« 朝日新聞が信用できない新聞ランキング第一位を獲得 | トップページ | 不快感・不信感のあらわれ?米軍が韓国人に事前審査を義務づける »

2018/10/21

小池チルドレンの離党で都民ファーストの会が崩壊?

 

前回の東京都議会議員選挙(2017年)の際、定数127議席のうちの55議席を獲得して圧勝した都民ファーストの会ですが、最近は話題にもならないですよね。選挙のときのあの騒ぎは何だったのかと思います。

 

都民ファーストの会といえば、今も東京都議会の第一党ですからね。国政でいえば自民党みたいなものですから、多少は話題になっても良いと思うのですが…

 

と、豊洲市場の件で久しぶりに話題になっていた小池都知事の記事を見ながら思っていたのですが、ネットを見ていたところ、噂話し程度には話題になっているようですね。

 

それによると、都民ファーストの会は現在、お家騒動というか内輪もめの最中といった感じになっているようです。

 

あくまでもネットに出ていた噂話しなので真相は不明ですが、都民ファーストの会の複数の新人都議が離党を検討しているらしい…といった話しがあるようですね。小池チルドレンの乱?

 

すでに都民ファーストの会からは、昨年の秋に音喜多さんという男性都議と上田さんという女性都議の二人が離党していますが、仮に今回の噂話しの通りに新人都議が離党するとなると、この二人の時以来の離党者ということになります。

 

この噂話しが少し気になったので、都民ファーストの会に所属している都議のブログや、Twitter、FacebookといったSNSを見てみたのですが、確かにその中には、「何かあるのかな?」と思えるような投稿もありますね。

 

例えば、先日行われた品川区長選挙では、都民ファーストの会の方針とは異なる考え方の候補を、なぜか都民ファーストの会が推薦していたのですが、それに対して小池チルドレンの一人が、自身のブログに党執行部を批判するような投稿をしていました。

 

 

都民ファーストの会といえば、都民に対しては「ガラス張りの都政」などと言いつつ、所属している都議の情報発信には圧力をかけてブラックボックス化するというダブルスタンダードなところがありましたからね。

 

そうした中で党執行部を批判する投稿があったことは異例とも言えますが、逆に言えば、都民ファーストの会が異例な状態になっているということでもあるのかもしれません。

 

また、そうであるとしたら、ネットに出ている噂話しも、当たらずとも遠からじということになりそうです。

 

小池チルドレンたちは、数千人を集めた政治塾から選ばれた人ばかりですからね。都議としては新人ですが、優秀な方が多いのではないかと思いますし、そうした人たちだからこそ、離党という具体的な行動に出やすいとも言えます。

 

もしかしたら、小池チルドレンたちが集まって「新党を結成しました」といったことが起こるのかもしれませんね。そして、実際にそうなったら、一足先に離党していた音喜多さんや上田さんらも合流したりして…。

 

でも、仮にそうなったとしても、次の都議会議員選挙は厳しいのではないですかね。

 

前回の都議会議員選挙でも、マスコミが小池さんを持ち上げたから騒ぎになっただけで、それがなければ、都民ファーストの会の多くの都議(特に小池チルドレン)は当選していなかったと思いますし…。

 

ということで、都民ファーストの会のお家騒動は真実なのか。また、小池チルドレンの乱で新党結成はあるのか…といった点については、多少気にしておこうと思います。

 

 

« 朝日新聞が信用できない新聞ランキング第一位を獲得 | トップページ | 不快感・不信感のあらわれ?米軍が韓国人に事前審査を義務づける »

「日記」カテゴリの記事