« 社内クーデター?カリスマ経営者から容疑者へ転落したゴーン氏 | トップページ | 「亥固まる」は本当なの?干支と日経平均株価の関係 »

2018/11/23

造られた歴史観を植え付けることで歴史の書き換えを狙っている?

 

予想通りの展開といった感じですが、2015年の「慰安婦問題に関する日韓合意」に基づき韓国政府が設置した「和解・癒やし財団」が解散するそうですね。21日に韓国政府から発表があったようです。

 

この「和解・癒やし財団」の設立は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった日韓合意の柱の一つでしたが、韓国政府はこの財団を解散することで、日韓合意自体を骨抜きにでもするつもりなのでしょう。

 

日本政府も日韓合意に基づき、「和解・癒やし財団」に対して10億円の資金を拠出していましたが、無駄金になりましたよね。これについては、私の責任で…といった安倍さんに責任をとってもらうしかなさそうです。

 

野党も、国会でくだらない質問をしている暇があるなら、この問題に関する安倍さんの責任を追及するべきではないかと思いますよ。(早めの冬休みということなのか、野党はまた国会をさぼっているようですが)

 

ちなみに、日本政府が財団に拠出した10億円の中から、存命中の元慰安婦34人(1人あたり約1,000万円)と元慰安婦の遺族58人(1人あたり約200万円)に対し、合計で5億円弱の現金が支給済みです。

 

でも、韓国から返ってきた言葉は、いつもの通り「日本は謝罪と賠償を」でしたね。結局、約束も守れないような国と約束をしてはいけないということですよ。もう二度と韓国とは約束をしないでほしい…。

 

また、この機会に、日本人も考え方を変えるべきではないでしょうか。

 

これは日本の戦後教育の基礎的なところというか根本的なところだと思うのですが、「当時の日本人は愚かだった」「愚かだったから無謀な戦争をした」といった考えは変えたほうが良いと思います。

 

確かに、当時の日本人には愚かなところもあったかもしれません。でも、「唯一絶対の真理」が存在しない以上、「過去=愚か」と単純に考えるのは間違いですよ。

 

この考え方を変えない限り今回のようなことの繰り返しになると思いますし、現に、今まではその繰り返しでしたよね。もういい加減、このループから抜け出すべきでしょう。

 

そして、今後の韓国の動きにも警戒したほうが良いと思います。

 

 

これはあまり報道されていないようですが、韓国の文大統領は、「大韓民国臨時政府」が中国の重慶を拠点としていたことに言及し、中国に対して「独立運動の跡地の保存」を要請しているようです。

 

確か2013年だったと思いますが、朴槿恵大統領(当時)が中国を訪問した際、習近平国家主席に「安重根記念碑」の設置を提案していましたよね。これと同じような話しを文大統領もしているということです。

 

朴大統領の時は、中国側から「安重根記念碑」ではなく「安重根記念館」を建設したらどうかと逆に提案されて大喜びしていましたが、今回も似たような話しになるような気がしますね。

 

両国とも、反日という点では利害が一致していそうですから…。

 

また、「大韓民国臨時政府」が発足した地を歴史的な記念の地として保存するといった文大統領の考えは、日韓併合条約そのものを否定するものですし、韓国という国の歴史を根本から書き換えることでもあると思います。

 

文大統領は、このような手法によって造られた歴史観を人々に植え付け、歴史の書き換えを狙っているのかもしれませんね。また、そうだとすれば、それで最も被害を受けるのは日本ですので要注意ですよ。

 

そして、要注意といえばメディアの存在ですね。

 

つい先日、AP通信に慰安婦問題に関する記事が出ていましたが、朝日新聞が吉田証言を訂正したことにも、慰安婦問題の発端になった記事を書いた朝日新聞の元記者が裁判で負けたことにも一切触れていません。

 

また、AP通信に限らず、海外のメディアはみんなこんな感じなのですよね。朝日新聞みたいなメディアばかりでは困るのですけど…。

 

ということで、朝日新聞は今回の件についてどう書いているか…ですが、「慰安婦合意 なし崩しは賢慮欠く」という社説の中で、「韓国政府にすれば、今回の決定は現実に照らしてやむを得ない措置ということかもしれない」と書いていますね。

 

そのようなことが許されるのなら、慰安所の設置も当時の日本政府のやむを得ない措置ということになりますが、わかって書いているのでしょうか…。ちなみに、「なし崩しは賢慮欠く」の部分は、「なし崩しは愚考」の間違いでは?

 

最後に、慰安婦問題に関するAP通信の記事を書いた記者の「つぶやき」を引用します。

 

20181123

 

まあ、立派なお言葉ではありますが、朝日新聞が吉田証言を訂正したことに触れもしないことが、ジャーナリズムの基本に忠実ということなのですかね。自分には、記事の読者に対する背信行為としか思えませんが…。

 

造られた歴史観を植え付けて歴史の書き換えを狙っているという点では、韓国もメディアも同じですね。両方とも信用しないほうが良いでしょう。

 

 

« 社内クーデター?カリスマ経営者から容疑者へ転落したゴーン氏 | トップページ | 「亥固まる」は本当なの?干支と日経平均株価の関係 »

「日記」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

その他