« 一富士二鷹三茄子とは言うものの、どうせ見るなら楽しい初夢が良い | トップページ | 韓国海軍レーダー照射事件で「悪いのは日本」とまさかの謝罪要求 »

2019/01/04

平成最後の年のスタート … 一年の計は仕事始めにあり?

 

三が日も終わって今日が仕事始めですが、サラリーマンにとっては、仕事始めの日がその年のスタートの日…といった感じですよね。

 

よく、「一年の計は元旦にあり」と言いますが、サラリーマンの場合は、「一年の計は仕事始めにあり」ではないかと思います…ということで、今年の予定をざっと見てみますと…。

 

やはり、大きな話しとしては、2月の「日本・欧州連合経済連携協定(日欧EPA)発効」と、10月の「消費税増税」ですかね。

 

日欧EPAでは、互いに関税を撤廃し、日本は金融サービスや通信、電子商取引や運輸といったサービス市場を開放することになりますが、これによって、日本の経済にどの程度の好影響が出るのか…。

 

また、消費税増税については、かなり混乱しそうですよね。何しろ、軽減税率が2%にポイント還元が5%に2%と、制度自体が複雑な上に、キャッシュレスの話しまでありますし…。

 

この話しを最初に聞いたときには、昔やっていた清涼飲料水(FANTA?)のテレビコマーシャルを思い出しましたよ。

 

このCMは、風変りな先生の授業に困惑した学生が、清涼飲料水を飲みながら愚痴を言う…といった感じのもので、いくつかのバージョンがあったのですが、その中の一つに、「3年D組 激安先生」というCMがあったのですよね。

 

家電売り場にいる店員さんのような風体の激安先生が、

 

「イチキュッパのビデオデッキが2割引、ボーナス一括払いで5%オフ、今ならポイント還元が13%ついて、さて、いくら?」

 

といった感じで学生に問題を出すものの、結局いくらになるのかわからない…といった感じのCMでしたが、今回の軽減税率やポイント還元も、これに近いような話しでは?と思いました。

 

制度を考える立場の人たちは真剣に議論しているのでしょうし、今回の制度も、その結果なのだろうとは思いますが、もう少し使う側にやさしい制度にしたほうが良いと思いますけどね。

 

 

また、今年は皇室関係の儀式も気になるところです。2019年は、天皇陛下御在位三十年の年であり、皇太子殿下が第126代天皇に即位される年でもありますからね。

 

一般に、皇位継承は、

1. 皇位の証である三種の神器を受け継ぐ儀式(5月1日)

2. 即位した事を内外に示す即位式(10月22日)

3. 即位した天皇が即位後初めて五穀豊穣を神に感謝する新嘗祭(11月23日)

の三段階で行われると言われていますが、それぞれの儀式に注目が集まりそうです。

 

ちなみに、日程は、

 

・1月

 天皇陛下御在位三十年記念式典

 

・4月

 新元号発表

 退位礼正殿の儀

 

・5月

 剣璽等承継の儀

 即位後朝見の儀

 

・10月

 即位礼正殿の儀

 

・11月

 大嘗宮の儀

 大嘗祭

 

といった感じのようですね。

 

■ 退位礼正殿の儀(たいいれいせいでんのぎ)

第125代天皇である今上天皇の退位に伴って行われる儀式で、国事行為として皇居宮殿正殿で行われるそうです。

天皇の退位に伴う儀式が行われるのは、第119代光格天皇の「譲国の儀(じょうこくのぎ)」以来のことだそうですね。

 

■ 剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)

剣璽等承継の儀では、歴代天皇に伝わる三種の神器のうち、鏡(伊勢神宮にあるそうです)を除く剣と璽(じ=まがたま)。公務で使う天皇の印(天皇の署名がある詔書などに押される)の御璽(ぎょじ)。国の印(勲章の証書である勲記に押される)の国璽(こくじ)が新天皇に引き継がれます。

ちなみに、三種の神器については、皇室経済法が「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」と定めていて、贈与税については2017年6月に成立した天皇陛下の退位を実現する特例法で。また、相続税については相続税法によって、ともに非課税の対象となっているそうです。

 

■ 即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)

即位した天皇が日本国の内外に即位を宣明する儀式です。

 

■ 大嘗宮の儀(だいじょうきゅうのぎ)

天皇が即位後に初めて行う新嘗祭(にいなめさい)の中心的儀式です。

 

さて、今年で平成という時代も終わりですね。よく、昭和の時代を「激動の昭和」などと言いますが、では「平成は?」と聞かれたら何と答えるべきでしょう?

 

失われた20年…といったことを考えると、「空白の平成」とか、「迷走の平成」とかですかね?

 

まあ、こういう話しはもう少し後になってから出てくるのだろうと思いますが、あまり良い言葉が頭に浮かんでこないなあ…。

 

いづれにしても、5月から始まる次の時代は、明るく楽しい時代であってほしいですね。

 

それと、これはどうでもよい話しですが、新元号の発表は4月1日だそうですね。4月1日といえば、エイプリルフール。どれが本当の新元号なのか分からないくらいに、多種多様な偽元号情報が流れそう…。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ

 

 

« 一富士二鷹三茄子とは言うものの、どうせ見るなら楽しい初夢が良い | トップページ | 韓国海軍レーダー照射事件で「悪いのは日本」とまさかの謝罪要求 »

「仕事」カテゴリの記事

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

その他