« 平成31年(2019年)カレンダーと和暦・西暦・干支・年齢一覧表 | トップページ | 電車内で隣の席の女性の頭をスマートフォンで叩く中年男性 »

2018/10/10

戦犯旗という新たな憎しみの象徴が原因で自衛艦の観艦式参加を見送り

 

韓国で開かれている国際観艦式(軍艦を並べて壮行する行事)ですが、結局、日本の自衛艦は参加を見送ったようですね。

 

韓国側が、海上自衛隊の旗の一つである「旭日旗」(自衛艦旗)を「戦犯旗」だと言い出し、国際観艦式に参加する自衛艦に掲揚しないように求めてきたことが不参加の理由だそうです。

 

報道などをみると、日本と韓国との間で、

 

韓国「国際観艦式に日本を招待します」

日本「参加します」

韓国「自衛艦に旭日旗を掲揚しないでほしい」

日本「参加するのを止めます」

韓国「遺憾です」

 

といったやり取りがあったようですね。(自分たちで条件をつけておいて「遺憾です」はないだろうと思いますが…)

 

旭日旗が自衛艦旗であり、国連海洋法条約上の外部標識(国の軍隊に所属する船舶の国籍を示すもの)に該当するものであることを知りながら、それを掲揚するなと言い出した…といった話しのようです。

 

こうした韓国側の行為は、国際的な慣例を無視した非礼な行為であると思いますが、まあ、いつものことと言えばいつものことですので、そうした国とは距離を置くという点でも、参加見送りで良かったのではないかと思います。

 

ちなみに、韓国での国際観艦式は1998年と2008年にも行われていて、今回で3回目だそうですが、過去2回とも、今回のような旭日旗に関する要請は無かったそうで、自衛艦は旭日旗を掲げて参加していたようですね。

 

でも、今回は、

 

韓国「旭日旗は戦犯旗だから韓国の国民感情に配慮して掲揚しないでほしい」

日本「旭日旗は自衛艦旗であり、自衛艦が掲揚しないことはあり得ない」

 

といった話しになったわけです。

 

恐らくは、2008年に行われた2回目の国際観艦式の後から今回の3回目の国際観艦式までの間に、韓国の国内で「戦犯旗」という慰安婦像に代わる?新たな憎しみの象徴が生み出されたということなのだろうと思います。

 

実際、韓国の朝鮮語研究機関である国立国語院も、「『戦犯旗』は韓国の標準国語大辞典に正式に登録された単語ではない」「ここ10年の間に韓国国内で作り出された新造語とみられる」という見解だそうですよ。

 

 

また、ネットの情報によれば、2011年のサッカー日韓戦の際、韓国の選手がジェスチャーで日本人を侮蔑して批判され、それに対して「日本人サポーターが旭日旗を振っていたから」と言い訳したのが「戦犯旗」の起源ではないかということです。

 

まあ、自分にはこの話しが事実なのか事実でないのかもわかりませんが、仮に事実だったとしても、韓国という国は、小さなウソが独り歩きして反日の火種になるような国なのかもしれないな…というくらいにしか感じないですね。

 

でも、今回の旭日旗もそうですし、以前の慰安婦像もそうですが、こうした憎しみの象徴を作り出して騒ぎ、日本への憎しみを煽り立ててどうするつもりなのかと思いますよ。

 

今、韓国では、法律を改正して旭日旗などの日本帝国主義の象徴物の使用を禁止する計画もあるようですが、そこまでの話しになると、好きにやってくださいとしか言いようがないです。

 

ただ、こうしたことを続けるにしても、韓国の国内だけでやってほしいですね。慰安婦像のように、関係のない国々にまで輸出するのは迷惑なだけなのでやめてほしいと思います。

 

日本にとっての旭日旗とは、真っ赤な太陽から伸びる陽光を形象化した昔からある旗の一つであって、軍国主義の象徴ではないです。民間でも、豊作祈願や豊漁祈願に掲揚してきた旗ですからね。

 

また、一部から「国民の敵」と言われている朝日新聞社の社旗も、旭日旗と同じ模様を使った図柄ですが、仮に旭日旗が軍国主義の象徴だったとしたら、朝日新聞は社旗を変えているはずですよ。

 

それに、韓国には「過去の侵略や植民地支配のシンボルが旭日旗である」といった言い方をしている方もいらっしゃるようですが、その歴史認識自体が間違いでは?

 

今の韓国の人たちは学校で教わっていないのかもしれませんが、かつての韓国の人たちは、日本人としてアメリカやイギリスと戦ったのですけどね。

 

ということで、最後に朴槿恵大統領(当時)の言葉を紹介します。

 

「自分の国の歴史を知らなければ魂がない人間となり、正しく歴史を学ばなければ魂に異常を来しかねない」(ハンギョレ新聞の日本語サイトの記事から引用)

 

 

« 平成31年(2019年)カレンダーと和暦・西暦・干支・年齢一覧表 | トップページ | 電車内で隣の席の女性の頭をスマートフォンで叩く中年男性 »

「日記」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

その他