« 韓国は単なる隣国?それとも敵国? 外交青書の変遷でみる日韓関係 | トップページ | 人前では政治や宗教の話しをしないほうが良い »

2018/12/25

マスコミ各社の社会部長が選んだ2018年の十大ニュース第1位は?

 

先日、新聞之新聞社が主催する「社会部長が選ぶ今年の十大ニュース」が発表されましたが、やはり…というべきか、第一位は「森友問題で財務省が公文書改ざん、佐川氏ら幹部大量処分」でした。

 

また、同じ財務省絡みの出来事として、「セクハラ問題で財務次官辞任」が第十位に入っていましたが、これらからすると、マスコミの中では、今も「モリ・カケ」「打倒安倍政権」ということなのかもしれません。

 

しかしまあ、セクハラ問題で役人が辞めたことが十大ニュースとは…。選ぶほうも選ぶほうだと思いますね。

 

これを十大ニュースにするくらいであれば、同じ中央官庁絡みの「文部科学省汚職事件」を十大ニュースに選んだほうが良かったのではないかと思いますよ。

 

でも、この「文部科学省汚職事件」は、十大ニュースどころか番外にも入っていません。恐らく、マスコミの忖度でしょうね。この件については、野党の国会議員が関係しているという噂話しがありましたので、触れたくないのでしょう。

 

まあ、その結果、「与党を叩いて野党は守る」という非常にわかりやすいランキングにはなったようですが…。でも、こんなことばかりしていたら、メディアとしての信用は失うと思います…というか、もう失ってるかな…。

 

何しろ、ここ数年間のマスコミ報道は異常でしたからね。東京都知事選挙に市場移転問題に都議会議員選挙。そして森友問題に加計問題と、どれもで偏った報道ばかりが目立っていたと思います。

 

これでマスコミを信用してくださいと言われても…といった感じがします。

 

そうそう、「働き方改革関連法案(裁量労働制)」や「入管難民法改正案」。いわゆる「徴用工裁判の確定判決」なども、十大ニュースどころか番外にも入っていませんでした。どれも重要な出来事だったと思いますが…。

 

 

さて、「社会部長が選ぶ今年の十大ニュース」の話しはこのくらいにして、改めて今年一年を振り返ってみますと、様々な出来事が頭に浮かんできますよね。

 

■ 災害・異常気象

 

先日発表された「今年の漢字」も災害の「災」の字でしたが、今年は、「島根県西部地震」「大阪府北部地震」「北海道胆振東部地震」に「西日本豪雨災害」と、災いの多い一年でした。

 

また、今年は非常に暑い夏でしたよね。「観測史上最高気温(41.1℃)を記録」という出来事もありましたが、こうしたことも、ある意味では災害なのかもしれません。

 

■ 事件

 

今年は衝撃的な事件も多かったように感じますね。その中でも、「大口病院連続点滴中毒死事件」や「福岡IT講師殺害事件」。「河瀬駅前交番警察官射殺事件」(若い巡査が先輩の巡査部長を射殺)」などが印象に残っています。

 

また、これ以外にも、富山県で21歳の元自衛官の男が46歳の男性警官の腹部を刺し、拳銃を奪って一般人を射殺した事件や、新幹線「のぞみ」車内で、男が乗客を刃物で襲い、男性一人を刺殺、女性二人が負傷した事件もありましたし…。

 

あとは、オウム事件の死刑執行でしょうか。

 

そうそう、松山刑務所に収容されている受刑者が、大井造船作業場から逃走したとか、富田林警察署の留置場に勾留されていた男が逃走した…といった事件もありましたね。

 

■ 政治

 

個人的には、財務省の話しよりも文部科学省の汚職事件のほうが印象に残っています。事務次官が二人続いて辞任したのは、文部科学省くらいではないでしょうか。

 

また、安倍晋三首相が自民党総裁選で3選したことも印象に残っています。これだけマスコミに叩かれても辞任せずにいられる首相というのも、これまでにないことだと思いますね。

 

あとは、「働き方改革関連法案(裁量労働制)」や「入管難民法改正案」。いわゆる「徴用工裁判の確定判決」でしょうか。

 

 

■ 経済

 

やはり、日産自動車のカルロス・ゴーン会長の逮捕が一番印象に残っていますね。また、これ以外では、サークルKとサンクスがファミリーマートに…とか、
出光興産と昭和シェル石油が経営統合を正式発表…といったところでしょうか。

 

あとは、複合商業施設の東京ミッドタウン日比谷が開業したことかな…。そうそう、箱根ホテル小涌園が営業を終了しましたね。

 

■ 国防

 

中国公船による領海侵犯は、回数が多くて話題にもならなかったですね。また、ロシア軍の爆撃機2機が、北方領土から沖縄本島付近まで飛行(領空侵犯は無し)したという出来事もありました。

 

また、中国製通信機器の排除の動きもありましたね。これは、経済の話しというよりは国防の話しかな…。サイバー空間は陸海空宙に次ぐ領域ですし。

 

そして、海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍の艦艇から射撃管制用レーダーの照射を受けるという事件がありました。

 

■ その他

 

・列車事故に遭遇したセンター試験の受験生がパトカーで送迎される(日本初?)

・はれのひ事業停止

・労働組合「関西生コン」で逮捕者続出

・仮想通貨の不正送金(日本円で約580億円相当)

・皆既月食(スーパー・ブルー・ブラッドムーン)

 

自分が頭に浮かんだのは、こんな感じですね。ここから十大ニュースを選ぶとしたら、第一位は「災害」かな…。来年は、事件・事故・災害が少ない年であってほしいですね。

 

また、海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍の艦艇から射撃管制用レーダーの照射を受けた事件も、十大ニュースに入るくらいの重大な事件だと思います。

 

もしかしたら、アメリカの国防長官が辞任する来年の春先あたりに何かあるかもしれませんね。

 

■ 追記

 

クリスマスということで、ツリーの写真を一枚。

 

20181224
※ 写真は丸の内ビル1階マルキューブのクリスマスツリー

 

東京駅前の丸ビルで、クリスマスイベント「Marunouchi Bright Christmas 2018〜北欧から届いたクリスマス with Yuming〜」が開催されています。このツリーの点灯式には、歌手の松任谷由実さんもいらっしゃったようですよ。

 

 

« 韓国は単なる隣国?それとも敵国? 外交青書の変遷でみる日韓関係 | トップページ | 人前では政治や宗教の話しをしないほうが良い »

「日記」カテゴリの記事

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

その他