« 10歳前後に体験したことが一番印象に残るのかもしれない | トップページ | 台風の発生数や日本列島への上陸数をグラフにしてみました »

2018/09/02

「生コン業界のドン」の逮捕で永田町に衝撃が走った?

 

AERA dot.(アエラドット)という、朝日新聞出版が出しているAERAや週刊朝日などの記事を配信しているオンラインメディアに、関西生コン関係の記事が出ていますね。

 

しかも、その記事のタイトルが「辻元清美議員に“ブーメラン”?」です。朝日新聞系なので、本来であれば、辻元清美議員や福島瑞穂議員をはじめとした野党の国会議員に対しては優しいはずなのですが、何かあったのですかね?

 

関西生コンに対しては、今年に入ってから複数の県警によって数回の強制捜査が行われていて、すでに逮捕者も10人になっていますので、いくら朝日新聞系といっても、さすがに庇いきれないということなのでしょうか…。

 

まあ、詳しい事情はわかりませんが、辻元清美議員にとって(政党支持率が下がっている立憲民主党にとっても?)都合の悪い記事であることは間違いなさそうです。

 

ちなみに、「生コン業界のドン」というのは、関西生コン(正式には「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」)のトップ(執行委員長)で、数日前に恐喝未遂容疑で逮捕された武建一容疑者(76)のことですね。

 

AERA dot.の記事によれば、武建一容疑者は、政界にも大きな影響力を持っていたということで、これまでも、辻元清美議員などの野党議員をバックアップ(金銭的な支援という意味?)していた…という話しです。

 

また、辻元清美議員については、

 

・辻元氏の政治資金管理団体の平成11年の収支報告書に、関西生コンがパーティー券50万円分を購入したという記載がある。

 

・さらに平成12年の収支報告書にも、関西生コンの幹部2人から合計100万円の寄付を受け取ったという記載がある。

 

といった、金銭関係に関する具体的な話しも記事に出ていますね。

 

そして、AERA dot.では、この件について辻元清美議員の事務所にも問い合わせをしたそうなのですが、先方からは「武建一氏や関西生コンから献金を受け取った事実はない」という回答があったようです。

 

収支報告書に武建一氏の名前があったわけでもなさそうですし、関西生コンについても、パーティー券の購入履歴はあっても、献金した履歴はなさそうですので、その意味で事務所の言い分は正しいですが…。

 

 

さて、この件の詳細はAERA dot.の記事を見ていただくとして、実際のところはどうなのでしょうか。

 

平成11年(1999年)といえば、辻元さんが国会議員になってから3年目で、当時所属していた社民党の幹事長代理や広報委員長といった役職についていた頃です。国会議員としての活動が評価され始めた頃ということですね。

 

そして、平成12年(2000年)には、第42回衆議院議員総選挙が行われ、辻元さんは大阪10区から社民党公認で出馬し、再選。その後は、社民党の政策審議会長についています。

 

こうしたタイミングで、関西生コンがパーティー券を購入したり、関西生コンの幹部が献金していたことになるわけですが、辻元さんと関西生コンとの間に、明確なつながりがあるとまでは言えない…。

 

この、関係がありそうでもあり、無さそうでもあるというあたりが、いかにも「政治とカネの世界」の話しという感じがしますし、その意味で、今回のAERA dot.の記事には「含み」があるな…という気がしました。

 

また、記事にある「永田町に衝撃」であるとか「永田町に激震」といった言葉も気になりますね。辻元さん以外の国会議員も、同じような話があるということでしょうから…。

 

あと、これはネットで出ていた噂話しなので真相は不明ですが、関西生コンは、反基地運動・反安倍運動・反差別運動などを行っている政治色の強い団体であるという話しがあります。

 

今、沖縄では辺野古基地反対運動が行われていますが、その資金集めの中心になっているのが関西生コン…という話しもあるみたいですよ。あくまでも噂話しですが…。

 

関西生コンというのは労働組合ですが、労働組合の中にも政治色の強い団体はありますからね。そういう団体であったとしても不思議ではないのですが、本当なのかなあ…。

 

 

« 10歳前後に体験したことが一番印象に残るのかもしれない | トップページ | 台風の発生数や日本列島への上陸数をグラフにしてみました »

「日記」カテゴリの記事