« 総裁選挙の評価は安倍さんの圧勝?石破さんの善戦? | トップページ | 有名女優のバカ息子の話しで終わらせないほうが良い »

2018/09/22

「アベ政治を許さない」の原点はどこにあるのか?

 

自民党総裁選後の報道ですが、思ったよりも石破さんの健闘を称える記事が多いように感じますね。確かに石破さんは頑張っていたと思いますし、当初の予想よりも票を獲得したと思いますが、ちょっと褒めすぎではないかな…。

 

また、そうした石破さん寄りの記事には、

・石破さんが大健闘(善戦)

・圧勝からはほど遠かった安倍さん

・地方票(党員票)では互角の戦い

・自民党員に安倍批判の空気あり

・石破派の存在感に安倍派が震撼

といった傾向があるようです。

 

安倍批判の代表格で、一部からは「国民の敵」と呼ばれている朝日新聞の記事も、当然ですがそんな記事になっていますね。一応、朝日新聞の記事の見出しだけ紹介しますと、

「『地方の反乱』うなだれる安倍陣営 圧勝意識し反発招く」

「石破氏善戦、党内の声『あっぱれ』『国民のバランス感』」

といった感じです。

 

そして、これらの記事の最後は、「来夏に参院選を控え、悲願とする憲法改正への道筋も不透明さを増す」といったように、朝日新聞の最大の関心事?である憲法改正についての(否定的な)話しで終わっています。

 

でも、こんなことばかり書いていて大丈夫ですかね。今まで散々「安倍一強」とか「安倍支配」とか言ってきたのに、そこまで石破さんを持ち上げてしまうと、今後はそういった表現ができなくなると思うのですが…。

 

石破さんの得票は、地方票がほぼ半数。国会議員票についても、当初の予想の50票を超えて73票でしたので、投票された方は、それぞれの自由な意思で投票したのだろうと思いますよ。

 

それからすると、もともと「安倍一強」「安倍支配」などは無かったのだと思いますが、朝日新聞などはずっと印象操作をしてきましたからね。

 

ひょっとして、今後は「アベ政治を許さない」というスローガン一本でいくつもりなのでしょうか…。

 

まあ、そのあたりは別にどうでもよいことですが、他人の、しかも自分の国の総理大臣の名前をわざわざカタカナで書くというのはどうかと思いますよ。

 

過去には「ヒロシマ」「ナガサキ」。そして最近であれば「フクシマ」といったように、穢れたもの(忌まわしいもの)はカタカナで表現するというのが左寄りの皆さんの流儀なのかもしれませんが、さすがに失礼ではないかと…。

 

別に、安倍さんのことが嫌いでも構わないと思いますし、批判したければ批判すればよいと思いますが、何をするにしても最低限のマナーは必要ですよ。

 

 

さて、話しは変わりますが、こうした「アベ政治を許さない」の原点はどこにあるのでしょうね。今までも総理大臣が叩かれるということは何度もありましたが、安倍さんほど叩かれた人はいないような気がします。

 

ちょっと異常ですよね?

 

■「アベ政治を許さない」の原点はどこにあるのか?

 

あくまでも「ネット上の噂話し」なのですが、「アベ政治を許さない」という活動の原点は、「安倍さんが小沢(一郎)さんの利権を叩いたことではないか…」という話しがあるのですよね。

 

では、それはどのような利権なのか…ですが、「砂利」ではないかという話しなのですよ。砂利と聞いて頭に浮かぶのは、小沢さんではなくて金丸さんですけどね。まあ、自民党つながり(当時)と考えれば、それもあるかなあ…。

 

金丸信さんは、自民党の副総裁まで務めた政界の実力者ですが、1990年に社会党(当時)のつてを頼って金丸訪朝団を結成し、その団長として訪朝しているのですよね。

 

そして、訪朝団のメンバーは…というと、自民党から金丸信さん、小沢一郎さん、野中広務さん、石破茂さん。社会党(当時)から田辺誠さん、土井たか子さんといった人たちが参加していました。

 

この訪朝については、大規模なマスゲームによる熱烈な歓迎ぶりを目の当たりにした金丸さんが目に涙を浮かべた…といった話しもありましたが、同時に、金丸さんは北の川砂利の利権を獲得したのではないか…とも言われていたのですよね。

 

当時の日本は、バブル景気の最中で建設ラッシュでしたが、建設と言えば「生コン」。生コンと言えば「川砂利」ですからね。さすが政界の重鎮、目の付け所がシャープです。(この噂話しが本当であれば)

※ 生コン=セメント+骨材(こつざい、砂や砂利)+水

 

ただ、金丸さんはその後、佐川急便事件で窮地に陥って失脚(政界からも引退)していましましたけど…。また、小沢さんにとって金丸さんは恩師のような存在だったようですが、この事件をきっかけに二人の関係は無くなったようです。

 

でも、北の川砂利の利権はどうなった?

 

と考えると、一緒に訪朝していた他の人たちが…ということもあり得るかもしれませんよね。そして、その利権を安倍さんが叩いてしまった…というのが、この噂話しです…。

 

 

ということなのですが、そもそも砂利の話し自体が当時の週刊誌ネタですからね。この噂話しも、いろいろな噂話しを寄せ集めてみたら、こんなに面白いストーリーが出来上がりました…ということではないかな…。

 

ちなみに、「生コン」と聞くと、最近は「関西生コン」の話しが頭に浮かんできます。マスコミではあまり報道されない案件なので、主にネットに出ている話しを見ているのですが、結構すごいことになっているみたいですよ。

 

朝日新聞の記事によると、運送業者のセメント出荷業務を妨害した容疑で、大阪府警の警備部が関西生コン(正式名称は「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」)の幹部ら16人を逮捕したということです。

 

逮捕容疑は、威力業務妨害罪や強要未遂罪だそうですが、問題は逮捕者数ですよね。16人が逮捕というのはなかなか無いことだと思います。

 

これが、ある意味で道を極めてしまった人たちの組織での出来事ということならわからなくもないですけどね。あの人たちの場合は、逮捕されるのも仕事のうち…みたいなところもあるようですし…。

 

ただ、関西生コンというのは労働組合ですからね。そこから16人も逮捕者が出るなんて異常なことですし、逮捕したのが大阪府警の警備部ですからね。

 

警備部というのは機動隊が所属している部署ですが、機動隊だけではなく、公安課や外事課も警備部の所属なのですよね。今回の件は、逮捕者が多いから機動隊を使ったということなのか、それとも公安の案件だったのか…。

 

もし後者だったとすると、今後は今よりもさらにすごい状態になるかもしれませんね。また、関西生コンについては、大阪や京都の国会議員(野党)が関係しているという話しもありますので、そのあたりもどうなることやら…。

 

また、関西生コンの件がマスコミであまり報道されないのは、こうした野党の国会議員絡みの話しだから…とも言われていますが、仮にそれが事実だとすれば、それも問題ですよね。

 

 

« 総裁選挙の評価は安倍さんの圧勝?石破さんの善戦? | トップページ | 有名女優のバカ息子の話しで終わらせないほうが良い »

「日記」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

その他