« 会社を辞めたい!初任給ランク上位の上場企業を2年で退職した若者の話し | トップページ | 孤独な老後…「ひとりぼっち」で過ごす定年退職後の人生? »

2018/06/09

昭和生まれと平成生まれの違い?時代とともに変わる価値観

 

当然と言えば当然ですが、昭和生まれの人と平成生まれの人とでは、価値観が異なっているようですね。「平成生まれ・昭和生まれの生活意識調査」や「結婚と婚活に関するアンケート結果」などを見ると、自分の世代と今の世代は随分違うものだな…と感じます。

 

詳しくは、それぞれのサイトを見ていただくとして、例えば「人生に対する考え方」からして大きく違っているようですね。例えば、

 

■ 幸せな人生に学歴は必要か?

 昭和生まれ … 「必要」が多数派

 平成生まれ … 「なくてもよい」が多数派

 

■ 夢や目標を持っているか?

 昭和生まれ … 「持っていない」が多数派

 平成生まれ … 「持っている」が多数派

 

といった感じだそうです。

 

まあ、このアンケートの通りだと思います。自分が学生の頃は、「偏差値がすべて」みたいなところがありましたし、「良い学校に入って、良い会社に就職する」ことが、「幸せな人生」みたいな感じで言われていましたからね。

 

こういう環境で育ってきた人が、「幸せな人生に学歴は必要か?」と聞かれれば、多くの人が「必要」と答えると思います。もちろん、「不要」と答える人もいるでしょうけど、かなりの少数派ではないでしょうか。

 

また、「夢や目標を持っているか?」についても、今のオジサン達(昭和生まれですね)は、「欲がない」「夢がない」「やる気がない」の「3Y」と言われていますので、「持っている」と答える昭和生まれは少数派でしょう。

 

でも、若い人たち(平成生まれ)の多くが、「夢や目標がある」と回答しているのは良かったと思いますよね。「夢も目標もない」若者が多数派では、日本の将来が暗いものになってしまいますから…。

 

 

そして、結婚や婚活についてですが、これについても昔とは随分と価値観が変わっているようです。

 

■ 平成生まれの人が結婚相手に望むもの

 年齢 … 男女ともに「30歳」が最多

 重視 … 男女ともに「性格」が最多

 収入 … 男性は「こだわらない」が最多、女性は「400万円」が最多

 

といった感じだそうです。

 

これに対して昭和生まれは…といえば、「3高」という言葉を思い出しますよね。女性が結婚相手の男性に望むものは、「高学歴」「高身長」「高収入」の3つでした。これを「3高」とか「3K」と言っていたのですよね。

 

バブル景気の頃なんて、「有名大学卒で身長が175cm以上で年収が1,000万円以上」とか、ふつうに要求されていましたからね。あの頃は、日本全体がおかしかったような気がします。

 

一方、男性は男性で言いたい放題でしたけどね。今だったら女性蔑視とか女性差別と言われてしまいますが、当時は、女性に対して「クリスマスケーキ」といった言葉が使われていました。

 

クリスマスケーキは、25日を過ぎたら価値がなくなるものですが、女性も25歳を過ぎたら価値がなくなるよね?という非常に失礼な話しです。

 

ただ、女性は女性で、男性のことを「アッシー君」(足代わりの意味。車で送迎してくれる男性のこと)とか、「メッシー君」(ご飯をおごってくれる男性のこと)などと言っていましたからね。

 

まあ、お互い様と言えばお互い様ですが、今にして思えば、やはり何かおかしかったのだと思います。それからすると、昭和生まれよりも平成生まれのほうが常識的なのかもしれません。

 

ちなみに、男性が結婚相手の女性に求めるスキルは「癒し」だそうです。昔と比べて男性が弱くなり、女性が強くなったということですかね?

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ

 

 

« 会社を辞めたい!初任給ランク上位の上場企業を2年で退職した若者の話し | トップページ | 孤独な老後…「ひとりぼっち」で過ごす定年退職後の人生? »

「日記」カテゴリの記事