« 地震による停電だけではなく台風による停電も続いている | トップページ | 混雑率が180%を超える路線の数が12路線から11路線に減少 »

2018/09/10

JR東日本管内で続いている線路付近からの発煙の原因は?

 

読売新聞の記事によると、昨日(9月9日)の15時半頃ですが、荒川にかかる鉄橋上の線路付近から煙が出ているということで、JR京葉線が運転見合わせになったそうですね。

 

JR東日本によると、この発煙は鉄橋上の線路の下にある絶縁材が燃えたことによるものとのことですが、燃えた場所が悪かったのか、6時間近く経った21時の時点でも運転見合わせの状態だったようです。

 

そして、その後に運転再開の見通しが立たないということで終日運休になり、当初は翌日(今日ですね)始発からの運転再開も未定という話しだったそうですが、夜のうちに復旧作業が完了し、今日は始発から平常通りに運行したようです。

 

JR京葉線といえば、沿線には東京ディズニーリゾートがありますからね。ディズニーランドやディズニーシーを利用された多くの方は、最寄り駅の舞浜駅で足止めされてしまったそうです。

 

場所が場所だけに、足止めされた方の中には小さいお子さんもいらっしゃったと思いますが、お子さんも大変だったと思いますし、面倒を見る保護者の方も大変だったでしょうね。

 

また、今回燃えた鉄橋上の線路の下にある絶縁体というのは、レールの中を通る電気が鉄橋に流れるのを防ぐために取り付けられているものだそうです。

 

鉄道のことは詳しくないので憶測ですが、レールの中を通る電気によって鉄道の運行状態を確認するような仕組みになっているものが機能しなくなり、その結果、長時間の運転見合わせになってしまったのかもしれませんね。

 

ちなみに、今回の発煙の原因ですが、線路に流れる電流が何らかの原因で鉄橋に伝わったことで、ショートしたためではないか…ということです。

 

 

さて、こうした線路付近からの発煙ですが、最近は以前に比べて多く聞くようになったような気がしましたので、ネットで調べてみました。(JR東日本管内の出来事のみを一覧にしました)

 

■ 2018年(9月10日現在)

2018.09.09 JR京葉線の荒川にかかる鉄橋上の線路下から発煙

2018.08.23 JR有楽町駅近くの山手線・京浜東北線の線路付近から発煙

2018.08.16 JR鎌倉駅近くの横須賀線の枕木から発煙

2018.07.03 JR新橋駅-有楽町駅間の山手線・京浜東北線の線路脇から発煙

2018.06.05 JR大崎駅-五反田駅間の埼京線の線路上から発煙

2018.05.05 JR新横浜駅-小机駅間の横浜線の線路内から発煙

 

■ 2017年

2017.07.14 JR新川崎駅-横浜駅間の横須賀線の線路内で発煙

2017.06.23 JR市川大野駅のJR武蔵野線の線路内から発煙

2017.03.10 JR品川駅の線路から発煙

2017.03.10 JR指扇駅構内のポイントから発煙

 

■ 2016年

2016.03.03 JR川崎駅の構内で発煙

 

素人が検索した結果ですので正確なデータとは言い難いですし、過去の出来事になればなるほど拾えていないと思いますが、それでも今年に入ってからの件数は多いように感じますね。

 

これだけの件数があると、ただの事故なのかな…と疑いたくなりますよ。JR東日本といえば、今年の初めころには労働組合関係の揉め事があるといった話しもありましたからね。そうした揉め事と関係があるのかな?とか…。

 

JR東日本の労働組合といえば、JRの中でも最大の労働組合であるJR東日本労組が頭に浮かびますが、ここは、政府が「影響力を行使し得る立場に革マル派活動家が相当浸透していると認識している」と答弁したところですし…。

 

まあ、これもただの憶測ですので、本当のところはわかりませんけどね。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ

 

 

« 地震による停電だけではなく台風による停電も続いている | トップページ | 混雑率が180%を超える路線の数が12路線から11路線に減少 »

「日記」カテゴリの記事