« 「小役人に用はない」と体当たり、でも暴力ではありません? | トップページ | 妙案か愚案か?暑さ対策にサマータイム導入を検討 »

2018/08/12

ついに野党の不支持率が80パーセントに?

 

朝日新聞が4日と5日に世論調査をしたそうですね。その結果が記事になっていましたので、その中からいくつかを紹介します。

 

■ 内閣支持率

 

 支持する  38%

 支持しない 41%

 

■ 政党支持率

 

 自民 36%

 公明  3%

 立憲  6%

 国民  1%

 共産  4%

 維新  1%

 自由  0%

 希望  0%

 社民  1%

 

まあ、内閣支持率についてはいつもの通りといった感じですが、どの野党の政党支持率も一桁しかないというのは…。今の野党は、期待すらされていないのでしょう。

 

少し前までは、立憲の支持率だけは二桁だったのになあ…。希望の支持率がゼロというのは相変わらずですけどね。

 

また、これ以外にもいろいろな項目がありましたが、その中で面白いな…と思ったのは、「自民党に対抗する勢力として、いまの野党に期待できますか」という質問ですね。

 

■ いまの野党に期待できるか

 

 期待できる  11%

 期待できない 80%

 

どちらかといえば野党贔屓の朝日新聞が、「野党の不支持率は80%です」と言わんばかりの結果を記事にするなんて、ちょっと意外でしたね。何かあったのかなあ…。

 

ひょっとして、マスコミと野党との共闘関係に亀裂が生じたとか?

 

 

あと、気になったのは、先日から「生産性」発言で叩かれている自民党の杉田議員に関連した項目ですね。この問題に関する自民党の対応について質問しています。

 

■ 自民党の一連の対応は問題があると思いますか

 

 問題がある 61%

 問題はない 26%

 

何となくですが、朝日新聞をはじめとしたマスコミは、この問題で大騒ぎしたいのかもしれませんね。モリカケが不発に終わり、新たな火種を探していたところでこの問題が出てきたので一斉に飛びついた…といった感じではないかな…。

 

ただ、これもいつもの通りですが、事実関係を歪めて伝えたり、人格攻撃や印象操作をしたりと、ひどい扱いをしているメディアがあるのですよね。誤解を生む発言だったとはいえ、そこまでして批判するのはどうかと思いますよ。

 

例えば、今回の発言を神奈川県相模原市にあった「津久井やまゆり園」で発生した大量殺人事件と絡めて、「LGBTに生きる価値はない」といった発言をしたかのように扱っているメディアがありました。

 

また、杉田議員の顔写真を使用して、「幸せに縁がない人相だ」という記事を掲載したメディアもありました。他人の、しかも女性の容貌をもとに人格攻撃をするとはあきれ果てたメディアですよ。(朝日新聞系のメディアです)

 

これ以外にも、杉田議員が育児を丸投げしていたとか、議員になる前に勤めていた市役所で市民と取っ組み合い寸前の状態になったなど、印象操作を目的にしているとしか思えない記事を掲載しているメディアもありました。

 

これらの記事については、杉田議員や周辺の方が否定していますが、いったん流れてしまった情報を修正するのは容易ではありません。マスコミも、そのあたりのことをわかった上でやっているのだと思いますが、本当にひどい話しだと思います。

 

ちなみに、育児の話しについては、国会の会期中に、選挙区にある実家に子どもを預けていただけのようですし、市民と取っ組み合い寸前という話しも、活動家が役所に来て職員を取り囲んだというのが実態だそうです。

 

「人権という言葉を口にする人ほど人権を無視している」といったことを言う人もいますが、今の野党やマスコミを見ていると、まさにその通りだと思いますね。

 

 

« 「小役人に用はない」と体当たり、でも暴力ではありません? | トップページ | 妙案か愚案か?暑さ対策にサマータイム導入を検討 »

「日記」カテゴリの記事