« キレる中高年…46歳男がコンビニでレジを破壊して現行犯逮捕される | トップページ | オウム真理教事件の首謀者、真相語らぬまま死刑執行 »

2018/07/05

裏口入学が収賄罪?それなら天下りも収賄罪で良いのでは?

 

文部科学省の局長が、受託収賄容疑で逮捕されたようですね。報道によれば、文部科学省の私立大学支援事業で、大学に有利な取り計らいをする見返りに、我が子を入試で合格させてもらったそうです。

 

「我が子を思う気持ちから、つい魔が差した」ということかもしれませんが、親にそんなことまでしてもらって大学に合格しても、本人としては嬉しくないと思いますが…。

 

また、「金銭を伴わなくても収賄罪は成立する」ようですね。今までも、芸者の演芸や異性との性的関係、あるいは職務上の地位などが賄賂と認められた例もあるそうです。(「人の欲望を満たすような不法な利益」は賄賂にあたる)

 

ただ、今回の場合、実際に利益があったのは逮捕された「親」ではなく、入試で合格させてもらった「子」のほうですからね。「子の利益」は「親の利益」ということになるのでしょうか?

 

このあたりの事情はよくわかりませんが、もしかしたら、収賄罪で立件したものの、裁判で無罪になるということがあるかもしれません。「子どもの合格は親の利益とまでは言えない」とか…。

 

そして、もう一つ気になるのが、以前にあった文部科学省の天下り問題です。「金銭を伴わなくても収賄罪は成立する」ということであれば、天下り先から給料をもらう行為はどうなのでしょうか。

 

こちらのほうがより悪質ではないかと思いますし、収賄罪を適用しても良いような気がしますけどね。また、天下りを斡旋していた「右傾化を深く憂慮する一市民」の前事務次官も、収賄のほう助ではないかと思いますが…。

 

できれば野党には、このあたりのことを追及してもらいたいですよね。でも、何となくですが、話しを加計問題につなげて大騒ぎしそう…。今の野党は、反安倍政権ということにしか興味がなさそうですし。

 

 

なかなか認可されなかった加計学園の獣医学部の問題よりも、あっさりと認可された大学に文部科学省の役人が天下りしているという話しのほうが遥かに問題だと思いますけどね。

 

天下り問題のとき、「文部科学省と大学の癒着が…」みたいなことが言われていましたが、今回の事件をみても、それがまだ残っているということですから、野党はそういった役所の体質というか風土的なところに切り込むべきですよ…

 

と、言ってみても仕方がないかな。報道によれば、

 

立憲民主党の国対委員長 … 「首相も今回の局長も行政を私物化している」「行政府のトップがそうした空気をつくると、しっぽまで腐る」

 

国民民主党の共同代表 … 「内閣人事局が任命した局長の不祥事だから、官邸を中心とした政治責任は免れない」

 

といった感じですからね。

 

恐らく、日本のことよりも自分たちのことしか考えていないのでしょう。(国対委員長のほうは、加計問題に触れた上での発言だったようです)

 

しかしまあ、「入試の公平性が…」と言って、正答の公開などの入試改革を迫ってきた文部科学省の関係者が裏口入学ですからね。これでは、いつまでたっても入試改革なんて出来ないと思います。

 

【追記】

今回逮捕された局長には、私立大学支援事業に関する権限は無かったという話しもあるようです。以前、厚生労働省の局長が逮捕されたことがありましたが、その事件は冤罪でしたので、今回の事件についても結論を急がないほうが良いかもしれませんね。

 

 

« キレる中高年…46歳男がコンビニでレジを破壊して現行犯逮捕される | トップページ | オウム真理教事件の首謀者、真相語らぬまま死刑執行 »

「日記」カテゴリの記事