たいして変わらないような気がしますね。

 

県民投票の少し前に、モデルさんだか女優さんだかが、「美しい海が埋められるって悲しくない?」とSNSで問いかけたことが話題になっていましたが、その問いかけに対して、「いいね」をつけるくらいの話しに思えてしまいます。

 

まあ、それがいけないという話しではないですし、自然を守ることは大切なことですから、そういう意識があるというこ自体とは良いことだとは思います。

 

でも、そこまで沖縄の自然に関心があるなら、なぜ那覇空港の埋め立て工事には反対しないのですかね?

 

沖縄では、那覇空港に滑走路を増設するために、空港の後背地に広がる大嶺海岸(一部では「奇跡的に残った自然海岸」と言われています)を埋め立てるわけですが、これには沖縄県の行政も経済界も賛成しているのですよ。

 

しかも、那覇空港は自衛隊も使用していますから、基地反対派の皆さんが言うところの「軍事基地」なわけです。那覇空港の滑走路の増設は、その軍事基地が拡大するという話しでもあるはずなのに、なぜ反対しないのですかね?

 

 

といったことを考えると、「結局のところ今回の県民投票は、米軍基地に反対する口実として自然保護を使っているだけですよね?」と言いたくなってしまいます。

 

県民投票の話しが出た当初は、宮古島市・宜野湾市・沖縄市の3市が県民投票に関する事務を行わないなどとしていましたが、これなども、そういうこともあっての話しだったのではないかな…。

 

また、そうだとすれば、今回の県民投票は「県民の意思を示すための投票」と言うよりも、「県民に対する世論調査」と言ったほうが実態に近いかもしれませんね。

 

ちなみに、この件については、各メディアも世論調査を実施しています。例えば、読売新聞の全国世論調査では、

 

■ 沖縄の米軍基地が日本の安全保障に役立っているか

・役立っている … 59%

・そうは思わない … 30%

 

■ 埋め立て工事を進める政府の方針について

・賛成 … 36%

・反対 … 47%

 

といった結果が出ていますが、辺野古についてのネガティブな報道が続いていたわりには反対が少ないです。

 

また、今回の県民投票について、基地反対派の皆さんは、

 

「基地の押しつけによって長年分断されてきたことに終止符を打ちたいという県民の意思の表れ」

「沖縄の民主主義が大きく発展する一歩になった」

 

などと主張しているようですが、そう言いたくなる気持ちはわからなくもないものの、少し大げさかな…という印象がありますね…

 

ということで、辺野古の埋め立て工事は粛々と進んでいくのでしょう。

 

■ 追記

 

今回の県民投票について、沖縄県の地元紙「沖縄タイムズ」が中国語の記事を出していますね。沖縄タイムズは日頃から中国語版も出している…というわけではなさそうなのですが、何かあったのでしょうか?

 

20190226

 

まさかとは思いますが、沖縄タイムズはお隣の国から活動資金か何かを得ているとか?

 

■ 追記2

 

テレビ番組の中で中谷さん(元防衛相)が、玉城デニー県知事が辺野古移設への反対を掲げていることに対して、「普天間の危険性を除去するにはどうしたらいいのか、知事から案を出してほしい」と述べたそうです。

 

まあ、その通りですよね。政治家であるなら、ただ反対するだけでなく、しっかりとした代案を示すべきだと思います。今の状態は、無責任ですよね。

 

 

« オリンピック2020東京大会での鉄道混雑や道路渋滞への対策は万全? | トップページ | 1919年建国派と1948年建国派の戦い?韓国はいつ建国したのか? »

日記」カテゴリの記事