« 森友学園問題:籠池氏の長男が語った驚愕の実態とは? | トップページ | 2回目の安全宣言…安心宣言のないまま開場する豊洲市場 »

2018/08/06

「女3人で男1人分」は時代遅れか必要悪か?女子受験生を一律に減点

 

文部科学省の私立大学支援事業をめぐる汚職事件で揺れる東京医科大学ですが、入学試験で文科省局長の息子の得点を加点した疑いだけでなく、女子受験者の得点を一律に減点した疑いも出ているそうですね。

 

読売新聞の報道によれば、東京医科大学で今年の2月に行われた医学部医学科の一般入試で、女子受験者の得点を一律に減点し、女子の合格者数を抑えていたということが関係者の話しからわかったそうです。

 

また、こうした女子受験生だけが不利になるような得点の操作は、少なくとも2011年頃から続いていたそうで、汚職事件を捜査している東京地検特捜部も、こうした事実を把握しているということです。

 

ただ、今はまだ「関係者の話しによれば」という段階ですからね。仮にそういったことが行われていたとして、それによってどの程度の受験生が影響を受けたのかなどの詳細は、調べてみないことにはわからないと思います。

 

でも、一般入試と言いながら、本来は学力不足で入学できなかった人を裏口から入学させ、逆に、本来は入学できたであろう実力のあった人を入口ではじいてしまっていたとしたら問題ですよね。

 

それでは入学試験にならないと思いますが…。今回のこの話しが事実だとすると、なぜそんなことをしてしまったのだろう…と思いますよ。

 

関係者の話しによれば、「同大出身の女性医師が結婚や出産で離職した場合、系列病院の医師が不足してしまう恐れがあったから」ということらしいのですけどね…。

 

 

何でも、東京医科大学の出身者で医師の国家試験に合格した人の大半は、系列の病院で働くことになるそうで、そうした事情から、離職しやすい?女子受験生が不利(結果的に男子受験生が有利)になるようにしていたという話しです。

 

まあ、病院における医師不足というのも、それはそれで深刻な問題ですからね。

 

そう考えると、こういった話しになってしまうのもわからなくはないです。実際、関係者の中には、こうしたことは「必要悪」と言っている人もいるそうですし…。

 

また、同じく関係者の間では、「女3人で男1人分」といった言葉もささやかれているのだとか…。これは、女性医師の3人に2人くらいが、結婚などの理由で早い時期に離職してしまう…という意味ですかね?

 

でも、仮にそういった事情があったとしても、「女性だから」という理由で一律に減点したのは良くないと思います。このところの女性活躍推進の流れとも真逆の話しですし…。

 

ただ、「結婚や出産による離職」といった問題があるのは事実ですから、この大学を批判すれば解決するということでもないと思いますね。こういった問題は、社会全体で考えることですよ。

 

「女3人で男1人分」といった言い方をしているのは珍しいことかもしれませんが、「必要悪」くらいの言葉は他の医科系の大学でも使っているような気がします。

 

■ 追記

 

同じく読売新聞の報道ですが、3日、有志の女性らが東京医科大学の正門前で抗議活動を行ったようですね。女性らは、「差別をやめろ」「受験料を返せ」などと声を張り上げ、不合格となった女子受験者の救済措置(受験料の返還?)などを求めたそうです。

 

また、参加者の中には男性の姿もあったということですが、ネット上に出回っている写真を見ると、某野党の前女性国会議員の姿も見えますね。「有志の女性ら」ではなく、「特定の団体が動員した女性ら」なのかもしれません。

 

しかしまあ、こうやって何でも「差別」に結びつけるのはどうかと思いますね。こういった運動が、逆に問題解決を難しくしていると思います。

 

■ 追記2

 

読売新聞の続報によると、内部調査の結果、「一次試験で女子受験者の減点はなく、二次試験の小論文で複雑な計算式を用いて減点していた」ことがわかったそうです。

 

当初は「一次試験終了後に女子受験者の得点を一律に減点していた」という話しでしたが、一次試験でも二次試験でも、女子受験者だけを対象にした一律の減点はしていなかったようですね。

 

複雑な計算の結果、二浪までの男子受験者は、本来よりも小論文の得点が増えた可能性が高いようですが、その一方、女子受験者と三浪以上の男子受験者の得点は抑えられていたようです。

 

 

« 森友学園問題:籠池氏の長男が語った驚愕の実態とは? | トップページ | 2回目の安全宣言…安心宣言のないまま開場する豊洲市場 »

「日記」カテゴリの記事