« 明らかに選挙妨害…こんな人たちに負けるわけにいかない | トップページ | 職場(仕事)におけるコミュニケーションの3つの段階・3つの機能 »

2018/04/11

「疑惑の館」で思い出した「疑惑のデパート」と「疑惑の総合商社」

 

9日、財務省が森友学園側に口裏合わせを依頼していたことを認めた…といった報道がありましたね。

 

本省理財局の職員が、森友学園の弁護士にゴミの撤去について口裏合わせを求めたが、森友学園側は応じなかった。近畿財務局に対しても、森友学園側にゴミの件を念押しするように求めたが、近畿財務局も応じなかった…といった話しのようです。

 

森友学園側から「ゴミが出てきた。訴訟だ」といった話しが出て、その後に弁護士が、「価格で折り合いがつけば訴訟しない」と言ってきた。そして、その話しが済んだと思ったら、今度は「ゴミの撤去?何それ?」みたいな話しになった…ということですかね?

 

まあ、事実関係は当事者にしかわかりませんが、仮にこんな話しだったとすると、財務省も被害者と言えなくもないかな…。ただ、それでは恰好がつかないので、決裁文書を書き換えてでも誤魔化そうとしたとか…。

 

この件について立憲民主党の辻元清美さんなどは、「首相夫妻のためではないかという疑念がますます膨らんだ」といった発言をしているようですが、政権が…というよりは、財務省が…という話しのような気がしますけどね。

 

180411
※ 写真は10日夜の報道番組のスタジオ演出

 

さて、そうした中、これも朝日新聞のスクープということで良いのでしょう。加計問題について「首相案件」と書かれた文書(愛媛県の職員の備忘録で保管義務のない文書)が見つかった…ということで大騒ぎになっているようです。

 

しかしまあ、全国紙の一面記事がこんな話しとは…。しかも、愛媛県の文書のことで官邸の文書管理に文句をつけてみたり…。日本のメディアは大丈夫なのですかね?

 

 

加計学園の獣医学部の件を扱った国家戦略特区というのは、安倍首相が本部長の日本経済再生本部の主要な案件ですから、それを「首相案件」と表現したところで何の問題もないと思いますが…。

 

要は、国全体で取り組んでいる話しです…というだけのことですよ。それを「首相案件」という一言があったから…という理由で、時計の針を一年前に戻すようなことをして何の意味があるのだろうと思います。

 

「森友問題についての疑惑が深まった」「加計問題についての疑惑が深まった」と繰り返していれば議員歳費がもらえるということなのかもしれませんが、壊れたレコードでもあるまいし、いい加減にしてほしいですね。

 

ちなみに、報道によれば、この件についても立憲民主党の辻元清美さんが、「首相官邸は疑惑の館になってしまった」などと言って批判しているようですが、辻元さんは「疑惑の○○」といった表現が好きなのでしょうか…。

 

もう随分前(15年くらい前?)の話しになりますが、辻元さんがまだ社民党にいた時代に、自民党(当時)の鈴木宗男さんの証人喚問で、「あなたは疑惑のデパートと言われてますが疑惑の総合商社です」と言って批判していましたよね。

 

そして、曖昧な答弁を繰り返す鈴木さんに対して、「ど忘れ禁止法を適用したい」とも言っていました。こうした追及によって、鈴木さんは「あっせん収賄罪」で起訴されることになりましたが…。

 

でも、そのすぐ後には、追及していた辻元さんも秘書給与を騙し取ったという詐欺容疑で起訴されてしまいましたけどね。確かこの時は議員辞職したと思いますが、その後の報道によれば、「疑惑の総合商社」発言は反省しているということでした。

 

「国会論戦では熱くなったり、言い過ぎたりということも経験し、それが自分にはねかえってくることもみんな理解している」と振り返った…といったことのようですが、今の様子からすると、このときの気持ちは忘れているのかもしれませんね。

 

 

今年に入ってから2回も警察の強制捜査を受けているような労働組合(連帯ユニオン関西生コン支部)から政治献金を受け取っていた辻元さんだって、いつ疑惑を追及される立場になるかわからないのに…

 

と、それはそれとして、話しは加計学園の問題に戻りますが、国会での一年間の議論の中で、加計学園の獣医学部の認可に不正は無かったということが明らかになったのに、その事実に触れることのないまま、今また印象操作を始めるというのはどうかと思います。

 

また、自由党の森ゆうこさんに至っては、国会で「魔法の会議はなかったのか?」といった質問をしているらしいですが、こういったことで無駄に時間を使うのは止めてほしいですね。

 

加計学園の行事に出席した前愛媛県知事の加戸さんの発言の中に、「魔法」という言葉があったから…ということのようですが、こんな馬鹿げた質問にまで真面目に答弁しなければならない政府関係者が気の毒ですよ。

 

今の愛媛県知事の中村さんも記者会見で話しをしていましたが、愛媛県としては、長年の悲願だった獣医学部のオープンを歓迎してるわけです。また、法的な問題もなく認可がおりて開学し、すでに学生たちが勉強に励んでいるとも語っていました。

 

そして、ここで学んでいる学生たちが、我々が悩んでいた西日本の獣医師不足を補ってくれる人材になってくれると願ってるので、マスコミの皆さんは学生たちに配慮をしてほしいとも語っていました。

 

こういった発言に至った経緯などはわかりませんが、取材方法などに問題のあるメディアもいる…ということかもしれませんね。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ

 

 

« 明らかに選挙妨害…こんな人たちに負けるわけにいかない | トップページ | 職場(仕事)におけるコミュニケーションの3つの段階・3つの機能 »

「日記」カテゴリの記事