« 批判が高まっているのではなく、批判を高めたいだけでは? | トップページ | 防犯カメラの設置で優先すべきはセキュリティ強化?プライバシー保護? »

2018/07/12

西日本豪雨災害の被災者支援は災害支援募金が一番良い?

 

西日本の豪雨で大きな被害を受けた岡山県倉敷市ですが、支援物資の受け入れを一時的に休止したようですね。すでに多数の支援物資が届いているそうで、それを必要とされている方に届けるために整理を行いたいということのようです。

 

ただ、これとは別に、「支援物資を置くスペースが足りない」「仕分けする職員が足りない」「被災者のニーズに合わない秋冬の衣類の提供も多い」といった話しもあるようですので、現場はかなり混乱しているのではないでしょうか。

 

確かに、いくら善意とはいっても、今の時期に秋冬の衣類は困りますよね。送る側は「無いよりはマシ」と思って送っているのだろうと思いますが、受け取る側にしてみれば、「いくらなんでも」なのだろうと思います。

 

倉敷市も、今後は「支援が必要な物資が生じた際にその都度呼びかける」といったやり方に変えるようですが、こういったやり方のほうが効率的だと思いますし、最初からそうしておいたほうが良かったかもしれませんね。

 

また、災害が発生してからしばらくの間は、行政の対応に任せたほうが良いのではないでしょうか。報道などを見ていると、そこに被災地ではないところにいる一般の人が手を出したり口を出したりしても、あまり良い結果にはならないような気がしました。

 

もちろん、被災地の方は「早く支援してほしい」「もっと支援がほしい」と思っているでしょうし、そういった被災者の皆さんの気持ちに共感する(思いを寄せる)ことは大切だと思います。

 

ただ、そうしたことと、実際に「モノを送る」「支援にかけつける」といったこととは、わけて考えたほうが良いと思います。

 

実際、「個人からの支援物資は受け入れない」としている自治体もありますし、「ボランティア募集」についても、災害直後(避難・救助の段階)から行っているところはありませんからね。

 

 

支援をしたいという思いが被災地や被災者の方々を救うことには違いないと思いますが、そうした思いにすれ違いが生じてしまっては支援にならないということだと思います。

 

また、これも以前から言われていることですが、やはり、災害支援募金のような「金銭的な支援」が一番ではないでしょうか。「お金で解決」みたいな話しはあまり好まれないとは思いますが、何をするにしてもお金は必要ですからね。

 

さて、話しは変わって、今回の豪雨災害に関する報道についてです。報道番組の中には、豪雨災害を政治的に利用しているようなものもあるようで、動画サイトなどに、そういった番組の動画がアップロードされています。

 

自分もそのうちのいくつかを見てみましたが、確かにこれはひどいと感じるものもありました。例えば、以下のようなものです。これも「安倍ガー症候群」と言われているものでしょうか。

 

■ テレビ朝日 報道ステーション 7月10日放送での後藤謙次さんのコメント

 

実はこの災害にとって、もっとも重要な時間帯にですね、国会議員がその本会議に集まって決議することにどれだけの意味があるのかと。もっとですね、この国会について言えば、今週前半は審議を一切休んでですね、政治全体がこの豪雨災害の被災地に目を向けると、そしてすべてが力を注ぐと、そういう姿勢が必要なんですね。

 

安倍総理は何でもやりますよと、こう言っているんですが、政治というのはですね、その被災者の皆さんに自分たちの姿を見せる。これも非常に政治の力なんですね。それが一向に伝わってこない。今何を優先すべきか、そこをきちっと考えるべきです。

 

■ テレビ朝日 報道ステーション 7月11日放送での後藤謙次さんのコメント

 

今日そうした中で安倍総理が岡山の倉敷の真備町に行っているわけですね。まあ、果たして今日のタイミングだったかどうかというのがあると思うんですね。

 

日本のトップリーダーが当然行けばですね、警備の問題もあると。あるいは現地で知事も市長も対応するということもあって、逆に現場が混乱する可能性もあるんですね。

 

     *

 

国会に出席して被災地には姿を見せないと批判した翌日、被災地に姿を見せたら現場が混乱すると批判していますね。この先も、これと同じように何をやっても批判するのだろうと思います。

 

 

« 批判が高まっているのではなく、批判を高めたいだけでは? | トップページ | 防犯カメラの設置で優先すべきはセキュリティ強化?プライバシー保護? »

「日記」カテゴリの記事