« 国会はワイドショー?主戦場は「加計問題」から「セクハラ疑惑」へ | トップページ | 税金泥棒!野党6党による早めのゴールデンウィーク入り宣言? »

2018/04/19

セクハラ疑惑:テレビ朝日の女性記者が週刊誌に情報提供!

 

財務省の事務次官(辞任しましたので正確には前事務次官ですね)のセクハラ疑惑について、テレビ朝日が緊急の記者会見を開き、同社の女性記者が「セクハラ被害を受けていた」と公表しましたね。

 

女性記者が録音していた音声でセクハラの事実関係が確認できたとして、テレビ朝日は近く財務省に抗議するそうです。また、女性記者が週刊誌にその音声の一部を情報提供していたことも認めました。

 

テレビ朝日の話しによれば、被害を受けた女性記者と事務次官は、一年半ほど前から数回にわたり二人きりで会食をしていたそうです。また、女性記者は、その席で事務次官からセクハラ発言があったので録音し、自分の上司にも相談していたようですね。

 

ただ、上司は二次被害を懸念し(本当にそうなのかな?)、女性記者の申し出を(結果的に)黙認していたようで、それで女性記者は、録音した音声の一部を「週刊誌に情報提供した」ということです。

 

まあ、実際のところはわかりませんが、一連の報道を見る限りでは、マスコミと役所は持ちつ持たれつの関係なのかな…という気がしますね。悪く言えばズブズブの関係でしょうか。

 

女性記者を使って(女性の強みを利用して)役所から情報を引き出す。役所も、そういうことだとわかっていて、自分たちにとって都合の良い情報を提供する…といった関係だった可能性がありますね。

 

テレビ朝日は、自社の女性社員を犠牲にして役所との共生関係を築いていた…と言われても仕方がない状況だったのではないでしょうか。

 

 

また、この女性記者がそういった会食をどの程度拒んでいたのか。あるいは、そこでの猥談をどの程度拒んでいたのかが不明なので断言はできませんが、事務次官は、「誘えば二人きりで会食ができる親しい関係の女性記者」と猥談を楽しんだ…くらいの認識だったのかもしれません。

 

もちろん、役所の中の役所と言われている財務省の事務方のトップが、そのあたりの居酒屋にたまにいるような「困ったオジサン」レベルで良いのか…という話し(事務次官としての資質の問題)はあるでしょうけどね。

 

でも、問題なのはテレビ朝日ですよ。会社と社員の関係、あるいは上司と部下の関係といった「拒否できない関係」の中で、女性記者からのセクハラの申し出を(結果的に)黙認していたわけですから…。

 

これ自体が立派なハラスメントではないかと思います。

 

今回の件について、「女性の人権が踏みにじられた」と言う人もいますが、この件が仮に人権問題だったとした場合、女性の人権を踏みにじったのはテレビ朝日ではないかと思いますね。

 

報道を見る限り、少なくともこの点についてテレビ朝日は言い逃れできないと思います。テレビ朝日は「財務省に抗議する」と言っていますが、自分たちが抗議を受ける立場だと思いますよ。

 

女性記者の上司がどこまで指示していた(命令していた)のか、あるいは、どこまでが女性記者の自発的な行動だったのかはわかりませんが、一年半もの間、二人きりで会食する関係が続いたのは良くないことです。

 

事務次官にも問題があるとは思いますが、テレビ朝日にもかなり問題があると思いますね。こんな状態では、酒が入ると困ったオジサンになってしまうような男性が勘違いしても仕方がないと思います。(もちろん勘違いした時点でアウトですが)

 

 

そして、今回の騒動の最大の問題点は、(二人きりの会食なので)恐らくはオフレコであろう取材内容について、取材相手の許可なく無断で会話を録音し、一部とはいえ、その音声を外部に公表したことではないかと思います。

 

この行為については、テレビ朝日も「不適切な行為だった」と言っていますが、不適切という言葉では済まされないと思いますね。

 

自社の取材活動で得た録音や録画といった素材を、取材した記者の判断で他社に横流ししても構わないというメディアは無いと思います。ふつうであれば「懲戒解雇」されてもおかしくない話しですよ。

 

以前、同じようなことをした朝日新聞の記者は解雇されていませんでしたっけ?

 

そんなことを許していたら、取材源とマスコミの信頼関係が崩壊してしまいますからね。そのくらい厳しく対応するのは当然だと思います。まあ、今回の件を境にして、遅かれ早かれ信頼関係は崩壊すると思いますが…。

 

それに、女性の強みを利用して情報を引き出しておいて、都合が悪くなったら猥談を切り取って「財務省に抗議します」というテレビ朝日は卑怯ですよね。セクハラという注目されやすい話しに乗っただけで、社会正義でも何でもないと思います。

 

また、今回の件が、こういう話しがあれば役所の事務次官のクビを取ることができるという前例になってしまったら、行政はめちゃくちゃになりませんかね?

 

ましてや、これで財務大臣のクビが取れるとか、総理大臣のクビが取れるという話しになったら、国が機能しなくなると思います。野党はそういう話しにしたいと思っているでしょうし、実際にそういう話しをすると思いますが…。

 

しかしまあ、こんな話しばかりの日本はこの先どうなるのでしょうか。国難突破解散をしたはずなのに、未だに国難続きといった状態ですよね。本当に困ったものです…。

 

 

■ 追記

 

結局、二次被害の防止という理由で、女性記者は特定されないようですね。これは「取材源の秘匿」という話しなのか、それとも「情報漏洩者の隠蔽」という話しなのか、どちらでしょうか。

 

確かに、セクハラの被害者だった女性記者を救済するのは当然のことですが、その一方で、この女性記者が職業倫理(報道倫理?)に反したことをしたのも事実ですよね?

 

それに、女性記者は、「セクハラ被害を証明するために録音」し、情報提供についての「謝礼は受け取っていない」と言っているようですが、本当にそうなのかどうかも現時点ではわからないです。

 

何となくですが、テレビ朝日は、まだ何か隠しているのではないですかね?

 

また、事務次官は、今日あらためてセクハラ疑惑を否定したようですね。「女性記者の音声も出してほしい」と主張しているようです。

 

(言質を取られないように)ああいう発言で女性記者の質問をはぐらかしていただけではないか…といった話しもあるようなので、それが事実なら、女性記者の音声を出してほしいという主張も分からなくはないですね。

 

■ 追記-2

 

今日の民進党の定例記者会見の席上、フリーの記者が、セクハラ被害を訴えた女性記者の氏名を公表したようですね。すでにネット上には、女性記者と思われる顔写真などが掲載されているようです。

 

「被害を名乗り出てほしい」という財務省の調査方法に対して、被害女性への配慮が足りないと批判していたメディアの関係者が、自ら被害女性の氏名を公表するというのはどうなのですかね。

 

■ 追記-3

 

ライブドアの社長だった堀江さんの「つぶやき」です。以前からテレビ朝日はこんな感じだったのですね。

 

20180420

 

 

« 国会はワイドショー?主戦場は「加計問題」から「セクハラ疑惑」へ | トップページ | 税金泥棒!野党6党による早めのゴールデンウィーク入り宣言? »

「日記」カテゴリの記事